あせも・汗あれ・かゆみ対策

【あせも&汗あれ】原因と予防法。アトピーにやさしい汗のかき方

投稿日:2018年8月16日 更新日:

とうとう本格的な夏が来てしまいました!!

あせも地獄、ようこそ!って感じですね。(^^)

 

マミー

あなたはどうですか?あせも対策が遅れて、お肌、かぶれてしまっていませんか?

アトピさん

せっかくアトピーよくなりかけてたのに、掻き壊しちゃいました…

マミー

そうですよね。梅雨〜夏はアトピーにとって本当につらい季節ですね。

 

特に小さなお子さんの場合は肌バリアが大人に比べて薄いので、あせもの搔き壊しが酷くなると「とびひ」のように化膿してしまうこともあるようですので、注意したいですね。

ということで、ここでは【「あせも」と「汗あれ」の原因と、予防法・対処法】についてまとめていきます。^^

 

「あせも」と「汗あれ」基本知識

突然ですが、あなたは、「あせも」と「汗あれ」の違いをご存じですか?

あせもと汗あれは、どちらも暑くて汗をおきやすい時期に起きる皮膚炎の症状ですが、細かく調べると実は「症状」も「なりやすい場所」もちょっとだけ違うようです。

対処法は似たようなものなのですが、知るのと知らないとではきっと大違いなんですよね♪^^

それではまず、「あせも」について簡単にご説明します。

あせもとは?

「あせも」は、正式には「汗疹(かんしん)」と呼ばれ、

急激に大量の汗をかいて 汗の通り道となる「汗管(かんかん)」や、汗の出口となる「汗口(かんこう)」が詰まってしまい、

皮膚の内側に汗が溜まってしまって、炎症を起こしてしまった状態のことを言います。

ユースキンHPより引用

つまり、「あせも」=皮膚の内側で起きる炎症。

あせもは、でき始めのときは痒みがない場合もありますが、ケアせずに放置してさらに汗をかくと皮膚の内側で炎症を起こしてしまい、かゆみにつながってしまうそうです。

汗あれとは?

「汗荒れ」は、肌が乾燥するなどしてお肌の「バリア機能」が低下したところに、汗をかくことで引き起こされた状態です。

ユースキンHPより引用

つまり、「汗あれ」=皮膚の外側で起きる炎症。

汗に含まれる塩分やアンモニアが刺激となり、お肌がジクジク、ヒリヒリとして、かゆみや赤みが起きる事が多いです。

痒みが強く出ることがあるため、痒くて皮膚をかきむしってしまい、肌の状態が悪化し、治療に時間がかかってしまう人もいます。

.

アトピー肌的「あせも・汗あれ」の違い

ここから先は、アトピー肌歴の長かった私の実感として、「あせも」と「汗あれ」の違いを考えてみたいと思います。

アトピー肌って普通肌の人とはちょっと肌状態が違うので、なかなか納得できる説明がなかったので、自分のケースで振り返ってみたいと思います。

あせもの時期と見た目は?

まず、「あせも」の方は、まだ汗口が開ききっていないうちにいきなり大量に汗をかくことで、詰まりを起こしてかぶれます。

時期としては、【初夏〜梅雨の時期の水ぶくれのような症状】は「あせも」に当てはまると思います。

見た目は、ぷちっとした感じの、透明な水泡みたいな水ぶくれです。(スミマセン、良い写真がネットに落ちてなかったです・・)

汗あれの時期と見た目は?

一方、「汗あれ」はアトピーの痒みが原因で掻き壊していたところによくできていた覚えが・・・。

とくに【真夏に、大量に汗をかく時にピリピリとした刺激と強い痒みが出るような症状】は「汗あれ」っぽいのかな〜と思います。

見た目は、完全に「かぶれ」ですね。赤くてぶわぁ〜っと膨れてきて、「痒くて痒くて居ても立っても居られない。」

↓アトピーでいうと、こんな感じです。ボコボコと皮膚が盛り上がって、これからプツプツに育っていく、「かぶれの芽」みたいなモノですね^^:

それぞれの症状の違いと原因がわかったところで、、、お待たせしました!予防法です。^^

 

「あせも」の予防法

あせもは、まだ汗口が活動開始していないうちに、いきなり大量に汗をかくことで詰まるんでしたね。^^

ということは・・・あせもを予防するには、「汗をなるべくかかない」ことよりも「日頃から汗腺を鍛えておく」ことが効果的!

冬の間は汗腺の機能が低くなり、休眠していることもあるので、使わない間に汗腺に溜まってた汗は、老廃物がたくさんあるのでそもそも詰まりやすいし、かぶれがおきやすいそうです。

つまり、あせもの予防=「管が詰まらないよう、開きやすくしておく」というイメージ。

余談ですが…

以前、体臭が強い外国人の友人から「僕はね、トレーニングをし始めて最初の5分間はすごく臭うんだけど、その後は全然臭くないんだよね。汗がサラサラになるらしくて。」という話を聞いて、まさにコレだなと思いましたね。^^;

私も、アトピー真っ盛り中にウォーキングをしていた頃に似たような経験があります。ウォーキングを始めて数分は痒みで気が狂いそうになるんですが、ピークを超えて後半になると痒みも和らいでいって、冷たいシャワーが気持ちいいんですよね。

「汗はかき始めの濃度が濃い」と言われているので、日頃から汗をかきやすい状態にしておくのは有効だと思います。ご参考まで^^

アトピーがひどい場合は「汗をかく」方法に注意!

このように普段から汗をかきやすい状態にしておけば「汗詰まり」を予防できますが、かといって、不用意に汗をかいてしまってはアトピーやあせもがすぐに悪化してしまうことも…。

外出先で汗をかくと、あっという間にかゆくなって対処が遅れてしまうのもデメリットです。(>_<)

そこでアトピー肌におすすめな「あせも予防法」は、「毎日お風呂に入る事」。

お風呂でなら、汗のかき始めの一番つらい状況もシャワーですぐに洗い流せるし、ぬるめのお湯に浸かれば老廃物と一緒に汗をたっぷりかくことができます。

これは私たち家族の体感ですが、シャワーだけで済ませた後にかいた汗と、お風呂でたっぷり汗をかいた後にかいた汗では、アトピーのお肌への「刺激の強さ」が全然違います。(あせもの部分にヒリヒリしないという意味です^^)

 

さらに、エアコンの効いた室内で長時間座ったままでいることが多い方は、下半身の血行が悪くなりやすくなってしまうことがあります。

下半身の血行が悪くなると、上半身だけ異常に汗をかきやすくなってしまうことがあります。これは「冷えのぼせ」とも呼ばれています。

この「冷えのぼせ」はアトピーを悪化させてしまう事があるので、改善するためにもお風呂が一番オススメなんですよ。^^

 

「汗あれ」の予防法とは?

汗あれの主な原因は汗が刺激になってかぶれを起こすこと。このことから、アトピーでお肌が弱い状態なら、日頃から汗をこまめに拭くことがとても重要になります。

汗溜まり・かぶれが起きやすい場所は「圧迫」「摩擦」「掻きこわし」があるところですよね。

これを予防するには、「普段から「圧迫」「摩擦」の起きにくい服装や生活を心がける」ことが効果的です。

簡単に言うと、

  • リュック→トートバッグ
  • パンツスタイル→スカート
  • ゆったりめのワンピース
  • キャミソール→Tシャツ
  • 赤ちゃんなら抱っこ紐→ベビーカー

こんな感じでワードローブを「ゆったり目」にするのが効果的です。^^

赤ちゃんのあせも対策のページでもまとめていますが、「圧迫」「摩擦」を減らすだけで本当に違いますよ。^^

さらに「圧迫」「摩擦」に負けないようなづくりをするには、「普段のスキンケアで肌バリア機能を改善しつつ、圧迫・摩擦ケアをする」ことが理想的ですね。^^

 

補足)「エアコンをつける」はアトピーにはちょっとちがう。

ちなみに、あせもや汗あれの予防法として一般的な方法では、ネットで「なるべく汗をかかないようにする。エアコンは快適な温度に。」という情報を見かけますよね。

まぁ、アトピー肌なんだからそんな事はすでにやってます!・・・なんですけど^^;

でも、遊び盛りの子供達をエアコンの効いた部屋になんか閉じ込めていられないし、夏の晴れた日に外出禁止なんて、逆に病気になりそう!

「だったら、少し悪くなっても外で思いっきり夏を楽しみたい」って思いますよね。(>_<)

そんな時は、外出先を全部水場に徹底するのがオススメです!(できる範囲で)プールの塩素は皮膚の雑菌の消毒になるというメリットもあるし、とにかく塩分濃度の高い汗をかかないようにする方が肌には良かったように感じます。(我が家の場合です)

ただ、さすがに、就寝時だけはエアコンをつけて寝ています。寝汗はアトピーの一番の敵だと個人的には思っています!

マミー

就寝時のエアコンの設定温度は「極寒並み」にしてます!

 

まとめ。

というわけで・・・今回は、あせもと汗あれの予防についてアトピー肌なりの視点でまとめてみました。^^

ざざっとまとめておきますと、

  • 「あせも」=皮膚の内側で起きて、痒みが少なめ。
    ・原因:
    汗が詰まって炎症が起きる。
    ・予防法:汗をかきやすい体にしておく。入浴がおすすめ。
  • 「汗あれ」=皮膚の外側で起きて、赤味があり痒くなる。
    ・原因:
    かいた汗が刺激になり、炎症が起きる
    ・予防法:圧迫・摩擦のない服装にする。肌バリアを強化する。

こんな感じになります。^^

冒頭でも軽くお伝えしましたが、暑い季節では、

  1. なるべく直射日光の当たるところには行かない
    (強い紫外線は肌を弱らせます)
  2. 屋外の暑い場所には長時間 居続けないようにする
  3. (外出先では汗をなるべくかかないように)
  4. 汗をかいたらすぐに洗い流す等できるようにする
    (雑菌が繁殖すると痒くなります)
  5. 水はこまめに飲む
    (汗を詰まらせないように)

などなど、基本的な避暑のコツは心がけておいてくださいね♪^^

最新の研究では「汗をかかないようにする」よりも「汗をしっかりとかけるようにする」方がアトピーの治りが良いというデータもあるほどです。

つまり、「発汗」自体は肌にとって良いもの!

ぜひ覚えておいてくださいね。^^

 

マミー

ただし!1つだけ注意点です。

繰り返しになりますが、屋外では、汗をかいた部分の清潔を保つことは難しいということは忘れてはいけません。

アトピーが中等度以上にもなると、肌表面が傷だらけなので、汗をかいたそばからシミて痒くなります。

アトピーのために運動をしたい場合は、痒みが強い時は外出せずに、家でエアコンをゆるめにかけて(いつでもシャワーを浴びれる状況が理想)ストレッチやヨガ、筋トレなどを行うとラクですよ。^^

余裕があれば、ゆっくり半身浴してしっかり汗をかくと、心も体もスッキリして良い気分になれると思いますよ♪^^

 

ちなみに、今年は、真夏でもアトピーがあまり悪化しませんでしたよ。こんなにラクだったのは6年ぶりでした♪^^

夏は外気が湿気ているため、お風呂の後に保湿しなくても平気なのですが、あせも・汗あれのあるところにはきちんと保湿をするとお肌にはとても良いようでした。

 

私が親子でずっと愛用している「アトピスマイルクリーム」は、お肌の修復力がすごく高いです♪アトピスマイルにはお肌の機能を改善できる「ライスパワー」という認可成分が配合されていますので、健康肌キープのために親子揃ってリピートしています。もしよろしければ読んでみてください♪

「アトピスマイル」ページ一覧>>

ちなみに、アトピスマイル自体には痒みを抑える効果はありませんので、痒みが強い場合はかゆみ止めを先に使って、痒み・炎症が落ち着いてからアトピスマイルを塗ると良いですよ。私たちが親子で使ってる市販のかゆみ止めはコチラにまとめています。

【アトピーも使える市販かゆみ止め】全部持っておくべき3種類まとめ!(生後1ヶ月〜大人用)>>

 

参考になりましたら幸いです♪

アトピー体質を改善するために気をつけたいこと

乾燥肌、じゅくじゅく体質…体質は人それぞれです。季節によって変わるし、花粉や空気の乾燥、ストレスも。

心も体も敏感、外から揺さぶられやすい。それがアトピーだから、私たち親子は、アトピー体質改善のためにトータルケアに取り組んでいます。

  1. スキンケアの徹底
    …低刺激の洗浄料は必須!! ボディーソープ
    …できれば保湿剤も見直す。
  2. 睡眠不足の改善
    …睡眠時間はゼッタイ確保!理想は7時間。痒みで眠れないのは不眠の始まり(;;) 安眠サプリで対処を(10歳以上)。
  3. 腸内環境の改善
    食生活サプリで効率よく栄養を補う。

「まんべんなく7〜8割満たせるようにする」のが長続きのコツ。

アトピーにストレスは禁物!なるべくストレスにならないように続けてくださいね♪

あなたのアトピー改善に少しでもお役に立てたら嬉しいです。^^

 

【おすすめ基礎知識】
自宅でアトピーをケアする上で大事な基本知識はここから学びました。
内容はちょっとシブいですが、正統派の内容です。^^
アトピーを90日で改善する方法~7つの秘訣~

-あせも・汗あれ・かゆみ対策
-,

Copyright© 3つの要素のアトピーケア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.