保湿剤

【ご質問より】ゴマアレルギーになった娘の「ゴマ油を含む保湿剤の使用歴」まとめ

投稿日:2018年5月5日 更新日:

私の娘(現在2歳)は、ゴマに対してクラス4のアレルギーがあります。

その原因の1つが「アトピーの湿疹の酷い皮膚に、ゴマ油を多く含むヴェレダ製品を使ったこと」だと推測(*)されています。(* 娘のかかりつけのアレルギー科のお医者さま・皮膚科のお医者様とも同じご意見でした)

そして、食べ物が原料の保湿剤はたとえオーガニックであっても(むしろオーガニックの方が)炎症のある皮膚には使わないようにしましょうね。という記事を以前まとめました。
【アレルギーの原因が毎日のスキンケア?!】オーガニックコスメの経皮感作に注意

 

この記事を読んでくださった方より、こんなご質問をいただきました。

読者さん
うちの子供にヴェレダを使ってよくなったのですが、ゴマアレルギーが心配になってしまいました。ヴェレダのクリーム類はどの位の期間使ってましたか?

他にも数名の方から、心配するお声をいただきました。

どの方もヴェレダでかぶれたような状況ではなさそうなので私も安堵したのですが・・・

 

同じように心配になってしまったお母様がいらっしゃったら、深くお詫びいたします。m(_ _)m

思慮の欠けた記事を掲載してしまったことを深く反省しています。

 

そこで今回は、この記事の補足情報として、

【私の娘が実際にゴマ油を含む保湿剤をどの位の頻度で・何を・どう使っていたか?】

【どういうケースなら使い続けられるのか?】について詳しくまとめてみたいと思います。

 

【CHECK!】この記事はこんな方向けです。

注意として、娘のゴマアレルギーについては「因果関係が強い」というだけで100%ヴェレダの成分のせいという話ではありません。

私はヴェレダ社の品質を追求する姿勢に好感を持っているし、娘の一件は非常に残念ですが、単なる体質によるものかもしれないし、偶然かもしれません。

食べ物としての「ゴマ」は、娘は離乳食の初期から月齢に合うよう進めていきました。

「ゴマ」は離乳食の「ふりかけ」や「あんかけ」などに入っていましたが、問題なく食べていました。(もしかしたらはじめから少し痒くなっていたのかも知れませんが、親の私から見ても大きな変化は起きていませんでした。)

ゴマ油は口にした事はなかったと思います。

それが、いつもの食事を食べたとき、いきなりアナフィラキシーショックを発症しました。

また私の娘よりもヴェレダの使用量が多い少ない・期間が長い短い・などで、あなたやご家族の方が将来ゴマアレルギーになりやすいか・そうでないか?などを判断できるものではありません。

ということを踏まえた上で・・・あくまで我が家の例としてご理解ください。m(_ _)m

 

ヴェレダ使用当時のアトピーの状況

もっと酷い頃はあったのですがあまり写真が残っておらず・・・

こんな感じでした。

もっともっとひどく、ガサガサのジュクジュクな頃にも使っていました。

たぶん、今ステロイドを塗るとしても、普通レベルの「ロコイド」でも太刀打ちできないレベルです。

こんな穴ぼこだらけの皮膚に、一生懸命、を保湿剤塗り込んでいました。

せっせとせっせと、ひたすら「よくなりますように」って、乾燥していたらこまめに塗り直していました。

 

使ったアイテムと使用期間・使用量

アトピーが酷かった頃、使ったアイテムは実はヴェレダの他にも色々ありました。

具体的には、ママ&キッズやアロベビー、アトピタ、ベビースマイル、ホープスリリーフ、セタフィル、いちえ水、ファムズベビーなどです。

ただ、この中で「ゴマ油」が入っていたのはヴェレダだけでした。

アトピママ
(だからヴェレダが原因としか考えられない、みたいになっちゃってます…><;)

私自身も当時はアトピー2年目で慢性的に「ひどい乾燥と痒み」に悩まされていたので、娘と一緒にヴェレダを使ってみることにしました。

  • 使ったアイテム
    • 全身保湿にはカレンドラベビーミルクローションベビーオイル
      (全身に塗りやすく、塗るとしっとりとするので朝・晩・日中もたまに使っていました。)
    • 顔にはカレンドラベビーフェイシャルクリーム
      (保湿力があまりないので、朝・晩・日中こまめに塗りました。)
    • おむつかぶれにカレンドラベビーバーム
      (おむつにかぶれやすかったので、頻繁に使っていました。また、じゅくじゅくに効果があったので、じゅくじゅくした腕にも様子を見ながら使ってました。かぶれがすごくよくなる時もありました)
    • 湿疹の所に、カレンドラケアクリーム
      (傷の治りが早いので、よく塗っていました。でも、かぶれやすかったので、痒みが強い時は控えました。)
  • 使った期間
    • 生後1ヶ月の乳児湿疹のころから通算1年間ぐらい。
      (それまではママ&キッズのミルキーローションとクリームを使っていましたが、徐々に湿疹が増えていったのでヴェレダへ切り替えました)
    • 他の保湿剤に変えながら使っていて、大人の私と一緒に使っていたので、実際娘に使用した量は不確かです。
  • 実際に使用した量
    (大人の私と一緒に使っていたので詳しくは不明です)

    • ローション:ボトル2本
    • オイル:ボトル1本
    • フェイシャルクリーム:チューブ1.5本(中断)
    • ベビーバーム:0.3本(中断)
    • カレンドラケアクリーム:チューブ2本

こんな感じです。

生後1ヶ月から1歳3ヶ月頃まで、こういうケアをしながら、漢方も飲んで、乳酸菌サプリや抗ヒスタミン薬も飲ませて・・・

なんとかステロイド薬を塗らずにやり過ごしていました。

これは多いのか?少ないのかは正直、自分でも分かりませんが、どうでしょうか?^^;

後半は、ヴェレダを控えめにしていきました。

実は、ヴェレダを使いながらハーブやアロマに興味が出てきて、ホメオパシーなんかも深く知るようになり、

そのうち「オーガニックは強いかも?」ということを感じるようになり、他の保湿剤とローテーションしながら使うようになりました。

あまり細かくは覚えていないのですが、娘が1歳を過ぎた頃はもうあまりヴェレダは娘には使っていなかったかもしれません。(勿体無いので私が自分で使っていたかと・・・。)

また、ヴェレダのカレンドラベビーシリーズに入っている「香料(アロマ精油と思われますが不明)」にも不満だったこともあり、香料のない、ママアンドキッズあたりを使っていたと思います。

記憶って儚いものですね・・・もう当時のことを忘れかけてる(TT)

もっと前にまとめておけばよかった・・・あまり参考にならなかったらスミマセン(TT)

 

保湿剤は様子を見ながら使いましょう。

ヴェレダに限らず、プロペトだって処方薬だって、コチラでご紹介しているアイテムも全て同じ事なのですが、

お肌につけた後にお肌の調子がよくなるなら、使い続けても良いのではないでしょうか。

逆に、悪くなるようならすぐに使用を中断すれば良いと思います。

そして、不安な場合は病院で確認する。これが基本ですよね・・・。

アトピママ
なかなかできないから困っちゃうんですけどね…

 

また、保湿剤をつけた直後に悪くならなくても、1日後でも3日後でも、気になる変化があるようならすぐに中断してくださいね。

一度やめてみて、その後回復するならその保湿剤が合わないせいだし、回復しないなら、別の原因を探してみれば良いと思います。

それを、「体調のせいかもしれないから」とか「好転反応らしいから」と使い続けるのはダメですよー。

(↑これ、過去の私です。)

あとは、使い方によっても「かぶれやすい・かぶれにくい」が分かれるので、注意してくださいね。(とくに油分)

 

アトピーって何がきっかけになるか分からないし、「何となくよくなる時」もあれば「何となく悪くなる時」もあるから対処しづらいんですよね。(><;;

  • 「よくなる時」は体調のおかげかも知れないし、保湿剤のおかげかも知れないし、食べ物のおかげかも。
  • 「悪くなる時は」は体調のせいかも知れないし、保湿剤のせいかも知れないし、食べ物のせいかも。

ホント、困りますよね(TT)

上に挙げた以外でも、気候・湿度・汗のかき方・風邪・睡眠不足などでも体調ってすぐにガタ落ちしちゃうものです。

 

ですが、そんな時はとりあえず「刺激になっていそうなものは中断してみる」というスタンスを思い出してみてください。

それができるなら、今からヴェレダだって使えると思います。

 

オーガニックが好き。

私も、ヴェレダやオーガニックは今でも好きですよ。

特にヴェレダは使用感がすごく良いし、良い香りだし、保湿性があるのにサラっと使えるので、使いやすいんですよね。

レビューもすごく良いし、多くの方に長年にわたって使われているアイテムでもあるので、安全性は高いとは思います。

なので、心配しすぎる必要はないとは思います。好きなら無理にやめることはないです。

アトピママ
ただ、「湿疹があるお肌」には、使わないでくださいね。

ヴェレダ社がアナウンスしている通り、使用説明書きにもある通り、あくまで「湿疹などのない健康なお肌」の方のみ、ですよ。^^

これに関する情報は、今後まとめておきたいと思いますので、更新をお待ちくださいね。

アトピー改善・体質改善のために行っていること

私たち家族が体質改善のために実践しているのは、

  1. スキンケア
    …お風呂、保湿グッズを選んでお肌をいたわる♪
  2. 睡眠不足の改善
    …痒みで眠れないなら良質な睡眠をぜったい確保!
  3. 腸内環境の改善
    …腸にやさしい食生活、体質改善サプリを摂る!

 

この全てを絶対頑張るというよりかは、まんべんなく7〜8割満たせるようにしています。

イライラすると痒くなるので(笑)、なるべくストレスにならないように続けています。

 

no name

母親の私がイライラすると、娘も痒くなるみたいなので、なるべく笑顔でいたいな〜って思っています。^^

 

-保湿剤
-, , , , , ,

Copyright© 3 Elements Atopy Care 〜3つの要素のアトピーケア〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.