【保存版】まとめ集

【アトピーケアまとめ】アトピーケアで改善に繋がった事はコレ!

更新日:

私は4年間、ボロボロアトピーと闘って、悪化〜改善を繰り返して

やっとアトピーが終わりました。

今では炎症はほとんどなく、無理したときにちょっとだけ「ムズムズっ」とする程度で、
保湿をしていれば気付くと治っています。

 

私は4年間アトピーと闘いましたが、始めの3年半はほとんど改善しませんでした。

 

今思い返すと、すべてがムダではないけれども、少なくとも改善はしなかったんです。

でも、考え方を変えて色々とやってみたら、歯車がカチっとはまったように改善スイッチがオンになり・・・

こじれまくっていたアトピーが、じわじわと良くなっていきました。

今回は、私が3年半にわたって「勘違いして行っていたアトピー改善対策」と「実践して良かったこと」について振り返ります。

【CHECK!】こんな悩みがある人は参考になるかも

  • 色々やってるんだけど、中々改善しない
  • 無添加・オーガニックを使っていきたい
  • 自然療法が良い!と思って勉強を頑張っている
  • 食事療法に取り組んでいるけれど、体調は今イチ

私がやってた「間違い」

私が当時がんばっていた「間違い療法」は以下の3つでした。

  1. オーガニック固形石鹸
  2. 「健康そう」な食事療法
  3. 抗ヒスタミン剤の服用

これを1つずつ、変えていきました。

1つずつ説明していきます。

①「純度の高いオーガニック石鹸」「ドクターズボディーソープ」を手放して、アトピーに本当に優しいものを吟味

アトピーがどんどん悪化していた時は、自然派の固形石鹸や、オーガニックのボディーソープを使っていました。

これまで使った自然派固形石鹸のリスト

これまで使ったのは、

ヴェレダのカレンデュラ(カレンドラ)ベビーソープ、ロクシタンのラベンダー石鹸、生活の木、マークスアンドウェブ、松山油脂(Mマーク)、ミヨシの石鹸、ミヨシのベビー石鹸、ニコ(Nico)石鹸、アレッポの石鹸、馬油石鹸、はちみつ石鹸、プロポリス石鹸。

「高価な石鹸」「不純物のないオーガニック」という宣伝文句は、悩んでいた私にはとても魅力的に見えました。

でも、何を使っても一向によくなりませんでした。

これまで使ったドクターズ石鹸、敏感肌用ボディーソープのリスト

皮膚科医推奨のドクターズ石鹸や、アトピー肌用、敏感肌用のボディーソープも試しました。

これまで使ったのは、

セバメド(SebaMed)、アトピタ、資生堂 2e Baby(ドゥーエ ベビー)のシャンプーとボディーソープ、ケアセラ ベビー、ユースキンS、NOV ベビー(ノブベビー)、キュレル、カレンデュラの手づみボディーソープ、ママ&キッズ ボディーソープ&シャンプー。

私の肌にも子供の肌に合わず、湿疹は辛いままで、結局、お湯のみシャンプーにたどり着きましたが、それでもアトピーはよくなりませんでした。

オーガニック製品の危険性→手放したあと、改善の兆し

そんな時、オーガニック製品の危険性を知るきっかけがあり、手放したら、改善の兆しが。
>【アレルギーの原因が毎日のスキンケア?!】オーガニックコスメの経皮感作に注意

その後、ネットのリサーチと試行錯誤の末、固形石鹸よりも「液体ボディーソープの方がお肌を保護する成分が多い」という情報を発見。

液体ボディーソープも1年でかなりの種類を試しましたが、結果的にアトピーを変えてくれたのは、ほんとう限られた、ほんとうに低刺激のアイテムだけでした。

 

②食事改善だけではアトピーは治るのが遅かった

アトピーの人にありがち・・というか、私自身がそうでしたが、

「添加物、動物性脂肪などから離れたい一心」でローフードやビーガンフードに極端に走ったりすることは、懸命ではありません。

経験からお話ししますが、食物アレルギーでない限り、特定の栄養素を徹底的に避けると、栄養失調を招く恐れがあります。

たとえば、↑に表示されている、「一見、魅力的な食事」の写真。この中に欠けている栄養素を、探してみてください。

この食事、本当に、体に良いと思いますか?

 

また、普通の食事療法も、腸内環境が悪いままでは効果は発揮されません。

私は、動物性脂肪、たんぱく質、糖質を辞めなくても、アトピーは治りました。むしろ食事制限はストレスになりアトピーを悪化させました。

私が実践した中では、食事のバランスにはある程度気をつけながら「サプリ」を摂ることが、一番結果が出るのが早かったです。

これが、私が4年間行ったアトピーケアの【結論】です。

食事療法は単なる気休めでした。

私自身は便秘体質で、特にアトピーを患っていた時期は特にひどく、この頃はまだ「サプリ」のチカラに気づかず・・・2年ぐらい、便秘と闘っていた時期がありました。私が実際に食べていたのは、

オリゴ糖、ヨーグルト、ハチミツ、バナナ、さつまいも、プルーン、青汁、ゴボウ茶、黒豆茶、デトックスハーブティー。

通販のオリゴ糖は有名メーカーのものを2種類とも2ヶ月ずつ位試しましたが、どれもイマイチ効果を感じられませんでした。

でも、乳酸菌サプリを飲んだら自然にスッキリできるようになり、その後少しずつお通じが自然に増えていきました

これで分かったのは、

食事改善だけを120%頑張るよりも、サプリを併用して食事改善を「できる範囲」で維持した方が

圧倒的に効率よく、ストレスが少なく、そしてコスパが良いこと。

 

正直、食事制限は楽しくないです。ガマンばかりでストレスフル。

ゴボウ茶ばっかり飲んでもつまらないし、外食できない人生は辛いです。

健康食品にハマっていたときは、外食しようものなら必ず体が痒くなっていました。

 

あなたは、弱い体を作り上げてでもアトピーを治したいですか?

アトピーが治ってもなお、病人のように生きないといけないのでしょうか?

いつまでも動物性脂肪を我慢して、あれもこれも除去して、ずっといきていかないといけないのは、本当に健康的な人生なのでしょうか。

コスパもスピードも良く、なおかつ効果が出て、つらくない。そんな方法があったら、試してみたくなりませんか?

そして、そのカンタンな方法を継続できたら、もっと体に良いことが起こると思いませんか?

アトピーが摂るべきマストサプリは、ココにまとめています。

 

③その場逃れの「抗ヒスタミン剤」をやめて「安眠ハーブ」で自然な眠り

 

私は、2017年6月頃まで、夜は、抗ヒスタミン剤の「ザイザル」を飲んでいました。

ザイザルがないと眠れないので毎日欠かさず飲みましたが、

ザイザルを飲んだとしても、全身や手の痒みで夜1時には起きてしまい、1時間は眠れずにずーっとベッドの上でボリボリ

また、痒みが酷い日は、朝に「ロラタジン」も飲んでいました。

そうして抗ヒスタミン剤への依存が強くなっていく事や、薬が効かなくなってくる事がとても不安でした。

そんな時、「安眠成分のハーブ」の存在を知りました。

安眠ハーブで自然に眠れるように

はじめは「とりあえず、眠れるのなら・・」とお試し気分で飲用を始めた所、びっくりすることに、初日からぐっすり眠れるようになりました。

そして、1週間も経たないうちに、特に手湿疹に顕著な改善がみられるようになったんです。

このサプリは腸内環境と睡眠不足、そしてアトピーの痒みを同時にケアできる優れものでした。

まさに出会うべくして出会ったんだと思います。

痒くて眠れないアトピーに今必要なのは、睡眠不足の改善です。

睡眠不足の改善をサポートする方法、睡眠不足とアトピーの研究、リラックスに関する情報はココでまとめています。

 

「アトピー改善のための"3つの要素"」とは?

このように、私のアトピーが好転するきっかけとなったのは、

スキンケア、睡眠ケア、そして腸内環境ケア「3つの総合的なケア」を始めたことでした。

この3つのポイントの改善を「同時に実践」していくうちに、

この方法はもしかして、少しずつアレルギーの体質を変えていくことができるんじゃないかな?

とじわじわと実感し始めました。

3つのポイントというのは、具体的に↓

アトピー改善・3つの要素 (3 Elements)

  1. 洗う・保湿するスキンケア
  2. 睡眠ケア
  3. サプリと食事でリーキーガットケア

 

とはいえ、私も2児の母であり、会社員なので、できることには限度がありました。

時には①スキンケア③サプリと食事だけしか実践できず、②睡眠はそっちのけ・・・という時があったり、

忙しさにかまけて③サプリと食事がおろそかになってしまったりすることもありました。

そんな日々の中で、一番重要なことを見つけました。

 

3つの要素を実践する上で「一番重要なこと」とは何か?

アトピーを根本的にケアする上で一番重要なこと…それは、

「改善のための3つの要素を、それぞれ80%ずつ満たす」こと。

 

前項でお伝えしたように、例えば①③が100%できていても、②が20%だとダメ。

3つの要素のうち、どれか1つでも欠けると、アトピーは治りづらいです。

子供は放っておいても基礎体力が上がっていくと言われていますので、季節の移り変わりや成長がきっかけでアトピーが治っていくこともありますが、大人の場合は、体力も保湿力も衰える一方。

そんな状況で、しかも、断片的な情報だけに踊らされているままで、適当に過ごしているままでは自然に病気なんて治らないのかも。

 

「基本の3要素」をしっかりと理解し、どのポイントにおいても80%を達成できるようにすると、ストレスなく続ける事ができます。

こんな風に、

「ストレスなく、全体的に体質改善をしていく」のが

【3 Elements Atopy Care】の考え方です。

 

実感しやすく、続けやすい事から始めよう。お肌を痛めつけるのはもう終わり!

3要素をバランスよく…とはいえ、効果が目に見えないものから始めても、なかなか続かないものなので、「良い!と感じやすいもの」からトライしてみる事がおすすめです。

まず、今お風呂上がりがつらいならボディーソープから。

夜、痒くて痒くて眠れていないなら、安眠ハーブサプリもおすすめ。眠りの質を変えていきましょう。

どの記事も写真付きでレビューしているので、あなたのアトピーと見比べたりと参考にしてみてください。^^

人生諦めそうになる位、つらい思いをしている方へ

アトピーって頑張り屋さんが多いと思います。

私も色々な事を120%頑張ってみた時がありましたが、これは本当にしんどかったです。

砂糖断ち、鶏肉断ち、小麦粉断ち、MEC食、有酸素運動のマラソン、半身浴、ヨガ・・・

良いと思った健康法や食事法のメソッドは120%の力を注いで頑張りました。

どんなに精神的に辛くても、効果を知りたくて、どれも1ヶ月は続けました。(特に砂糖断ち、鶏肉断ちは人生の楽しみを捨ててましたし、顔の血色がめちゃくちゃ悪くなり、家族や同僚からかなり心配されました^^;)

 

でも、何をどれだけ実践しても、今思い返せば【基本の3要素】がバランスよくケアできていないと、アトピーは良くなりませんでした。

でも、80%ぐらいの力で維持していけば、アトピーは改善するんです

どれか1つが欠けてもダメですが、逆にいうと

80%で良いのが、このメソッドのラクなところでもあります。

 

3つの要素を同時に気をつける・・・そんな事、難しそう?

3つの要素、難しそうでしょうか?

あなたのアトピー人生、どれだけの苦痛をすでに味わっていますか?

一度、比べてみて。

アトピーが良くなっても、あれはダメ、これはダメと「がんじがらめ」の病人のような状態が続いていく人生

と、

体に良いアイテムに囲まれて心も満足、食べたい物を半分くらいはガマンはするけど、ストレスの少ない健康的な人生

 

3要素は多すぎて難しいかも?と思う前に、

逆に、ちょっとしたポイントをなんとなく気をつけていくことで

私のようにアトピーが良くなるなら、「しめたもの!」だと思いませんか?

今、もしステロイドを常用していても、

少しずつ抜けるようになるなら、やってみる価値はあると思いませんか?

私は、ステロイドを3年使用していましたが、

3ヶ月かけて減薬、気づけば知らないうちに痒みのない日々を手に入れることができました。

試してみる価値、あると思いませんか?^^

4年間、試行錯誤を繰り返してたどり着いた「結論」。

私のアトピーの克服の秘訣は、

「これだ!」と思えるアトピーグッズに出会っても、より良いものを探すことは止めずに、その時最良のものを使い続けたことです。

良いアイテムで改善しても、あえて途中で一度やめてみたり、他のアイテムを使ってみてアトピーが悪化するかどうか?をテストすることも忘れませんでした。要は、懲りない性格なんです^^;

言い方は悪いですが、こんな風に自分の肌で人体実験をずっと繰り返してきたからこそ、今こうして納得できるアイテムに出会え、こうして効果を感じることができたのだと思います。

 

オススメのケア方法やアイテムは、当サイトで詳しくご紹介しています。

アトピー改善のための3つの要素、一つずつ、クリアしていきましょう。

そして、もう一度、「本当のアナタのお肌」を取り戻していきましょうね!

-【保存版】まとめ集
-,

Copyright© 3 Elements Atopy Care , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.