子供用サプリ

【アトピーの子供のためのサプリ】② 年齢/体重別・ビオチン療法の理想的な用法・用量

投稿日:2018年1月17日 更新日:

アトピーでかきむしってもろくなってしまった肌を改善する「ビオチン療法」ですが、子供に向けた情報はいまいち多くありません。

そこでこのシリーズでは、【アトピーの子供向けのビオチン療法】について説明しています。

 

  • ビオチン療法って何?何を飲めばいいの?
  • うちの子に最適な用量は?
  • おすすめサプリは?どこで買えるの?

こんなことが知りたい方に参考にしていただける内容です。^^

 

少し長くなるため、シリーズに分けてお伝えしています。

  1. ビオチン療法の進め方・使うサプリの種類とは
  2. 年齢/体重別・ビオチン療法の用量とは←今ここ!
  3. 子供でも飲みやすいおすすめサプリのピックアップ
    ・ビオチン、ビタミンC、乳酸菌

 

そして今回は【②年齢/体重別・ビオチン療法の用量・用法とは】について詳しく解説します。

 

アトピママ

お子さんのアトピー症状にお困りで、体質改善をしていきたい方は、ぜひ見てみてください。

 

※免責事項※はじめにご理解ください
この記事はネットの記事や処方薬の情報をもとに私が個人的に調査し、実践している方法について書いています。筆者(アトピママ)は医師ではありません。あくまで私たち親子がサプリを飲んでみた感想の記事です。感じ方には個人差があります。
サプリメントは健康食品であり、病気の治癒や健康増進を目的としたものではありません。様子を見ながら各自の責任で摂取するようにしてください。^^

 

子供の用量の計算方法は?

前の項目でご説明した通り、ビオチン療法では3種類のサプリ(ビオチン、ビタミンC、乳酸菌)を同時に飲みます

でも、3種類すべてが赤ちゃんや小さな子供にも飲めるように設計されているわけではありません。

つまり、一部のサプリは大人用に作られたものなので、子供の用量は、実際の体重にあわせて減らす必要があるんです。

 

アメリカのサプリは、キッズサプリであればラベル表示をチェックすれば大丈夫。

「6ヶ月〜1歳は○粒、1歳〜3歳は○粒」
「○歳未満には与えないこと」

などと表示がされています。

 

ちなみに、キッズサプリがない栄養素については、大人のものを体重換算して飲ませるようにします。

大人のものは「成人の平均体重60kg」を目安に配合されていますので、お子さんの体重に合わせて減らしてください。

ただ、大人用のサプリは子供に飲ませることを前提にしていないため、できるだけ子供用の表示が確認できるものを選んでいくことをオススメします。

 

「キッズサプリ」は他にもこんなメリットがあります

他にも、「大人用のサプリ」を体重換算して無理やり飲ませるよりも「キッズサプリ(子供用のサプリ)をあげる」ことのメリットは意外と多いです。

実際に私が子供たちに飲ませていて気づいたメリットはこんな感じでした♪

  • 子供用のサプリはほとんどがマルチビタミンにバランスよく配合されている
  • きちんと「キッズサプリ」として開発され、ラベルにも「栄養充足率」などが表示される
  • アトピーのないきょうだいも一緒に飲めるから「病気だから飲む」のではなく「一緒におやつを食べる感覚」で続けられる
  • 「お肌やお腹、体の調子が悪い=栄養失調とも考えられるので、栄養補給の観点でもメリットあり
  • アメリカのものは、甘味料として砂糖ではなくキシリトール等が配合されているため、虫歯予防にも繋がる

キッズサプリであっても大人も一緒に飲めるようなものが多いので、家族みんなで健康管理ができるのも嬉しいポイントですね^^

アトピママ

特にパパやママが美味しそうに食べてるのを見ると、子供は欲しくなるものですよね(笑)

 

こういった経緯から、最近は、我が家では2歳と4歳の子供たちには「手軽に食べられるキッズサプリ」をメインに選んでいます。

では、子供も食べられるようなサプリはどんな商品があって、どのくらいの量を食べれば良いのでしょうか。

それを次で解説していきます。

 



 

①子供用ビオチンサプリの用法・用量

ビオチンの子供用の用量は、大人の摂取目安量から体重をもとに算出します。

ただし、民間療法で推奨されているビオチンの量は、通常の処方量よりもかなり濃度が高いので注意が必要です。

どういうことか、ここで比較してみたいと思います。

 

【民間療法】各サプリの目安量

たとえば、民間療法では、こんな感じの処方量が推奨されています。

  • ビオチン(5000mcg)
  • ビタミンC(350mg)
  • ミヤリサン錠(40mg)
    →これを1セット×1日3回服用。

ただ、子供は学校とか園があって昼間は飲めない子が殆どで、実際は1日2回しか飲めないので1日あたりの目安量に直すと・・・

 

大人の場合、1日あたりの各サプリの目安摂取量

  • ビオチン(15,000mcg)
  • ビタミンC(1,000mg)
  • ミヤリサン錠(120mg)

となります。

まあビタミンCもミヤリサンも1日の摂取上限とそれほどかけ離れていないので良いのですが、問題はビオチンの量です。

 

【医療機関】ビオチンの目安量

民間療法では1日あたり「15,000mcg」の摂取が推奨されているビオチンですが、

一方、処方せんの情報を見ると、目安処方量は1日あたり「500〜2,000mcg」となっています。

(参照:**ビオチン散0.2%「フソー」|医薬品医療機器総合機構

 

民間療法と医師による処方にはこんなに差があるんですよね。ビオチンは水溶性なので排出されるとはいえ、あまりにもかけ離れすぎています。

民間療法15,000mcgに対して処方量500mcgというと、差は最大30倍にもなるということ。

大人なら良いですけど、子供にはちょっと怖くないですか?

アトピママ

万が一副作用が出てしまっても、子供が小さいとちょっとした体調の変化も上手に伝えることができないですしね。

 

というわけで、、、

本当は民間療法並みに実践してあげたいけれど、その気持ちをグッと我慢して・・・

ビオチンを「処方量通りの濃度」に修正すると、このような処方量になります。

 

ビオチンの「医療機関での処方量」体重別一覧表

体重 処方量(1日あたり) 民間療法(参考)
60kg 500〜2,000mcg 10,000〜20,000mcg
30kg
250〜1,000mg 5,000〜10,000mcg
20kg 170〜660mcg 3,333〜6,666mcg
10kg 85〜330mcg 1,666〜3,333mcg

 

こうして見ると、乳幼児だとかなり差がありますね。

アトピママ

民間療法だと1日1,666mcgだけれど、処方量だと85mcgですもんね。

おそるべし民間療法!!^^;

というわけで、成長過程の子供たちにはなるべく「安全策」を取ってあげるようにしましょう!

 

体重20kg未満のお子さんの「ビオチンサプリ」について

これは私が自分の子供たちの事を考えてみたときの結論なので、あくまで個人的な意見ですが、体重が20kgに満たないお子さんには、大人用のサプリはあげない方が良いと思います。

 

ビオチンは水溶性のビタミンで耐容上限量が設定されていませんが、ビオチンを単体で摂れるサプリは一番少ない物でも800mcgからで、体重が20kgの人の1日の摂取上限は660mcgなので、最大量を超えることになります。

なので、最大量を超えないためにも、初めから子供用に設定されているキッズサプリの利用をオススメします。

 

②子供用ビタミンCサプリの用法・用量

ビタミンCサプリについては諸説あるようですが、大人の場合は1日1,000mgが定説となっているようです。

これを体重別に直すと、こんな感じになります。

体重 摂取目安量
30kg
1日に500mg
20kg 1日に333mg
10kg 1日に166mg

ビタミンCも余った分は排泄されるので心配はないですが、あまりに多くをあげすぎても無駄になってしまうのは家計にもよくありませんね。

また、添加物などが体に負担になる可能性も捨てきれないので、なるべくお子さんの体重に合った目安量の摂取を心がけてくださいね。^^

 

③子供用乳酸菌サプリの用法・用量

民間療法でのビオチン療法では乳酸菌サプリは「ミヤリサン」と指定されていますので、ここではミヤリサンに絞って用量をお伝えします。

ちなみに「ミヤリサン」は2017年に製造終了となり、代わりに「強ミヤリサン」という名称になっています

 

強ミヤリサンは指定医薬部外品で、用法・用量は以下となります。

●強ミヤリサンの用法・用量
(下記用量を1日3回食後に服用。)

  • 15歳以上:1回3錠
  • 11歳以上15歳未満:1回2錠
  • 5歳以上11歳未満:1回1錠
  • 5歳未満:服用不可

強ミヤリサンは、大人の場合のメーカー推奨量では1日9錠となり、9錠中には宮入菌が270mg含有されています。

民間のビオチン療法の推奨量は1日120mgなので、メーカー摂取量の方が上回ってる珍しいケース。(笑)

というわけで、5歳以上の方はメーカー側の推奨量に従うのがベターと言えそうですね。^^

 

「強ミヤリサン」を見てみたい方はコチラ。

 

5歳未満のミヤリサンの用法・用量

「強ミヤリサン」は5歳未満は飲めないので、顆粒の「新ミヤリサンアイジ」というものを選びましょう。

商品ページでもチェックできますが、用法・用量をここにも記しておきますね。

●強ミヤリサンの用法・用量
(下記用量を1日3回食後に服用。)

  • 成人(15歳以上):1.8g
  • 8歳以上15歳未満:1.5g
  • 5歳以上8歳未満:0.9g
  • 1歳以上5歳未満:0.6g
  • 3ヵ月以上1歳未満:0.3g
  • 3ヵ月未満:服用不可

.

新ミヤリサンアイジは、大人の場合のメーカー推奨量では5.4gとなり、5.4g中には宮入菌が162mg含有されています。

つまり、新ミヤリサンアイジにおいても民間療法よりも摂取量が多いため、メーカー推奨通りに服用した方がベターと思われます。

.

「新ミヤリサンアイジ」を見てみたい方はコチラ。

 

補足ですが、新ミヤリサンアイジ、実はけっこう不味いです(笑)

ミヤリサンアイジはビタミンB2が入っているため顆粒の色が真っ黄色なのですが・・・

それが我が家の2歳児の「・・・ナンジャコリャ???」を芽生えさせてしまい、全然飲んでくれませんでした。

 

なので、我が家では私は「ミヤリサン」の代用としてアレルギーに効果があるとされる「ラクトバチルス・アシドフィルス」という種類の乳酸菌が入ったものを子供たちに飲ませています。

.

.

.

ビオチン療法のサプリ、飲むタイミングは?

この3つの成分は全部一緒に摂ると、お互いの吸収効率を上げるなどの相乗効果を発揮してくれます。

この3つについては、飲むタイミングはすべて食後がベスト。

吸収効率がよくなったり、体の負担が減ったりするメリットがあります。

 

また、ビオチンやビタミンCは「水溶性ビタミン」のため、一度に大量に摂っても余った分は排泄されてしまうため、できるだけ分割して飲むのが良いです。

アトピママ

最大摂取量とか、排泄されちゃうとか、ビタミン面倒ですよねぇ・・・

 

ただ、繰り返しになりますが、平日は子供は外で昼食を食べるので、

● 3種類を一緒に、朝食後・夕食後に分けて飲む。

と覚えておけば親御さんの気持ちもラクになれるかと思います。^^

 

ちなみに、我が家ではまだ子供たちが小さいのと、あれこれ飲ませるのはなぁ・・。という考えから、ビオチンとビタミンCは「キッズマルチビタミン」に集約して飲ませてます♪

アトピママ

「ビオチン療法」としてガチガチに固めるというよりも、全体的にビタミン&ミネラルを補いたいという考えで実践してます。

.

まとめ

というわけで・・・今回は、子供にビオチン療法を行うときの用法・用量についてまとめてみました!

私は実際に子供たちが1歳と3歳の頃から飲ませてきたので、飲ませ続けてる間に心配になったり、この方がラクかな〜という点を交えてお伝えしてみましたが、

親御さんの考え方もお子さんの味覚もそれぞれでしょうから、「どういったサプリでどういう用法・用量にするか?」は実際には親御さんが判断されてください。^^

 

アトピママ

次の記事から、私が子供たちに実際に飲ませている/飲ませていてよかったサプリをいくつかご紹介していきますね!

アトピー改善・体質改善のために行っていること

私たち家族が体質改善のために実践しているのは、

  1. スキンケア
    …お風呂、保湿グッズを選んでお肌をいたわる♪
  2. 睡眠不足の改善
    …痒みで眠れないなら良質な睡眠をぜったい確保!
  3. 腸内環境の改善
    …腸にやさしい食生活、体質改善サプリを摂る!

 

この全てを絶対頑張るというよりかは、まんべんなく7〜8割満たせるようにしています。

イライラすると痒くなるので(笑)、なるべくストレスにならないように続けています。

 

no name

母親の私がイライラすると、娘も痒くなるみたいなので、なるべく笑顔でいたいな〜って思っています。^^

 

-子供用サプリ
-, , , , , , ,

Copyright© 3 Elements Atopy Care 〜3つの要素のアトピーケア〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.