子供用サプリ

【アトピーの子供のためのサプリ】③ 子供でも飲みやすい!おすすめサプリ(2歳〜12歳用)

投稿日:2018年10月27日 更新日:

アトピーでかきむしってもろくなってしまった肌を改善する「ビオチン療法」ですが、子供に向けた情報はいまいち多くありません。

そこでこのシリーズでは【子供向けのビオチン療法】についてまとめています。

ビオチン療法に必要なサプリ、子供に最適(より安全)な用量、おすすめサプリなどを知りたい方に参考にしていただける内容です。

少し長くなるため、シリーズに分けてお伝えしています。

  1. ビオチン療法の進め方・使うサプリ
  2. 年齢/体重別・ビオチン療法の用量と注意点
  3. 飲みやすい!子供用おすすめサプリ
    ・2歳〜12歳用←今ここ!
    ・生後すぐ〜2歳未満用

 

今回は【③飲みやすい子供用おすすめサプリ(2歳〜12歳用)】について詳しく解説します。

 

※免責事項※はじめにご理解ください
この記事はネットの記事や処方薬の情報をもとに私が個人的に調査し、実践している方法について書いています。筆者(アトピママ)は医師ではありません。あくまで私たち親子がサプリを飲んでみた感想の記事です。感じ方には個人差があります。
サプリメントは健康食品であり、病気の治癒や健康増進を目的としたものではありません。様子を見ながら各自の責任で摂取するようにしてください。^^

.

前回までのおさらい

前回までのおさらい。

  1. ビオチン療法で摂る栄養素
    …ビオチン、ビタミンC、宮入菌(もしくは乳酸菌)
  2. 子供用の用量計算・注意点
    …年齢の低いお子さん(12歳未満)にはキッズサプリがおすすめ。
    …年齢の高いお子さんには大人用のサプリを再計算するのも可能。その場合は「大人専用」でないかチェックする

↑の記事をまだご覧になっていない方は、先にコチラから読んでくださいね。^^

 

このように、年齢によっておすすめのサプリが大きく分かれてきます。

  • 中学生以上のお子さんの場合:
    粉薬もカプセルも飲める方は、大人用のサプリを使用できます。サプリのまとめページをご覧いただければ良いと思います。
  • 小学生以下のお子さんの場合:
    キッズサプリを選ぶとより安心です。日頃の健康管理にも最適役で、味が良いのでごほうび代わりにもオススメ!
    ただビオチンに限っては高濃度のものが良い場合は大人用サプリを砕く方法が良いです。以下ご参照ください。

では、以下におすすめのキッズサプリをピックアップしていきます。

 

キッズサプリの選び方

前回の記事でお伝えした通り、私は当初、自分用のビオチンサプリをカプセルの中身をあけ、タブレットを割り、計量して・・・と手間をかけていましたが、分量をmcgやmg単位で調整することはほぼ不可能で、大人用の成分を子供に与えることの影響も心配でした。

もっと手間なく・効率よく・安全にするために何か良い方法はないか?と突き詰めた結果、ビオチンの代わりに「マルチビタミン」を使うという方法に辿りつきました。

アトピママ

まだまだ食べムラや好き嫌いの激しい子供達は、栄養バランスも不足しがちなので、それも気になっていました。

なので、ここではおすすめのサプリとして以下の順番にピックアップしていきます。

  1. マルチビタミン(ビオチン摂取、栄養バランスUP目的)
  2. ビタミンC(マルチビタミンではCが必要量に満たないためプラス)
  3. 乳酸菌

ちなみに、わがやの子供達がサプリを飲んでいる感想としては、飲み始めてから朝のグズグズが少なくなり、スッキリ起きられるようになっていきました。

アトピママ

うちの子、ミネラル不足だったのかしら…?

アトピー体質の娘は便秘にも悩まされ毎朝浣腸していましたが、それが不要になり毎日自力で排便できるまでに改善し、鼻炎アレルギーのお兄ちゃんも少しずつですがよくなってきています。
元気いっぱい遊ぶとそれだけ体も強くなるのも期待できますね。^^

それではサプリを見ていきましょう。

 

2歳〜12歳におすすめのマルチビタミンサプリ(ビオチン・ビタミンC補給)

2歳から12歳はほぼ同じサプリを飲むことができ、おすすめなマルチビタミンサプリは2つあります。

1つ目は「Nature's Way Alive!」のチュアブルサプリ。そして2つ目は「Child Life」の液体のもの
どちらもiHerb内でのキッズ用マルチビタミンサプリのランキングで常に上位ランクインし、評価の高いレビューも多いです。

2つとも栄養成分はさほど変わりはなく、実際に使ってみて感じた細かい違いがあるので、親御さんが「うちに合いそうだな」と感じた方を選べば良いと思います。^^

 

マルチビタミンおすすめ①「Nature's Way Alive!」チュアブルタブレット オレンジ&ベリー味

Nature's Way Alive キッズマルチビタミン サプリメント

Nature's Way Alive のマルチビタミンは2歳から食べられるチュアブルタイプのサプリです。

チュアブルは本当にラクです。ボトルから手にとって口にポイっでOK!忙しい朝にぴったり。

ナチュラルな果実のフレーバーで、鉄分、ヨウ素、マグネシウム、マンガンなどのミネラルのバランスもよく、柑橘類から抽出したバイオフラボノイド(抗酸化力が期待できる)も独自配合しています。
なお、iHerbレビューでは1,500件を超えるレビュー投稿、星の数は★4.3/5点 という大人気アイテムです。^^

 

「Nature's Way マルチビタミンタブレット」のコスパ

Nature's Way のマルチビタミンは、iHerbでは1,500円前後、Amazonでは2,000円前後で売られています。楽天では取り扱いがないようです。(2018年11月16日しらべ)

60日分入っていて、1日あたり約25円とかなりリーズナブルな値段が魅力!!常温での保管なので管理もしやすいです。

  • 子供の健康サポートを長く続けていきたい
  • 忙しいので子供達まとめて手軽にケアしたい

こんな方にオススメと言えます。

「Nature's Way マルチビタミンタブレット」の注意点

このサプリのデメリットを挙げるならば、このチュアブルは味がオレンジ味とベリー味の2種類があり、人にもよると思いますが私はオレンジ味はあんまり美味しくないと感じました。4歳の息子は食べてくれません^^;

2歳の娘は何でも食べますが、ベリーが美味しいのでベリーばかりリクエスト。なのでそれが我が家にとってはデメリットでした。

またこのサプリに限らず、チュアブルタイプは歯に詰まりやすいです。このサプリには「Fructose=果糖」が入っているため、歯に詰まったままにしておくと虫歯になる恐れがあるので注意。

ただ、正直に言うと乳酸菌タブレットとどうせ一緒にカリポリ食べるのであまり気になりません。乳酸菌タブレットと一緒に食前に食べさせ、食後にいつも通り歯磨きさせればOKですね。

Nature's Way は内容の割にすごくすごくリーズナブルなお値段なので、ホントにオススメです!

 

(* 2018年11月時点で楽天市場では取り扱いがされていないようですが、念のため^^)

 

マルチビタミンおすすめ②「Child Life」マルチビタミン&ミネラル 液体タイプ マンゴー&オレンジ味

ChildLife マルチビタミンミネラル サプリメント

ChildLife社は、より自然な療法を求める人に人気です。ホメオパシー療法師のお医者様が調合しているのが特徴です。

シリーズで色々な栄養素をラインナップしているので、子供の健康状態に合わせて好きなように調整できることが素晴らしい!!
濃縮された液体、冷蔵庫での保管・・・と使い勝手は少し悪いですが、液体なので歯の生えていない生後6ヶ月から飲ませることができるのがメリットです。

少し甘みのあるマンゴーオレンジ味で、うちの子供達は大好き!同じChildLife社のビタミンC(後ほどご紹介します)と混ぜると少し酸っぱくなってそれもまた美味しいし、大人の私たちにもどこか懐かしいシロップ味で、たまに大人も飲みます♡

ビオチン療法にはこのコンビネーションは最強です。

 

「ChildLife マルチビタミン&ミネラル リキッド」のコスパ

お値段は、最安値のiHerb・Amazonで1,400円前後。(2018年11月16日しらべ)

コスパは正直、年齢によるかも。液体ならではの特徴としては、目安量が年齢別に細かく設定されていることはとても良いです。低年齢のお子さんは飲む量が少ないためコスパもよくなりますね。^^

年齢別のコスパ(値段を1,400円とした場合)は以下の通りです。

ChildLifeのコスパ表 目安量(1日) 1瓶(237ml)の日数 1日あたりのコスト
(およそ)
生後6ヶ月〜1歳 小さじ1杯 47日分 30円
1歳〜4歳 小さじ1〜2杯 23〜47日分 30円〜60円
4歳〜12歳 小さじ2〜3杯  15〜23日分 60円〜93円

このように4歳〜12歳では多く飲む分コストが高くなるのですが、年齢に合わせた必要量を与えることができるのは大きなメリットでもあります。

Nature's Way は2歳以上からですし全年齢の目安量が一緒なので、以下のような方にはこちらの液体タイプの方がオススメです。

  • お子さんが2歳未満の場合
  • お子さんの年齢に合わせたケアをしてあげたいと考えている

なお、ChildLifeも果糖が入っていますが、液体なのでそれほど気になりませんよ。^^

 

「ChildLife マルチビタミン&ミネラル リキッド」の注意点

このサプリはトロミの強い液体となっているため、液ダレします。iHerbで人気の商品でレビューがありますが、その中にも「液ダレがダメ派」の方はいらっしゃいました。

私の場合はというと…確かに初めはちょっと面倒でしたが、慣れていくと液ダレは気にならなくなり、3日に1回ティッシュで拭えばOK!としています。

繰り返しになりますが、同じChildLife社のビタミンCリキッドと混ぜて飲ませる事が多いので、不便さよりもメリットの方が上回ってるという感じですね。^^

タブレットでは歯に詰まって虫歯が心配、夕食後に飲ませたい、ビタミンCとマルチビタミンを一緒に飲ませたい・・・という方にはよりオススメと言えます。

 

マルチビタミンじゃなく「高濃度のビオチン」が欲しい!そんな人におすすめのビオチンサプリ

小さいお子さんへはマルチビタミンサプリをおすすめしましたが、ビオチンを多く摂らないと意味がない、うちの子大きいから、という方に向けて唯一おすすめできる高濃度ビオチンサプリをご紹介します。

大人用のビオチンは他のページでもご紹介していますが、だいたいがカプセルで中身が本当にマズいです。ほぼ無味無臭なのに、マズいです。

で、唯一おすすめなのがコチラ。

 

ビオチンおすすめ「Solaray ビオチントローチ 5000mcg タンジーフルーツ味」

ソラレー社のビオチンはビオチン記事でもご紹介している通り、アトピーなどのアレルギー皮膚炎や皮膚疾患への効果が期待できるタイプのビオチンを配合しています。(天然型ビオチンと呼ばれています)

その天然ビオチンを「トローチタイプ(チュアブル)」にしたのが、このサプリ!

ビオチン 子供用 サプリメント

甘味料として、ソルビトール、キシリトールの2種類が使われていて、味付けはフルーツジュース粉末が使われていてベリーのような味がします。

1つのトローチはちょっと固めですが、すり鉢に入れて砕くと結構細かくなりますので、全体の量(1粒1g満たないです)のほんの10分の1くらいの粉末をお子さんの口にスプーンで入れてあげると良いです。
(残りは親御さんの美容に大活躍です♡^^)

それだけでも1口で「500mcg」なので2歳前後のお子さんに「病院の処方量」として与えるには多くなる印象です。民間療法だと10kgの子に1日1,666mcg〜3,333mcgですので、サプリ1粒の4分の1をあげれば1日の必要量を満たす事ができます。(>>体重別ビオチンの目安量の比較表参照ください)

お子さんの様子を見ながら行うことを前提にチャレンジしてみてくださいね。^^

ビオチンのトローチタイプはAmazon、楽天、iHerbどこでも取り扱っています。
一応注意しておきますが、コレ、めっちゃくちゃ美味しいので、親御さんだけが食べないように!(笑)

 

2歳〜12歳におすすめのビタミンCサプリ

ビタミンCサプリは我が家では3種類試したことがあるのですが、その中でよかったのはこの2つです。

1つ目は「Nature's Plus」のチュアブルサプリ。そして2つ目は「Child Life」の液体のもの

前述したマルチビタミンのところでチュアブル/液体のどちらかに決められている方は、同じ形状のものを選ぶと一度に飲ませられるのでラクですよ。^^

ちなみに、前述した「マルチビタミン」にもビタミンCは入っていますが、ビオチン療法の必要量には満たないため私はプラスしています。

 

ビタミンCおすすめ①「Nature's Plus」無糖ビタミンC オレンジ味タブレット

子供用ビタミンC サプリメント

Nature's Plusの「Animal Parade(アニマル・パレード)」のものはタブレットタイプのサプリです。

Nature's Plusはちょっと面白くて、果糖のものと「シュガーフリー」のものがあるんですね〜^^

シュガーフリーのものは300円くらい高めなんですがw、果糖の代わりに甘味料として「キシリトール」を使用しており、虫歯予防に役立つのも嬉しいポイントです。

ベリー類、野菜、キノコ類に自然発生するキシリトールはカリフォルニア歯科協会により、虫歯予防の物質であると認められています。
(ーiHerb商品ページより)

 

Nature's Plus もコスパよし!

Nature's Way のビタミンCサプリは、最安値のiHerbではシュガーフリーは1,300円前後、果糖は1,000円前後です。(2018年10月26日しらべ)

45日分入っていて、1日あたりシュガーフリーでも約29円、果糖なら約22円とリーズナブル。

ビオチン療法でのビタミンCの目安量は体重10kgなら1日あたり約166mg、15kgなら約250mg、20kgなら約333mgが目標で、Nature's Plusは1粒で125mg配合しているので、体重10kgの2歳児さんなら1粒で十分と言えます。(マルチビタミンサプリにも100mg前後入っているので合計して200mg以上摂れる)

1日1粒で続けたなら、1日あたりのコスパは15円を切りますので、続けやすいこと請け合いですね。^^

 

「Nature's Plus ビタミンCタブレット」の注意点

キシリトールのデメリットを挙げておくならば、人によってお腹がゆるくなったりするようなので、飲み始めは1粒から様子を見ながら増やしていくのが良いかもしれませんね。それとキシリトールの方は果糖のものより1個につき300円くらい高いです。

ただビタミンCタブレットだと他に良いものがあんまりないので、どちらにしてもNature's Plusかなと思っています。

なお、Nature's PlusはAmazonや楽天だと取り扱い数が少ないです。キッズサプリは日本ではまだまだ浸透していませんね。。
またせっかく取り扱いしていても値段がiHerbの倍近くすることもあるので注意が必要です。

一応リンク貼っておきますが、買い間違えないようにしてくださいね。^^

▽果糖の方はこちら(参考価格:1,000円〜1,100円/iHerbにて)

 

▽無糖の方はiHerbのみの取り扱いです(参考価格:1,300円〜1,400円)

果糖のものより少しオレンジっぽいデザインなんですね。私は無糖の方しか食べたことないのですが、まぁまぁ美味しいですよ。

これもやっぱり「オレンジ味」があんまりなんですけど、手軽さはピカイチ!^^

 

 

ビタミンCおすすめ②「ChildLife」ビタミンC 液体 オレンジ味

childlife ビタミンC サプリメント

コチラはマルチビタミンの項目でおすすめした「ChildLife」のビタミンCバージョンです。

ChildLife のビタミンCも、iHerb内の子供用ビタミンCランキングでいつも1位をキープしてます。^^

こちらはマルチビタミンよりもサラリとしていて、オレンジの味。大人も子供も飲みやすい!!!マルチビタミンを液体にするならコレを併用するのが絶対にオススメ!

 

「ChildLife ビタミンC」は生後6ヶ月からOK!コスパも良いです

液体なので生後6ヶ月から飲めることが一番のメリットです。1歳〜4歳、5歳〜12歳と用量が明確に別れているのもポイントです。

肝心のビタミンC充足率ですが、各年齢と照らし合わせてもビオチン療法にぴったりです。

(ビオチン療法でのビタミンC目安量は、体重10kgなら1日あたり約166mg、15kgなら約250mg、20kgなら約333mgです)

コスパも良く、1ビンはiHerbでは700円で購入できます。

内容量は118mlで、1歳〜4歳の子が1日小さじ1/2(2.5ml)で125mgを摂る場合は、約47日分。1日あたり15円弱で続けられる計算になります。

 

「ChildLife ビタミンC」の注意点

デメリットはやはり「液ダレ」です。またビタミンCの方のマルチビタミンと違いサラリとした液体のため、ビンからスプーンに取ろうとすると液体が出すぎてしまうことがあります。

うちの娘は2歳なので分量が小さじ1/2で、生後6ヶ月〜1歳未満のお子さんは小さじ1/4なので計量が面倒な方には向かないかもしれません。
ただ、私は最近薬局で売られている「スポイト」を使い始めたところで、これがなかなか便利で計量が苦にならなくなりました♪

スポイトが不便に感じない方、虫歯を防ぎたい方は液体の方が何気に便利です。お子さんが低年齢の場合は、ぜひ試してあげてくださいね。^^

 

 

2歳〜12歳におすすめの乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリはけっこう色々試しました。赤ちゃん用のパウダータイプや、チュアブルタイプ、あと日本のものなども。

で、やっぱりコスパと効果のバランスがよかったのはアメリカのサプリです。

(関連記事:日本のサプリを含め、もっと詳しい情報を別のページに乗せています。→コチラ

ここではうちの子たちが「もっとちょうだい〜」とリクエストの嵐!ケンカが起きるほど大好きなサプリをざざっとご紹介します。^^

 

まずチェック!乳酸菌サプリの選び方

乳酸菌は大人の場合は多ければ多いほど良いとされていますが、じつは近年、小さい子供や高齢者など免疫力の低い人は少ない量でより複数種類の乳酸菌を摂ることがアメリカでは推奨されています
理由は、1つの種類を大量に摂取しつづけるとその菌だけが体内で増えてしまい「感染症」を起こす可能性があることが報告されるようになったためです。

なので、例えば1粒に20億個のサプリであっても、乳酸菌の種類はできるだけ複数である方がリスクは低いと考えられます。
(もっと詳しい「乳酸菌サプリの選び方」はこちら)

ちなみに、大人が乳酸菌を飲んで効果が出始める量は最低でも1日200億個と言われており、これを体重10kgの子供に換算すると1日に必要な乳酸菌は約33億個
つまり、

  • 体重10kgなら30億個
  • 体重20kgなら60億個程度
  • なるべく複数種類の菌が摂れるもの

こういうサプリを選ぶのがベストということになります。
ただこれはあくまで目安なので、ご参考までに^^

 

乳酸菌おすすめ①「Nature's Way」プリマドフィラス チェリー味/オレンジ味

子供用 おすすめ 乳酸菌サプリ アメリカ左がチェリー味、右がオレンジ味。

チェリー味はiHerb内の子供用プロバイオティクスで1位でレビューは1,200件超、オレンジ味は3位の大人気商品です。

オレンジ味は私たちには微妙でしたが、チェリー味はものすごく美味しく、グルメな息子が珍しくリクエストしてくれました♪
なお甘味料にはキシリトールが使われています♪

 

配合されている乳酸菌の種類

プリマドフィラスは1日1粒で30億個、3種類のラボで検証された配合の乳酸菌を摂れるようになっています。

  • ラクトバチルス ・ラムノーサス(Lactobacillus rhamnosus)
  • ラクトバチルス ・アシドフィラス(Lactobacillus acidophilus)
  • ビフィドバクテリウム・ロンガム(Bifidobacterium longum)

この3つはもうどこでも目にしますね〜。

  • ラクトバチルス・ラムノーサスは乳幼児、妊婦にも安全で整腸作用が報告されています。
  • ラクトバチルス・アシドフィルスは悪玉菌抑制、乱れた免疫バランスを改善する作用が有名ですね。カルピス社のサプリに配合されています。
  • ビフィドバクテリウム・ロンガムは大腸にすみやかに住み着き悪玉菌抑制、便通改善が多数報告されています。

後ほど詳しく書きますが、これらの種類を「間違いなく・書かれている通りの量を、子供に最適な形で摂れる」のがこのサプリを選ぶメリットです。

 

「Nature's Way プリマドフィラス」の注意点

注意点は、強いて言うならば味がアメリカンな事です。うちの子たちは大好きですが、味だけ取ってみると次にご紹介する「Now社」の方が日本人の方の口にも合うと思います。

また、目安量が「1日1粒」と買いてあるので、2歳〜4歳ぐらいまでなら30億個でちょうど良いのですが、体重15kgのうちの息子には45億個欲しいところなので足りないかも・・・なんて感じました。うちの息子は今だいたい30億個で大丈夫なようですが、ご参考までに。^^

コスパは30粒入りがiHerbで900円前後、楽天ではオレンジ味のみで1,100円前後、Amazonでもオレンジ味のみ1,400円前後で販売されています。

チェリーの方が絶対美味しいのに・・・日本では受け入れられないと思ったのでしょうか?わがやは子供たちと私、主人の4人ともチェリー派です。日本人ですけど。

 

乳酸菌おすすめ②「Now」ベリードフィラス キッズ

乳酸菌サプリ 子供用 おすすめ

一度食べたら絶対ハマる、甘酸っぱくて爽やかなベリー味です。

2歳から食べられて口どけが良く、砂糖ではなくキシリトール配合で虫歯が不安な方にも。
1粒で20億個入っており、体重や体調によって粒数を調整できます。

最安値は iHerb で900円前後で60粒入っており、体重10kgの子が1日1粒ずつ食べた時のコスパは1日15円、20kgの子が1日2粒食べても1日30円とかなりリーズナブルなのも魅力です♪

 

配合されている乳酸菌の種類

ベリードフィラスは1粒20億個なのですが、なんと10種類もの乳酸菌を摂れるようになっています!!
これは他のサプリにはないレベルですね^^

  • ラクトバチルス・アシドフィルス(La-14)★
  • ビフィドバクテリウム・ビフィズス(B-04)
  • ラクトバチルス・プランタラム(Lp-115)
  • ビフィドバクテリウム・ロンガム(B1-05)★
  • ラクトバチルス・ラムノサス(Lr-32)★
  • ストレプトコッカス・サーモフィルス(St-21)
  • ラクトバチルス・パラカゼイ(Lpc-37)
  • ビフィドバクテリウム・ブレーベ(Bb-03)
  • ラクトバチルス・サリバリウス(Ls-33)
  • ラクトバチルス・カゼイ(Lc-11) 

★は前述の「プリマドフィラス」と同じ乳酸菌です。「プリマドフィラス」の方には菌株が明記されていないため、同じ菌株かどうかまでは確認できませんでした。

なお太字の菌は研究論文で多く目にする有名な種類で、ベリードフィラスの場合は菌株まですべて開示されているのでより安心と言えますね。^^

  • ラクトバチルス・ラムノーサスは乳幼児、妊婦にも安全で整腸作用が報告されています。
  • ラクトバチルス・アシドフィルスは悪玉菌抑制、乱れた免疫バランスを改善する作用が有名ですね。カルピス社のサプリに配合されています。
  • ビフィドバクテリウム・ロンガムは大腸にすみやかに住み着き悪玉菌抑制、便通改善が多数報告されています。
  • ラクトバチルス・カゼイ/パラカゼイは免疫バランスを改善しアレルギー症状を改善する働きが報告されています。アレルナイトにも含まれています。

 

「Now ベリードフィラス キッズ」の注意点

注意点は、強いて言うならば味が美味しすぎて食べすぎてしまう事でしょうか・・・。タブレットに動物の顔が書かれているのでケンカになりやすいこともw

また、うちの息子は1日2粒食べてすこしお腹がゆるくなりましたので、1粒にしています。

上記の「プリマドフィラス」の30億個よりも少ない単位(20億個)から始められますので、乳酸菌サプリを飲むのが初めてのお子さんにもオススメかもしれませんね。^^

 

サプリのご紹介は以上です。^^

 

補足1)子供用サプリを選ぶ時に注意したいこと

補足までに、アトピーやアレルギーの子供はとても敏感なので、これらのポイントに注意して揃えていくと良いですよ、ということをまとめておきます。^^

  1. 子供の年齢に適した目安量が書いてあるか
    …特に最低年齢はチェック!○歳未満はNGというサプリもあり。
  2. 高品質か?
    …遺伝子組み換え原料の有無などの表示はあるか?
    …サプリメーカーは大手であれば安心です。特に製造工場がGMP認定であることは必須項目。
  3. アレルギー児に与える場合は必ずチェック
    …乳、大豆、ゼラチンなどの表示を確認。
  4. 「美味しい」と評判があるか
    …レビューをチェック。iHerbのレビューは世界中のユーザーからレビューがあるため豊富で、日本語に自動翻訳されています。

 

とくに、「子供向け」としては美味しいものじゃないと絶対に続きません。せっかくの健康管理なのにイヤイヤ飲ませても体は吸収してくれないそうですよ!(と仰るお医者さんがいらっしゃいました。)

なので、「味が美味しいかどうか?」うちの子にはどうかな?という点も重視しつつ、選んでいってくださいね!!^^

 

補足2)なぜ、アメリカのサプリ?

私が子供用の乳酸菌はアメリカのものをおすすめする理由は、アメリカと日本ではサプリに対する試験や安全性の確認のレベルに雲泥の差があるからです。

日本でのサプリメントの位置付けは「食品」なので、最悪「食品衛生法」さえ守れば販売できますが、アメリカではサプリメントは「食品」と「医薬品」の中間に位置付けされています。
発売には、日本でいう薬事法を扱うような団体である「FDA (Food and Drug Administration =食品医薬品局)」の厳しいチェックを受けなくてはいけません。研究ラボでマウスやヒト試験を行い、実験データを提示し、さらに動物実験で安全性を確認できないと販売できないほど厳しいのです。

また、日本のサプリは健康食品なので「飲むタイミング」が明示できず、メーカー側も曖昧にしか説明することができないというデメリットもあります。私たち消費者もなんとなくで飲むか、類似する医薬品の用法を参考にするしかありません。

一方、アメリカのサプリでは栄養素によっては「食前に飲む(できるだけ空腹時)」「脂肪分の多い食事と一緒に飲む」など細かい指示が書かれています。

さらに乳酸菌については菌の培養方法、抽出方法、配合方法が製造工程において厳しく管理されているため、余計な菌が混入してしまうリスクがありません。

つまり、「○○菌が○億個」と書かれていれば、本当にその内容を飲むことができるのです。

この点でもアメリカのサプリは確実性が高いので小さなお子さんにもオススメしています。

 

まとめ

というわけで、今回はちょっとたくさんのものをご紹介してしまいました。

1つの栄養素ごとにもっと詳しく知りたいという方は、いまページを準備中なのでお待ちいただけたら嬉しいです。。。

このページは「ビオチン療法サプリについてまとめて知りたい」と考える方に向けてまとめたので、参考にしていただけたら嬉しいです!!

 

このページでおすすめしたサプリを最安値&一撃で買う方法!

これらのサプリを買うならやっぱり「iHerb」が一番コストを抑える事ができます。

というわけで、

  • コストを抑えたい!
  • 買い回りするのが面倒・・・

という方に向けて、iHerbで使える「キッズ用ビオチンサプリのリスト(全品5%オフのクーポンコード付)を作りました。^^

このページでおすすめしたものをiHerbでイッキに見たい方は、コチラのリンクからジャンプすればOK。

必要なサプリだけをカートに入れてくださいね♪

 

※リンクからのご購入で5%オフ!
※iHerb新規・リピーターさんどちらも利用可能

 

あなたのお子さんに合ったサプリが見つかりますように・・・♡

 

追加情報

乳酸菌サプリのまとめページを追加しました!

こちらのページには乳酸菌選びのポイントなどもまとめてあるので、乳酸菌だけを摂りたい方はぜひチェックしてみてください。

 

 

◁前の記事

②年齢/体重別・ビオチン療法の用量と注意点

 

次の記事▷
③2歳未満にも飲みやすいおすすめサプリ

 

アトピー改善・体質改善のために行っていること

私たち家族が体質改善のために実践しているのは、

  1. スキンケア
    …お風呂、保湿グッズを選んでお肌をいたわる♪
  2. 睡眠不足の改善
    …良質な睡眠をぜったい確保!痒みで眠れないならすぐ対処する
  3. 腸内環境の改善
    …腸にやさしい食生活、体質改善サプリを摂る!

 

この全てを絶対頑張るというよりかは、まんべんなく7〜8割満たせるようにしています。

イライラすると痒くなるので(笑)、なるべくストレスにならないように続けています。

 

母親の私がイライラすると娘も痒くなるみたいなので(汗)、なるべく笑顔でいたいな〜って思っています。^^

-子供用サプリ
-, , , , , , ,

Copyright© 自宅でできる 3つの要素のアトピーケア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.