【アトピーケアまとめ①】どのように治った?悪化〜改善、4年間の軌跡(写真付)

私は生まれつきアトピー肌でしたが、産後に発症したものが一番長くこじれて、4年間アトピーと闘いました

20代まではゾンビになっても半年くらいで終わったし、なんで治ったのか自分でも正直不明なので、今回の産後アトピーはかなり苦戦しました。

 

漢方療法、脱ステロイド、抗ヒスタミン剤、健康食品、サプリ、沢山やりました。

色々やってもダメなこともあって、それでも諦めずに体質改善のために情報収集を続けていきました。

スキンケアに加えてサプリ療法を取り入れてみたら、「カチッ」とスイッチが押されたようにじわじわとよくなってきて、

3ヶ月で結婚指輪が入るようになり、半年で痒みのない生活を取り戻すことができました。

この記事では、私のアトピーの経過をご紹介します。

 

私は熱しやすく冷めやすく、加えて「せっかち」でした。効果を焦っていました。

効果を焦るあまり、本当に色々試してきたので、今までどんなケアをしても痒みが改善しなかった方にも、何かしらヒントになる事を祈っています。

※ゾンビだった頃は心の傷が深すぎて、写真は1枚もありません。(^^;

すこし見た目的によくなってきた頃からの写真を掲載しています。ごめんなさいm(_ _)m

※かなり詳細に説明しているため、長い記事になってしまいました(汗)飛ばし読みしながら、アナタの症状改善のヒントを見つけていただけたら嬉しいです。

 

まずは【アトピーの改善写真】からご紹介し、その後、【経過・やったこと等】を全部書いています。目次を使って必要な所を見てくださいね^^

 

もくじ

【写真】手のアトピー(主婦湿疹):脱ステリバウンド→回復

手のアトピーは、主婦湿疹とか手湿疹とも呼ばれていますね。呼び方はなんであれ、水仕事・ストレスが原因に変わりありません。

私も産後、手の乾燥と湿疹から始まり、ほどなくして湿疹が水泡になり、一番酷かったです。強めのステロイド薬(アンテベートやキンダベート)を塗り続けても、ロクに良くならなかったです。

特に、2016年夏に脱ステしてからは、手袋が血だらけなるまで夜じゅうかきむしり、不眠症まで併発しました。

心身ともにボロボロになり、↓2017年6月はやっと落ち着いてきた頃。

患部の写真を見るには、+マークをクリックしてください。

手のアトピーのBefore&Afterを見る

今見ても、泣けてきます・・・(TT)

でも、私がこんな風に戻れたのは、絶対偶然じゃないんです。

だから、あなたも、ぜったいにこんな風に綺麗な肌になれるはず!!!!

この頃使っていた唯一のハンドクリーム

私の手肌は乾燥して傷だらけ、痒みが強かったし、「ステロイドは死んでも使わない!!!!」と意地になっていたので(^^;)、あとは保湿をするか?しないか?の選択になりました。

シアバター、ホホバオイル、手作りアロマクリーム、市販のハンドクリーム、何を塗ってもかぶれてしまい……

やがて、「手のかぶれは保湿剤のせいかも」と思うようになりました。

そこで、脱保湿を試みましたが、余計悪化しました(TT)

それからいくつかハンドクリームを試して、唯一使えたママアンドキッズのハンドクリームを使って日中はこまめに保湿していました。湿疹がなくなった今でも、他のものを使うとかぶれることがあるのでずっと愛用しています。

さらに、お肌の炎症が治ってきた頃に出会ったアトピスマイルクリームを、夜寝る前だけ塗るようにしたところ、改善スピードがグンと速くなりました。^^

.

【写真】首のアトピー:じゅくじゅく→回復

これでもまだ良くなった方です。2015年〜2016年はただれて浸出液が出ていましたから…(^^;

2017年3月以降、スキンケアを替えていくごとに少しずつ改善していき、そのおかげで見た目に自信が出てきました。

なんとなく続けてきたサプリ療法にもしっかり取り組んで、痒みが激減!!!

で、写真をやっと撮れました♪

患部の写真を見るには、+マークをクリックしてください。

首のアトピーのBefore&Afterを見る

首〜肩まわりがむくみすぎて鎖骨が見えませんでしたが、同じ年の春はじゅくじゅくだったので、これでも本当によくなってきた方でした。
ホクロ周りってすごく痒くなりますよね。ホクロ取れるか?!ってぐらい出血したこともありました…。

まだ黒ずみが残っていますが、スッキリとしたでしょ?(^^) 鎖骨もはっきりと出てきて、痒みもほとんどなくなりました。

首のアトピーも、スキンケアを切り替えたらよくなりました

サプリ療法とボディーソープで全体的に炎症が良くなっていったものの、乾燥がとにかく酷かったので、アトピスマイルで攻めの保湿ケアを実施していました。

アトピスマイルは唯一「肌質を改善する効果」が国から認められている「ライスパワーNo.11」を配合しているので、ドン引きするくらい効果が強いです。

油分が多いため、炎症が軽度〜中度のアトピーの後期〜鮫肌期におススメの保湿クリームです

クリームのレビュー・オススメ塗り方はこちらをご覧くださいね〜^^

 

【写真】足のアトピー:ひざ裏から広がった不気味な赤斑→回復

ひざの裏の痒みがこじれて、やがてひざの側面に広がり、それがふくらはぎに降りていきました。

股関節のあせものようなアトピーもじわじわと下に広がり、太ももにも降りていき、ついには足全体にまで広がってしまいました。

患部の写真を見るには、+マークをクリックしてください。

足のアトピー写真のBefore&Afterを見る

↓右足。

↓左足も同様に、まだらもよう。

今(2018年1月)は全く痒くありません。

保湿剤も、お風呂上がりにひざの裏だけ馬油を塗るだけでOKになりました。

追記)2019年1月、足のアトピーは全くなくなり、保湿剤も要らなくなりました。

 

足のアトピーは、体質改善とともに自然と回復しました

もちろんスキンケアは欠かさずしていましたが、サプリ療法で炎症が改善するのと平行して、自然とステロイドを塗る必要がなくなっていきました。

脱ステロイドもそれほど難しくなく、週2くらいで気が向いたら塗るくらいで、あっけなく治ってしまいました。

 

というのも、足はマダラ模様で気持ち悪いのだけど、皮膚自体はバリア機能がまだ働いていたみたいで、掻き壊すことも少なかったので、改善するのが早かったのかも。

ひざ裏以外は、皮膚の外側には傷がないので、「体の内側の問題(=体の内側で起きている炎症)」のせいで痒みが起きていた可能性があります。そこに、強い力で掻いたために「内出血」のような状態になっていたのかも。あくまで推測ですが。

ちなみに、この状態を皮膚科に診てもらうとステロイドが処方されるだけ。外傷がないのに、効くんですよね〜・・・怖すぎる。ちなみに、足には半年くらい「アンテベート」を塗っていました。

ステロイドを塗るよりも、サプリで体質改善した方が結果的に良かったです。

サプリも最初の1年はテキトーに飲んでたので鳴かず飛ばずでしたけど^^;

 

結果的にガッツリとハマったのが、とあるサプリの組み合わせにしてからでした。

改善サイクルがハマってからは回復スピードが早くて、炎症が日に日に楽になっていくのを感じました。本気でおすすめです。

正直言って、みんなコレ飲んだらいいのにって感じです…。ただ、悩みの違いや好みがあると思うので、コチラにオススメのサプリ療法の一覧をまとめておきますね。^^

 

つぎは、アトピーの経過&年表です。

 

【経過】アトピー&主婦湿疹の経過・年表

というわけで、写真にある通り、私は全身がアトピー状態でした。

特に手指の主婦湿疹はとても酷くなってしまい、3年以上ステロイド(アンテベート)をほぼ毎日塗っていました。

ここでは、そんな私の手湿疹とアトピーの経過を、時系列にまとめてみました。

「マーカー表示」をご活用ください

  • 改善した所・気付きがあったことは黄色のマーカー
  • もっと強烈なターニングポイントは赤色のマーカー

を引いていますので、そこだけチェックするのでもOK!

2013年〜2016年はまったく見当違いなケアをしていましたが、アトピーが悪化している人には心当たりがあるかも?

ちなみに、ゾンビママだったのは2013年〜2015年。断片的な情報に流されてみては撃沈していました。これはこれで、参考にはなるかと思います。

実際、グングン改善していったのは2017年〜なので、2017年だけ見たい方はコチラ

 

経過1)2013年〜2015年:広がるアトピーと湿疹。何やっても悪化を止められなかった頃。

2013年)非ステロイド薬メイン

●12月:アトピー発症

手湿疹、発症。
生まれたばかりの赤ちゃん(上の子)の世話で手洗いや炊事洗濯が増えたのがきっかけでした。

2014年)ステロイド薬、市販漢方薬「当帰飲子(とうきいんし)」も改善なし

●2月:義実家で居候

手の湿疹が広がり、腕、首にもアトピーが出るように。
ステロイドを塗り、良くなったら中止する、という対策を開始。
ツムラ「当帰飲子錠(とうきいんしじょう)」をドラッグストアで購入。
2ヶ月飲用したけれど、ますます悪化し中断。

●5月:新居への引越

冷え性のための漢方で血行が良くなりすぎてしまった?
汗をかいて患部はジュクジュクとただれるように。

●10月:湿気がなくなったのに改善せず

ただれた患部が今度は乾燥でガサガサに。

2015年)漢方煎じ薬、漢方塗り薬→アトピー悪化し中断。第二子妊娠し便秘が超悪化。オリゴ糖サプリ開始

●4月:育休明けで復職

首のアトピーが顔にも発症。
じゅくじゅくと熱を持ち、強い痒み。
努力むなしく、どんどん湿疹は広がり、顔にもアトピーでお化粧も困難に。
アンテベートを塗っても痒く、マイザーに変更。

●5月:漢方療法開始

漢方は体質判断が必要と知り、確かな効果を求めて漢方薬局へ。
漢方煎じ薬「柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)」飲用開始。
漢方塗り薬「紫雲膏(しうんこう)」と「中黄膏(ちゅうおうこう)」をステロイドの代わりに開始。

●6月:漢方療法まったく効果なく中断、第2子妊娠

動悸が出るようになる。
別の漢方「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」に変更、状態変わらず中断。
漢方煎じ薬を中断すると動悸が治まる。
妊娠を機に元々の便秘がより酷くなったため、オリゴ糖「カイテキオリゴ」を開始。

●11月:切迫早産、1ヶ月入院

オリゴ糖「カイテキオリゴ」の効果は全く実感できず。便秘は酷くなり「1週間ペース」に。
産院より「酸化マグネシウム(下剤)」を処方され、下剤に依存するように。
酷い便秘によってお腹が張りやすくなり、早産の危険、即日入院。
育児ナシ、家事ナシ、仕事ナシの静かな寝たきり生活をエンジョイ
睡眠不足解消、栄養バランス改善、水仕事が不要に。
湿疹がみるみる改善!!

●12月:退院、実家にて療養

退院後も寝たきり生活のため、休養・睡眠たっぷり生活を引き続きエンジョイ。
「アトピー克服には栄養バランスと腸内環境が大事」と知る。
下剤は辞め、オリゴ糖、ヨーグルト、プルーン、青汁などの健康的な食事を開始。
湿疹は手湿疹以外、ほとんど消える。

 

経過2)2016年:ぐうたら生活で回復するも、現実に戻り悪化。漢方効かない、ステロイド効かない。何やっても痒くて睡眠障害を併発。子供もアトピー発症。

2016年前半)脱ステロイド→漢方薬、抗ヒスタミン薬の服用

●2月:第2子出産

実家で産後の1ヶ月を過ごす。上げ膳据え膳。
新生児のお世話と睡眠不足でちょっとだけ主婦湿疹が悪化。
でもまだ何とか症状は手だけ。キンダベートで食い止める。

●3月:通常生活に戻り、サクッと再発(泣)

通常生活に戻ったら、サクッとアトピーが再発
主婦湿疹はもちろん、全身に痒みが戻る。
理由は簡単。新生児のタイムスケジュールによる睡眠不足と、授乳による栄養失調。
しかしアトピー再発は認めたくない。
せっかく治りかけた肌にステロイドを塗るのが嫌で、特に知識もないまま脱ステ。
ステロイドリバウンドに苦しむ日々を過ごす。

2016年後半)子供の湿疹が悪化。対応を迫られ漢方治療を開始。

●9月:第2子の湿疹が悪化、漢方内科へ通院

自分だけならまだしも、子供(当時0歳6ヶ月)までアトピーと診断され唖然。
なおステロイド否定を頑として貫き、母子で漢方内科へ通院
非ステロイド塗り薬を使いながら、補助的に漢方を服用。
漢方薬は毎週違う物を試し、一番合う物を続ける方法。

【試した漢方薬】

私:
-温清飲(うんせいいん)
-白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)
-越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
-消風散(しょうふうさん)
-黄蓮解毒湯(おうれんげどくとう)
-当帰飲子(とうきいんし)
→結果として、8ヶ月続けても全く良くならず通院終了。

子供:
-温清飲(うんせいいん)など

●10月:ステロイドリバウンドがピークに(泣)

私:手肌は水泡まみれ、搔きむしり傷も深かった。
辛すぎて、仕事もままならず、全身痒くて眠れない悪循環に。
アンテベートを塗るけど、塗っても痒い。夜眠れない。日中も痒い。全身ガサガサに逆戻り

●12月:内科受診

母子ともに、あまりの睡眠不足(1日2時間)にとうとう抗ヒスタミン薬を開始。

私:ザイザル服用開始。
子供:ザジテン服用開始。

でも、これが地獄の始まりだった。

 

経過3)2017年:すべての治療法をやめてセルフケアに没頭。とにかくやってみる精神でチャレンジし続けた頃。

2017年前半)アトピー用スキンケアメイン。サプリはまだ納得できるものに出会えず片っ端から試すジプシー状態。

●1月:抗ヒスタミン薬に頼りっぱなしの日々

子供も私も、漢方を「長期的な体質改善」としてそのまま継続しつつ、日々の痒みを抗ヒスタミン薬で紛らわせる日々。
症状はすこし和らいだけど、薬を飲まないとひどいため手放せず、このままじゃいけないと悶々とする。

●3月:高機能アトピー用グッズを求めて

ガサガサジュクジュクで保育園生活が不安な下の子の為に…と本格的にリサーチを開始。
アトピー通販や海外製の高機能サプリの存在を知り、すべてを一気に始める。
特にボディーソープとローションは、1週間ごとのハイペースで効果を検証。

【スキンケアグッズ・大人買い】の一例

どんどん新しいものを試して、トライ&エラーをガシガシ進める!!
食生活にも気を配るように。(ストレスなく適当に)

すると、まず私の手湿疹に小さな変化が起こる。

●5月:子供に食物アレルギー発症

子供:それまで使っていたヴェレダのベビーローションとクリームにアレルギー発症
ホホバオイル以外のオーガニック製品を中断し、ステロイド再開。
このとき、【経皮感作の危険性】を痛感する。
離乳食が進み、さらに便秘が酷くなる。浣腸をするために通院するように。

私:抗ヒスタミン剤「ザイザル」が効かなくなり、「ロラタジン」を追加するも、どんどん眠れなくなる。

本当にこのままじゃダメだ!と危機感を覚える。

2017年後半)コレ!というサプリにたどり着く。サプリ療法メイン&睡眠を最優先

●6月:便秘改善を期待して、乳酸菌サプリ継続

乳酸菌サプリ「アレルケア」はアトピーには即効性なし。定期便なのでとりあえず継続して様子見。

私:より強い乳酸菌をリサーチ。乳酸菌高配合&安眠効果を求めて6月30日に「アレルナイトプラス」開始。

子供:「アレルナイト〜」は9歳以下は飲めないサプリのため子供は「アレルケア」を継続。便秘は少しだけ改善。
保育園から適切に治療をするようやんわり指摘を受ける。
ステロイドを毎日塗り、朝晩ザジテンを飲む。ぐっすり眠れ、1日のサイクルが整うように。

●6月中旬:体調の変化が現れ始める

サプリ、ボディーソープ、バスケア、保湿剤のスキンケアが功を奏し、ついに体が変化へ向けて動き出す。

私:アレルナイトのサポートが強く、ぐっすり眠れた翌朝は痒くないことに気付く。
アトピーを治すには、睡眠と体質を改善する事が必要だと痛感。

●7月:手湿疹がみるみる治る

私:痒くない!痛くない〜〜!!という日が長く続くように。
パンパンにむくんでいた指がほっそりして結婚指輪が入るまでに回復した!と気付く。

↓まだ湿疹だらけで痒いけど、象の皮のようだったゴワゴワはスッキリ。

●11月:アトピーの痒みがどんどん遠のく。

痒くないので、この頃から、毎日湯船につかるようになる。
入浴剤に凝りはじめ、お風呂上がりに痒くならない組み合わせを発見。さらに乾燥肌が改善。

私:「正しいものを使っていれば、痒みが出ない」状態に。
子供:「ステロイドを1週間に1回ペースで痒み再発を予防できる」状態に。

 

このことから・・・

アトピーを治すには、

自分の目で・肌で、きちんと判断しながら…

生活環境(内面・外面)を全体的にケアすることが一番の近道だと確信。

 

経過4)2018年:子供だけ、たまにステロイド(ロコイド)で

●1月:ステロイドのない生活へ

私:お風呂上がりに「ひじ・ひざ・顔」のみ保湿。全身保湿が不要になる。

子供:お風呂上がりの全身保湿のみ。たまにステロイドを1〜2日ほど使うのみに。

●3月:ステロイドなしに

私:全身しっとり肌になり、4年ぶりの健康肌に♪
2017年は酷かった花粉症も、目の周りが赤くなっただけで、毎日のスキンケアのみで自然治癒。
睡眠不足、体力低下時、抗生物質を飲んだ後に軽い手湿疹が再発するように。
生活リズムを整えてアレルナイトを飲めば数日で治るレベル。

子供:ステロイド不要に。
ただ、それと引き換えに水いぼ発生。麻酔テープを使いピンセットで除去するも広がる勢いを抑えられず、漢方薬「ヨクイニン」1ヶ月ほどで治癒。

●5月現在:ステロイドなし、あせもの時期に備えて肌バリア強化中

私:汗ばむことが多くなる。肌バリア強化のためアトピスマイルを再開。

子供:同じく、肌バリア強化のため、毎日の保湿にアトピスマイルを追加してケア。今の所あせも出ていません。

 

回復体験は「総合的なケア」を意識し始めてから

バラバラだったパズルのピースが「カチッ。」とはまった時、私のアトピー改善は始まりました。

  • 私の改善のきっかけは何だったか?
  • 改善に繋がらなかった行動とは?

ざっとおさらいしておきますと、私達親子が改善したポイントは、コレです。

  1. お肌にやさしいスキンケア
    ボディーソープ(*)、入浴剤、水質やシャワーの水圧改善
    保湿剤(*)、ステロイドが必要なら使用
  2. 睡眠不足の解消
    安眠サプリ(*)
  3. 腸内環境
    サプリヘルシーレシピ

(*)=特に効果が出るまでのスピードが早かったもの

この3つのポイントをメインに実践していたら、私はゆっくり自然と体質改善できて、子供はステロイドを減らしやすくなっていきました。

 

大事なのは、とにかく行動を続ける事でした。

【体に良いこと】をシンプルに、ただただ行う。

これで、私たち親子はアトピー地獄から回復しました。

【アトピーに良いか?】ということをひたすら自分自身に問い続けて、自分自身がNoと思うならやめたし、Yesなら実践しました。

毎日の選択の結果が、自然と体調の変化として現れてきたような感じでした。

(でもあくまでズボラだけど)

 

 

アトピーは病気です。

何ヶ月、何年もの不摂生やストレスが体にたまって、爆発してます。

だから、いつ治るかは、、、、正直誰にもわかりません。

「翌日?翌週?」
「それとも翌月??」

そんなの分かりません。お医者さんにだって予測できません。

 

でも・・・

【体に良いことは何か?】ならすぐ分かりますよね。^^

 

たとえば、揚げ物やお酒、タバコはお肌に良いと思いませんよね。

痒み対策をせずに、痒いからといって傷口をかきむしるのは、お肌に悪いに決まってます。

仕事が忙しいからと、睡眠時間を削ってバタバタ動き回るのは、体に悪いに決まってますよね。

本当は行きたくないのにお付き合いで飲み会に参加するのも、楽しくないですよね。

 

あなたも悩んでいるなら、

一度、自問自答してみてください。

体がよろこぶことを、今すぐ始められるかもしれません。

 

体に良いことのヒントは、このサイトでどんどんご紹介していきます。

どんどんチャレンジして、アトピーをグングン改善していってください!!

投稿日:2018年3月12日 更新日:

Copyright© アトピーママ.info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.