ステロイドの使い方

【ステロイド&保湿剤】アトピーの炎症への効果的&正しい塗り方とNGな塗り方

更新日:

ここでは、ステロイドや保湿剤を塗るときに必ずおさえておきたい正しい塗り方をご紹介します。

皮膚科にて推奨されている「正しいステロイド・保湿剤の使用法」と、皮膚科で塗り方を教わったことがない方がよく間違えてしまうような悪い塗り方の例をまとめてみたいと思います。

あなたは、皮膚科で教わった通りにきちんとステロイド剤を塗る事ができていますか? また、ステロイドを塗っていて、こんな風に感じたことはありませんか?

  • いつものステロイドが効かなくなってきた気がする
  • ステロイドを塗り始めたら、皮膚の他の所にも炎症が出てきてしまったように感じる
  • 毎朝毎晩塗っているけど、1回でも塗るのをやめるとすぐに再発してしまうので中々やめられない

こんなときは、あなたのステロイドの塗り方が間違っている可能性「大」です。

ステロイドや保湿剤(プロペトやヒルドイドなど)の塗り方をダメな例と良い例でまとめてみましたので、

参考にしていただけたら嬉しいです!

 

まず大前提のおさらいから

アトピママ
ご存知の人は飛ばして下さいね♪

大前提①塗る時は力を抜いて

アトピーの人は肌がとても弱くもろくなっていますよね。

お風呂上がりは特にかゆいので、保湿剤を塗る手にもチカラが入ってしまいがちですが、
とにかく強く擦らずに、手のひらにべったりと伸ばして、軽くおさえるようになじませる事が一番大事です。

大前提②炎症箇所の判断

炎症の定義ですが、カサカサしているところや、皮膚が厚くなっているところはすでに炎症です。
乾燥ではありません。

(↑ここの考え方が非常に重要で、間違えている人が多いそうです。by皮膚科医)

MEMO■アトピー性皮膚炎の判断方法
ヒルドイドの製造販売をしている「マルホ株式外社」HPではこんな風に説明がされています。

ちなみに、こんな感じが中等度のアトピーとされています。

ちなみに、これで言うと、私のアトピーは・・・

全身は中等症で全体的にカサカサ。
肘や手、首から肩にかけてはずっと重度でした。

重度のアトピーはステロイド(アンテベート)を使っても比較的ずっと酷いままで、薬は減らせませんでした。
乳酸菌などを使ったサプリ療法によってステロイドが自然と減って行き、アンテベートは減薬→今は全く不要になりました。

大前提③薬の容器を工夫

薬の容器の形状も結構大事だったりします。

 

皮膚科では、チューブタイプが処方されるのが一般的ですが、ぜひジャータイプにしてみてくださいね。
↓ジャータイプというのは、コレ。
「小分けケース」とかと100均では呼ばれたりしています。
左の緑のジャーは、子供が昔処方されたステロイドと保湿剤の混合薬。
右側はヒルドイドの100g入りのジャーです。薬局では「壷」と呼ばれたりも。(古い・・^^;

保湿剤は全身に塗る必要があるから、チューブタイプだといちいち押し出さないといけないので面倒ですよね。
↓こんなふうに。

いつのまにやら手がベタベタになります(^^;

でも、ジャーなら片手の指を突っ込んでクリームたっぷり取り放題です。

ちなみに、100gのヒルドイドクリームは、薬局に在庫があれば薬局の方で対応していただけます。
処方箋が100g以上の時のみなので、病院で100g単位で出して貰えないか確認するのがベター。

私の子供が使っていた頃は、1ヶ月分(300g)の処方のうち・・・

●200g分をジャー2個(100gx2個)
●100gをチューブ4本(25gx4本)
=合計300g

という処方にしてもらっていました。

 

大前提④塗る順番

塗る順番は、ステロイド剤→保湿剤の順番です。

たまに逆の塗り方を指導する皮膚科医がいらっしゃったり、「塗る範囲が広い方から(つまり保湿剤→ステロイド剤)」とマルホ株式会社も言っていて、それは間違いではないです。

間違いではない・・ですが、

これは前項でご紹介した写真の「アトピー軽症以下」の人の場合です。
軽症にもなれば、ステロイドによる副作用も少なくなって来て、保湿剤にかぶれにくい位肌の強さは回復しているはずなので。

「アトピー中等症、重症」の場合は、湿疹に保湿剤を塗る事自体を避けるべきです。
つまり、中等症、重症の人は湿疹の箇所はステロイドのみ、その他の健康な肌は保湿剤を塗ります。

ちなみに、湿疹の範囲が広いと「ステロイド剤と保湿剤の混合薬」が処方されることがありますが、
その場合は、保湿剤は塗らずに混合薬のみでOKです。

大前提⑤ステロイド治療初期:炎症が酷い時は保湿剤は不要

ここで大事なのは、ステロイド治療を始めたばかりの「中等症、重症の炎症部分」には、
ステロイドだけを塗り、保湿剤を使わないようにすること。

とくにじゅくじゅくが酷い患部には、保湿剤は絶対使わないようにします。

ちなみに、保湿剤ではなく「亜鉛華軟膏」や「サトウザルベ」は水分を吸収してくれるので使用可能です。

繰り返しますが、湿疹が酷い場所にヒルドイドなどの油分系の保湿剤を塗ると、最悪の場合、その成分に対してアレルギーになります。

よくありがちなのが、湿疹のある患部に馬油や重めのオーガニッククリームを塗って、ますますかぶれてジュクジュクしてしまうケース。

これ、完全に「接触性皮膚炎」を起こしています。

異変を感じてすぐに使用を中断すればよいのですが、変に諦めないでせっせと塗り込んでいくと、保湿剤の成分自体にアレルギーになり、アトピーが良くなったとしても、一生使えなくなります。
これが「経皮感作」。

ちなみに、一度炎症部分に使ってかぶれてしまったクリームも、その時にすぐに使用中断すれば一時的な「接触性皮膚炎」だけで済み、アトピーが良くなった後の健康な皮膚でならまた再開する事ができます。

 

お薬の塗り方が正しくなったら、毎日のお薬タイムがぐっと楽になり、
そして次のステップである「ステロイドの減薬フェーズ」へ進むのも間近です。

ステロイドは塗りたくないのは、理解できます。私もお薬は大嫌いです。

ですが、今は辛抱の時です。

とにかく、出ている炎症を鎮めることにだけポイントを置いて、ステロイドを塗ってくださいね。

それでは、まずはステロイドの塗り方からご説明していきます。

 

ステロイド剤の塗り方のご説明

 

ここではステロイド剤の正しい塗り方をご説明します。

特にアトピーになりたてで、ステロイド剤初心者さんは、意外とご存知のない方法です。

ステロイド薬って、意外と塗り方にコツがあって、それが湿疹の改善スピードに大きく影響してくるのですが…

正しい塗り方を指導してくれない皮膚科が多いことがなぜか多いと感じています。
(皮膚科・小児科は15件以上受診してます)

また、昨今のアンチステロイド商法によって、意味も分からずステロイド治療に拒絶反応が出てしまう方も少なからずいると思います。
また、そんな不信感から、医者の指導を守らず、間違った塗り方でせっせと治療している方がいらっしゃるかもしれません。

ステロイドは正しく使用すれば、【アトピーの根本治療】を強力にサポートしてくれる、【強い味方】となります。

ぜひ、今日から正しい塗り方を実践してみてくださいね。(^^)

まず、正しいステロイド剤の塗り方をキャプチャーしたものをご覧ください。

喘息悪化予防のための小児アトピー性皮膚炎ハンドブック - 独立行政法人環境再生保全機構

それでは、具体的な説明です。比較するために、まずは悪い例から。

 

👎🏼ステロイド剤・ありがちなNG「薄く塗り込む」

「指先に少し取り、炎症部分に薄く塗り込む」

ダメポイント①:

上記の写真のように、薄く塗るだけだと、ボコボコ・ザラザラした炎症の表面すべてには行き渡りません。
薬が行き渡らなかった場所は、当然炎症が酷くなります。
図の赤い部分が炎症の箇所で、そこには薬が塗られていないのが分かりますよね?
「ステロイドを塗っているのに悪化している」ように見えるのはこのため。

ダメポイント②:

炎症部分にだけ塗るのもNG。
赤い部分の周囲にも火種はくすぶっています。
「ステロイドのせいで炎症が広がった」ように見えるのはこのため。

ダメポイント③:

塗込むのも絶対NG。
こすると刺激になり、ますます痒くなります。
「ステロイドにかぶれた」ように感じるのはこのため。

👌🏼ステロイド剤の効果的な塗り方

「指先に厚めに取り、炎症部分の周囲にも広めに塗る」

良いポイント①:

厚めに薬を取り、トントンと置くように塗ります。
ガサガサにめくれていたり、ボコボコした皮膚にも行き渡ります。

また、肌とこすれにくくなるので、刺激にもなりにくいです。

良いポイント②:

湿疹と湿疹の間の、健康そうに見える皮膚にも広めに塗ります。
広め・厚めにたっぷりと塗る事で、この先に炎症が起きそうな怪しい部分が酷くなる前に予防ができるのもポイントです。

副作用が心配ですが、健康な皮膚にはあまり関係がないそうです。(by皮膚科医)

とにかくこすらないことが大事です。

ヒルドイドの製薬会社である「マルホ」のHPにも、詳しい内容が掲載されていますので、よろしければどうぞ。
参考: 外用薬の使い方 - maruho

 

保湿剤の塗り方 (例)ヒルドイドクリーム

保湿剤も色々ありますが、ここでは皮膚科で処方される頻度の高い保湿剤の「ヒルドイド」を用いてご説明します。

私は現在、子供にはヒルドイドクリームを使用しています。
(現在はステロイドなしで保湿剤のみ)

ヒルドイド1種類のみで、顔から足の先までべったりと塗っています。
目の周りもこれでOKですが、まぶたや目の内側には入れないようにしてください。
(ギリギリまで潤したい場合はプロペトを推奨)

ヒルドイドはどこの皮膚科でも第一選択肢なので、使っている方も多いと思います。

あとは、皮膚科で出されるのはヒルドイドローション、ビーソフテンのようなローションタイプでしょうか。

ローションでもオイルでも、気をつけるポイントは一緒ですので、気にせず使いやすいものを選んでくださいね。(^^)

👎🏼保湿剤・効果が低い塗り方

「指先に取り、指先で広げる。」

ダメポイント①:

指先には力が入りやすいです。
力が入ると肌をこすりやすいのでダメ!

ダメポイント②:

指先は面積が狭いので、塗れる範囲が狭くなり、往復する回数が増えてこすりやすくなる。

👌🏼保湿剤・効果的な塗り方

「指先に取ったクリームを手のひらに厚めに広げ、やさしくハンドプッシュ。」

良いポイント①:

ゴシゴシこすらないので肌にやさしい。

良いポイント②:

ハンドプッシュは肌が温まり、血行が良くなり修復が速くなる。

皮膚のこわばり・引きつりも解消される。

温めることで保湿成分が浸透していきやすい。

良いポイント③:

広範囲に一気に塗れるので、手早く済ませる事が出来る。

 

とっても簡単でしょ?

シンプルな塗り方ですが、

指先でグイグイやるのと、手のひらで温める・・・
それだけで全然お肌へのダメージが変わります。

とくに皮膚が厚くなってしまっている時や、お風呂上がりにムズムズしている時は、
ハンドプッシュするだけで心が落ち着きますのでお試しあれ。(^^)

 

ステロイド&保湿剤の塗り方のまとめ

今回はステロイド剤の正しい塗り方をご説明しました。(^^)

正しい方法のみをざっとポイントを振り返っておきましょう。

  1. 塗る順番:ステロイド剤→保湿剤が正解
  2. ステロイド:厚め、広め
  3. 保湿剤:たっぷりハンドプレス
  4. 注意点:炎症が酷い箇所にはステロイドのみ塗り、保湿剤は塗らない

特に0歳、1歳、2歳あたりの赤ちゃんの場合は体温が高いので、薬を塗る時は1枚脱がせて体温を下げるなどの工夫もすると良いかもしれません。

また大人の場合も、お風呂上がりは刺激に敏感で、汗ばみやすいです。
汗が引かないままお薬を塗ろうとすると滑るし、効果が半減してしまうので、少しだけ室温を下げた部屋に移動して、皮膚がある程度乾いてからお薬を塗るとピッタリと馴染んで良いです。

痒みが引くと、精神的にも落ち着いてくるので、余計な力が入らなくてお肌にも良いですよ。(^^)

深呼吸をして痒みを和らげよう

お風呂上がりなどは、痒みに心が捕われてしまってパニックになりやすいです。
そんな時は、保湿剤をたっぷりと塗った親の手のひらをやさしく乗せるだけで、パニックが落ち着きやすいですよ。(^^)

私の1歳の娘も、お風呂上がりにミミズ腫れになるまでかきむしっていても、
私が「だいじょうぶだよ〜」と笑顔で手を乗せると、とても落ち着いてくれます。

この時、口から息をゆっくり吐くようにして「ふぅ〜〜。」と呼吸するようにします。
お母さんがお手本を見せると、1歳以上ならマネしてくれるので、ぜひ教えましょう。

深呼吸をすると、体の筋肉のこわばりが緩んで、さらに痒みが和らぐのが実感できますよ。

アトピさん
そんなことしてたら、お肌が乾燥しちゃう!保湿はお風呂上がり5分以内が勝負なんじゃないの?

確かに、皮膚科のスタンダードではお風呂上がりの5分以内が推奨されていますよね。
ですが・・・

湯船に使って汗ばんでいると、汗がひくまでどうせ待つことになります。

そして、アトピーなのが子供の場合・・
一生懸命、「塗らなくては!!」と必死なお母さんの顔はとぉーっても怖い!です(^^;

なので、母親が優しく落ち着いているだけで違うんじゃないかな〜と思います。

特にお風呂上がりはアトピー持ちにとっては地獄の時間なので、

少しでもリラックスできたら、その後ベッドに入ってもムズムズするのが防げるようになりますよ。

ちなみに、アトピーの中で「ガサガサ乾燥・中等症のアトピーさん」でも快適に使えるアイテムはいくつかあります。
私も1歳の子供も、ガサガサの状態からスキンケアを始めて、少しずつ肌質を改善し、良くなって行きました。

半年以上かけて、だんだんと「ステロイドの要らなくなる肌」へ肌質改善していきました。

アトピーを克服した私たち親子のおすすめ!

痒くなりにくいスキンケアアイテムをまとめた記事はコチラ

 atopimama.info
【2018年最新版】乾燥アトピー肌にしみない、おすすめボディーソープ&バスグ...
http://atopimama.info/best_bodysoaps/

ステロイドの基本知識はコチラ

参考になれば幸いです。(^^)

アトピー改善・体質改善のために行っていること

私たち家族が体質改善のために実践しているのは、

  1. スキンケア
    …お風呂、保湿グッズを選んでお肌をいたわる♪
  2. 睡眠不足の改善
    …痒みで眠れないなら良質な睡眠をぜったい確保!
  3. 腸内環境の改善
    …腸にやさしい食生活、体質改善サプリを摂る!

 

この全てを絶対頑張るというよりかは、まんべんなく7〜8割満たせるようにしています。

イライラすると痒くなるので(笑)、なるべくストレスにならないように続けています。

 

no name

母親の私がイライラすると、娘も痒くなるみたいなので、なるべく笑顔でいたいな〜って思っています。^^

 

-ステロイドの使い方
-,

Copyright© 自宅でできるアトピーケア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.