つつむ クリーム トライアルキット アトピー

ディセンシア

【ディセンシア・つつむ】超敏感肌の救世主、キタ!低刺激化粧水トライアルセットのレビュー

普段は問題なく使えている化粧水でも、一度アトピーが出ているとシミたりゴワつきやすくなる・・・本当にストレスですよね。(><)

顔にアトピーが出ている時や、かぶれやすい時の保湿って、すごく気を遣うもの。

私たちアトピー体質の肌は本当に揺らぎやすいので、敏感肌用の低刺激の化粧水を使っている方がほとんどだと思いますが、低刺激の化粧水ではなかなか潤いを感じられずにいる、という方は少なくないと思います。

とはいえ、反対に保湿力を求めてリッチな高保湿の化粧水を使うと、今度はかゆくてムズムズ

もう、何を使えば良いのかわからない!ですよね。

私も顔の肌の乾燥に悩んでて、アトピーがひどかった時期もありました。1年じゅう、やれ乾燥、やれ敏感、アブラギッシュ、、とこの肌質に振り回されてきました。

あまりに化粧水がシミてつらいので脱保湿をして、もっとツラくなったこともあったっけ・・・。

そんな私が、これまでほんと〜〜〜〜に色々とじゅくじゅくアトピー肌に使ってきて、一番使い心地がよかった低刺激化粧水が「ディセンシアのつつむ」です。

「つつむ」にはトライアルキットがあるので、今回は、【つつむ】のトライアルキットの詳細についてレビューします!

「つつむ」が合うのはこんな肌!

  • お肌がとても敏感で、普通の化粧水ではピリピリしてしまう
  • すぐに乾燥してしまうからクリームをしたいけど、ムズ痒くなってしまう
  • 刺激になりにくく、高保湿の化粧水・クリームを探している

ちなみに、私は、基本的に、肌のコンディションによってアヤナス・つつむの2つのラインを使い分けていますが、特に肌荒れの状態がひどい時は「つつむ」を使うのが超オススメ

本当に、お肌に刺激になりにくいので!!!

それでは、いってみましょう^^

ディセンシア・つつむ =敏感肌に最高にやさしいライン

ディセンシアは敏感肌専門ブランドであるため、このブランドのラインは全体的に低刺激に作られているのですが、つつむ】は3シリーズの中で「もっとも低刺激な処方」になっています。

公式サイトでも、お肌がとても敏感になってしまって肌荒れが特に気になる場合は【「つつむ」で荒れを整えてからアヤナスにステップアップ】をおすすめしているほど。

ディセンシア つつむ

【アヤナス】がエイジングケア成分をメインの目的に、【サエル】は美白成分をメインの目的としてつくられているのに対し、【つつむ】はもっと「基本的な、敏感なときの肌の保水」をメインの目的として成分が配合されているのです。

つまり 「いま、すごくお肌が弱っていて、とにかくピリピリの刺激が怖い・・・」という状態のお肌には【つつむ】を選ぶのが一番良いと言えます。

アトピー肌代表・私は、この「つつむ」が大層気に入ってまして、3年目のリピート中です。

ディセンシア つつむ ローション 化粧水 アトピー
つつむのローションセラム、常備してます〜


【ディセンシア・つつむ】トライアルキットのレビュー!

それでは、まずはトライアルキットに入っているアイテムをご紹介します!!

トライアルセットはこんな感じ。

ちなみに、2020年当時のもので、最新版は内容に変更があるかもしれません。新しく購入する方は新しいセット内容を必ずチェックしてくださいね。

つつむ クリーム トライアルキット アトピー

まず、【落とす系】は、低刺激クレンジング、泡だてネット、固形のソープの3点。

【潤う系】は、ローション(化粧液)、クリーム2種類(普通タイプ1回分、高保湿タイプ「R1」のミニジャーなどが入っています。

(*セット内容はキャンペーンや仕様により変更することがあります。)

これだけ入って980円。他のトライアルセットでは2,000円するものもあるので、この価格設定は嬉しいです♪

じっくり試したい方には物足りない内容かもしれませんが、お肌がとくに敏感な時に挑戦したいケースが多いと思いますので、1週間分でちょうどよいと感じられると思います。

それと、ちょっと細かいのですが、つつむのセットはアイテム数が多いので、箱ではなくビニールポーチに入っていますので、ポーチにアイテムを全て入れたまま洗面所に置いておけるので、アイテムを使い残すこともなく便利でしたよー♪

それでは、トライアルセットに入っているアイテムを、それぞれの特徴とともにご紹介します。

.

化粧水:つつむ ローションセラム E

つつむ ローションセラム(化粧水)の美容成分

つつむ クリーム トライアルキット アトピー

敏感肌で不足しやすいセラミド5種のアミノ酸を配合。

さらに水分を逃げにくくするエモリエントプール成分角層の保水機能を高めます

摩擦の起きにくいやわらかく伸びの良いテクスチャーで、ゆらぎやすい肌をやさしく包み込み、しっとりとした肌へ整えます

つつむ ローションセラム(化粧水)の全成分

つつむのローションの全成分は、以下の通り。

水、グリセリン、BG、ソルビトール、ジメチコン、セラミド2、グリシン、アルギニン、セリン、リシンHCl、アラニン、ポリクオタニウム-61、水添レシチン、フィトステロールズ、PEG-32、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PEG-6、シクロペンタシロキサン、セタノール、キサンタンガム、カルボマー、ポリアクリル酸Na、水酸化K、オレイン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸PEG-150、ステアリン酸グリセリル、(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル、フェノキシエタノール、メチルパラベン

エタノールやパラベン類は入っていますが、ご覧の通り、一番最後にあるため、全成分の中で一番少ない量となります。

つまり、敏感になったお肌にもとても優しい処方、ということが分かりますね。

つつむ ローションセラム(化粧水)の使い心地・テクスチャー

つつむ クリーム トライアルキット アトピー

つつむのローションは、ちょっとリッチで濃厚なテクスチャー

お肌により深くなじむように、手のひらでゆっくりじっくりプレスすることで、お肌のすみずみまで潤いがいきわたり、うるおいを取り戻してくれる感じ。

セラムタイプになっているため、気になるところにはさらに重ね付けをすることができます。

ローションセラムは油分が少なめになっていますので、重ね付けをしてもムズ痒くなりにくいメリットが。

アトピーのつらさを熟知した設定。

素晴らしい!!ありがたい!!

たぶん、今までの化粧水に納得できていなかった人は、ローションセラムを使った時点で泣けてくるんじゃないかな・・・

アトピーなどで肌が敏感なときは、あれこれ付けることこそが肌にとって超ストレスじゃないですか。

なので、ローションとセラムが一体化しているのは本当にありがたいんです。

何より、こういった小さな1つ1つのケアの積み重ねが、「敏感やアトピーから抜け出すきっかけづくり」につながっていくのだと思います。

肌がダメモードに入ってる時は、私はつつむしか使えないことが多いので、本当に助かっています。

クリーム:つつむ フェイスクリーム R1/リッチ(敏感肌用クリーム)

つつむのクリームには、普通タイプとリッチな高保湿タイプ「R1」の2種類があります。

トライアルセットには、普通タイプのパウチが1回分、高保湿「R1」タイプが1週間分の容器に入っています。

(*セット内容はキャンペーンや仕様により変更することがあります。)

実際に敏感肌に使ってみると、刺激はどちらもほとんどないけれど、高保湿の「R1」タイプはやはりしっかりと潤ってくれる印象がありました!

それでは、まずは私のお気に入りの高保湿タイプ「R1」から。

つつむ クリーム R1(リッチタイプ)の美容成分・全成分

つつむ クリーム トライアルキット アトピー

乾燥が気になる敏感な肌を、うるおいで満たしながらバリア機能をサポートする高保湿クリーム。

こっくりとした濃厚なテクスチャーで、伸ばすと肌表面にうるおいバリアのベールを形成。美容成分を肌に閉じ込めながら乾燥などの外部刺激から肌を守ります。

お肌表面へ絶妙なフィット感を実感できるテクスチャーです。油分が少し多めなので、しっかりとフタをしたい人向け。

私がリピートしているのも、こちらのR1の方です。^^

つつむ クリーム R1(リッチタイプ)の全成分

つつむのクリームの全成分は、以下の通り。

水、プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール

こちらもクリームなのでフェノキシエタノールは入っていますが、ご覧の通り、一番最後にあるため、全成分の中で一番少ない量となります。

つつむ フェイスクリーム(R1)の使い心地

つつむ クリーム トライアルキット アトピー

こちら高保湿「R1」タイプのクリーム。かなり重めです。重いです!!!

テクスチャーは、「こっくり」というよりも「むっちり」しています。触れていてなんとも気持ちいい〜♪^^

クリームの重さは、アヤナスと同じくらい重いかもしれません。ディセンシアの独自成分「リヴァイタサイクルベール」が重さの要因かも。

ですが!!!!

つつむのクリームは保湿力がすごく高いのに、全然、まったく、露ほども、かゆくなりません。

アトピーがムズくなってしまった時は、断然コチラですね。

なんででしょうか?美容成分が異なるからなのでしょうか。けれど、保湿はしっっっっっかりとあります。

私は朝のメイク前にもつけていますが、ベタつきはあまり気になりません♪

高保湿タイプはさすがで、昼を過ぎると口周りがパリパリと乾燥するあの感じが、つつむを使ってからあまり感じないようになりましたよ♪^^

.

つつむのクリーム、私、すご〜〜く好きです。クリームなのにアトピーがかぶれにくいのは本当にすごい!!化粧水はよくてもクリームはNGなものが多い『クリーム難民』なので、私・・・(苦笑)

クリームも本品がお安いので、使い続けやすいのも個人的にはカナリお気に入りポイントです。

クリーム難民は、絶対「つつむ」のクリームを試してみるべし!!

.

つつむ フェイスクリーム  ノーマルタイプ

すみません(汗)届いて一番はじめに使ってしまったので写真には取れなかったのですが、「つつむ」のラインには、高保湿タイプよりも付け心地の軽い「ノーマルタイプのフェイスクリーム」があります。

私が試した時は、トライアルセットに1回分のパウチが入っていました↓

ノーマルタイプのクリームは、リッチタイプのクリーム(R1)よりも少し軽めな付け心地です。

私が試したのが冬の終わり頃なのですが、ノーマルタイプのクリームだけだと日中の保湿力に物足りなさを感じたので、高保湿を求めるなら、「リッチタイプ(R1)」の方がオススメです。

敏感な肌につけた感覚では、高保湿の方が刺激が強いというわけでもなく、ほぼ同じかと思いましたので。

逆に、夏のベタつきやすい時期や、とくにお肌が敏感な時など、軽めの油分が適しているシーンだとノーマルタイプが快適かもしれませんね。

補足)つつむの刺激性・安全性について、アトピーなりに気をつけたい点

「つつむ」はディセンシアシリーズの中でもっとも「低刺激」をかなえたラインですが、お化粧品としていくつか気をつけておきたい点はあります。

それが「パラベン」や「フェノキシエタノール」が配合されていること。

つつむには旧指定成分などの刺激物は入っていないこと・成分中の末尾部分なのでごくわずかであるため、それほど心配は要りません。

ただ、脱保湿をしていた直後など、肌がモーレツに荒れた状態のアトピーでは、いくら「つつむ」と言えども刺激になってしまうかもしれません。

ただ、単に防腐剤を避けたいからといって、アベンヌやアロマウォーターなどの「ただの水」などを使うだけでは、お肌はもっと乾燥・敏感に進んでしまうこともありますので、それも注意が必要なんですが。

私も、脱保湿をしていたころは「ただの水」すら刺激になってしまって、地獄でしたので、、、

そういったトラブルにならないためにも、お肌の敏感が気になる時は、なるべく刺激にならないような工夫をしつつ、保水&保湿はしっかりと行っていくのが改善のキーポイントとなるかと思います。

ちなみに、私の場合、超敏感期には「つつむ」のお化粧水をやさしく肌になじませた後、クリームではなく「ホホバオイル」を使ったりしています。

「つつむ」のクリームは基本的にはかなり優しい使い心地ですが、それでもお肌がダメな時もあるので、毎日の肌状態をみながら使い分けるようにしています。

.

ディセンシア「つつむ」のレビュー・まとめに

今回は「つつむ」というラインについてレビューしてみました!

「つつむ」はさすがディセンシアの中で一番お肌にやさしいと言われているだけあって、今までの敏感肌用化粧水やクリームではどうしても痒くなってしまっていたアトピーさんにも自信を持ってオススメできると思います。

私はこういうレビューのブログを書いているし、基本的にジプシー大好き人間なので、ブログに書ききれないほど沢山の種類を試していますが、

つつむに落ち着いてから、この基本セットは 3年ほど浮気してません。

ディセンシア つつむ ローション 化粧水 アトピー
つつむのローションセラム、もう何本目?!

たまにドラッグストアで試供品パウチを頂いて使うけど、やっぱりダメなのでつつむに戻ること多々あるし、、こう見えて、日々、撃沈してます(笑)

つつむでかぶれないので、肌が強くなってるのかと勘違いしてしまうんですよね。

前述したとおり、お肌がとても敏感な時は、この「ローションセラム」だけで終わらせたり、薄くホホバオイルでフタするだけのときもあります。

なんなら、この組み合わせが最強です。使い続けるとお肌の力がアップしていくのが分かりますので・・

圧倒的コスパ力・・・!!(笑)

つつむの化粧水は、本当ーーーーに、刺激が少ないです。

でもちゃんと潤ってくれて、敏感期を軽やかにやり過ごせる。

コレは、他のブランドの敏感肌化粧水にはなかった感覚だと思います。他は、だいたいただの保水止まりなので・・

もしアナタが敏感肌の悩みに一喜一憂しているなら、ぜひ「つつむ」を試してみてください。

何も入っていない「ほとんどただの水」と、本当に敏感肌のことを考えられた「低刺激化粧水」の違いをハッキリと感じられると思います。

つつむのトライアルキットは、以下リンクから注文することができます。

敏感肌専門ブランドの「ディセンシア」ならではの特典が、『返品保証』

一般的に、トライアルセットになんて返品保証はつかないものですが(すでにトライアルだしね・・・)ディセンシアのトライアルセットには、保証がつくんですよー!

敏感な状態から新しいものを試すには、かなり勇気が要ることと思いますが、その点、「つつむ」なら万が一お肌に合わなくても返品ができますので、是非一度、試してみてはいかがでしょうか。^^

.

ディセンシア「つつむ トライアルセット」

返品保証付・公式サイトはこちら

もう1つ付け加えておくと、「つつむ」は本品のお値段もリーズナブルなので、リピートしやすいです。(←2年使って、コスパの良さは実感済み!!)

ローション本品も2ヶ月ほど使えて3,300円程度と安く続けられるので、「もし気に入っても続けられないジレンマ」はありません♪

つつむのトライアルセットは980円で10日間、じっくり試せますので、アトピーや敏感で悩んでいるならまずは試してみたらいいんじゃないでしょうか〜。^^

それでは、またレビューします!

最後まで読んでくださりありがとうございました♡

-ディセンシア
-,