子供用サプリ

【アトピーの子供のためのサプリ】① ビオチン療法の進め方・使うサプリの種類とは

投稿日:2018年1月18日 更新日:

アトピママ

こんにちは!
すっかりアトピー博士みたいになってきた、アトピママ です。

 

先日、2歳のお子さんのアトピーをケアされているお母様から、こんな趣旨のご質問を受けました。

ご質問者さん

「しみずの無添加ボディーソープ」を使って子供の体のアトピーが改善されたのですが、100%ではありません。

今度は「ビオチン療法」を試してみたいけれど、子供用の情報があまりなく、子供でも飲めるおすすめのサプリはありますか?

 

「しみずの無添加ボディーソープ」は配合成分に「ビオチン」が含まれており、お肌の外側から栄養を補給できることが特徴で、肌質を強くしてくれる効果が期待できるので当サイトでおすすめしているのですが・・・

(わがやは愛用して1年経ちました。^^ 詳細はコチラ

 

確かに、「ビオチン」を外から加えて改善したなら、内側からも加えればもっと効果が出るのでは?という推測はできますね。

 

小児アトピーは成長につれて改善が望めると言われていますが、スキンケアとステロイドだけじゃアトピーがスッキリ治りきらないケースはやっぱりあると思います。

アトピママ

我が家のアトピっ子な娘(生後半年〜2歳手前までアトピー)も外側ケアのみではダメでした。

 

なので「ビオチン」を内側から摂るようにしたらいいんじゃないか?っていうお話しですね。

アトピママ

うちの娘も体調管理のためにサプリ療法を続けてアトピーが再発していませんよー!

 

というわけで、今回は、【子供のビオチン療法の基本的なこと】についてまとめてみたいと思います。

お子さんのアトピー症状にお困りで、体質改善をしていきたい方は、ぜひ見てみてください。

 

●【CHECK!】この記事はこんな人向けです

  • ビオチン療法って何?
  • 実際には何を飲めばいいの?
  • どこで買えるの?
  • 処方してもらえるの?
  • うちの子に最適な用量は?
  • うちの子におすすめなサプリは?

こんなことが知りたい方に参考にしていただける内容です。^^

実際におすすめのアイテムも年齢によって違ったりするので、少し長くなるため、シリーズに分けてお伝えしていきます。

  1. ビオチン療法の進め方・使うサプリの種類とは←今ここ!
  2. 年齢/体重別・ビオチン療法の用量・用法
  3. 子供でも飲みやすいおすすめサプリのピックアップ
    ・ビオチン、ビタミンC、乳酸菌

 

今回は【①ビオチン療法の進め方・使うサプリの種類】についてです。

サプリ療法全般が初めての方はぜひお読みください。^^

 

※はじめにご理解ください※
この記事はネットの記事や処方薬の情報をもとに私が個人的に調査し、実践している方法について書いています。筆者(アトピママ)は医師ではありません。あくまで私たち親子がサプリを飲んでみた感想の記事です。感じ方には個人差があります。
サプリメントは健康食品であり、病気の治癒や健康増進を目的としたものではありません。様子を見ながら各自の責任で摂取するようにしてください。^^




.

ビオチン療法とは?

ビオチン療法のことをご存知ない方のために、簡単にご説明しておきますね。

■「ビオチン療法」とは?

一部の皮膚科において「ビオチン療法」を実践しています。(保険適用あり)

ビオチンと併せて他のサプリを継続的に服用することで、小児アトピー、乳児湿疹の治療例が多く報告されているようです。

詳細のほどは不明ですが、一般的にビオチン療法を行う時は、ビタミン剤等の飲み薬が処方されるようです。

(我が家では、ビオチン療法を求めて内科や皮膚科を訪ね歩きましたが、ビオチン療法は実施してもらえませんでした。理由はこちらのページです)

 

■処方薬「ビオチン剤」の詳細情報(例)

例)ビオチン散 0.2%
効果・効能:急性湿疹、小児湿疹、脂漏性湿疹、接触皮膚炎、慢性湿疹、尋常性ざ瘡。
用法・用量:1日0.5~2mg(本剤0.25~1g)を1~3回に分割経口投与(成人の場合)
参考元: ビオチン散0.2%「フソー」基本情報 | 日経メディカル

 

ビオチンって何?

正式には「ビタミンB7」。「ビタミンH」とも呼ばれています。

ビタミンB群の一部としてお肌の健康を守ってくれていて、体内で「糖分、脂肪、蛋白」の代謝にかかわる4種類の酵素をサポートする重要な役割を担っています。

不足すると体内の免疫機能や代謝がスムーズに機能しなくなり、掌蹠膿疱症やアトピー性皮膚炎などの皮膚病を招くとされています。

アトピママ

大人用のビオチンについてのページにも書いてありますが、ここでも詳しく解説しますね!

 

ビオチンのはたらき

ビオチンには、食べたものを消化分解・吸収する酵素をサポートし、体に必要な栄養素を吸収しやすい形にしてくれる働きがあります。

体内でのコラーゲン生成を促す働きがあり、お肌のターンオーバーをキープしてくれる効果も。

 

毎日の食事から吸収したり、腸内で乳酸菌が作り出してくれるのですが、

生活環境や腸内環境の悪化によってビオチンが不足してしまうことがわかっています。

 

ビオチンが不足する原因

ビオチンはビタミンなので、余った分は体内に溜めておくことができないばかりか、体のあちこちで必要な栄養素なので、不足しやすいと言われています。

特にビオチンが不足しやすいと考えられている原因は、

  • ストレス、睡眠不足、食生活などが原因で腸内環境が悪化して消費される
  • ビオチンを生み出す善玉菌の動きが鈍り、産生量が減る
  • 喫煙によって消費される
  • ヨーグルトなど「ビフィズス菌」を含む食べ物で消費される
  • 生卵の常食で大量に消費される
  • 脂肪の摂りすぎで大量に消費される

こんなことが挙げられます。

 

ビオチンが不足すると起こるトラブルは?

ビオチンが体内で不足すると、こんなトラブルが起こるようになります。

  • 食べたものを分解吸収しにくくなるため、栄養吸収率が低下する
  • ビオチンをエサとする善玉菌が減少する
  • 抗体がうまく作られず、アレルギーが悪化する
  • コラーゲン不足、血流不全によりお肌の再生力・バリア機能が低下する

 

善玉菌不足、コラーゲン不足、バリア不足って、全部アトピー関連じゃないですか!

アトピママ

そうなんです。どれもアトピーに関して重要な項目ですよね。これはなんとかしないとマズイです。

具体的な「ビオチン療法」の進め方を見ていきましょう。

 

 



 

一般的な「ビオチン療法」の進め方とは

実は「ビオチン療法」とは言いますが、飲むサプリはビオチン1種類だけではなく、他の栄養素と一緒に摂って、複合的な改善効果を狙っていくという方法になります。

メインの目的が「体内のビオチンを増やすこと」なので、「ビオチン療法」というのはただ単にサプリを飲むだけではなく、食事療法も合わせるともっと効果的と言われています。^^

 

なので、メインアイデアとしては、

①ビオチン療法に必要なサプリを摂りつつ、

②ビオチン豊富な食事を心がける

というイメージになります。

アトピママ

ビオチンが豊富な食材については、別のページにまとめていきますので、そちらをご参照ください。^^

 

ただ、食事療法は実践が難しいことも・・・

食事療法は一番自然な方法なので、ぜひ実践していきたいものですが・・・・

小さなお子さんの場合は、食べムラや好き嫌いがあってなかなか思うように実践できないことがあります。

アトピママ

うちの娘はまだ1歳、卵アレルギーの野菜嫌いもあったので、あんまり食事療法向きではありませんでした。

そこで私が取り入れたのがサプリでした。

 

サプリをプラスして、管理がぐっと楽に!

サプリも味の違いはありますが、甘くて美味しいものを選べば、お薬が苦手な小さな子でも食べてくれる可能性がすごく高くなります。

うちの子も兄妹そろって楽しく続けられています。^^

それに、毎日、サプリを子供に飲ませるだけなのでとっても簡単で続けやすいのがポイント。

アトピママ

出来るだけ献立を考えたりはしますが、食べてもらえなかった時のストレスや料理の負担がぐっと軽くなったのも嬉しかったです!

 

お子さんのアトピー改善ってそれでなくても親にとってはストレスになるじゃないですか?

お子さん自身も、痒くてめっちゃストレスだし・・・。

なので親子そろってアトピー闘病のストレスを少しでも減らして欲しいと思います。

 

というわけで、ビオチン療法のために飲むサプリはこちらの3種類!^^

 

ビオチン療法に必要なサプリとは

ビオチン療法に必要なサプリは、「ビオチン、ビタミンC、乳酸菌」の3種類です。

各栄養素のはたらき・機能を具体的に言うと・・・

  1. ビオチン:
    善玉菌のエサになる、お肌の栄養になる
  2. ビタミンC:
    抗酸化作用、悪玉菌を殺菌する、ビオチンの吸収を助ける
  3. 乳酸菌:
    悪玉菌を抑制、ビオチンを生み出す、免疫バランスを整える

こんなかんじですね。^^

 

ビオチン療法サプリのそれぞれの働き

働きはそれぞれ異なるけれども、

この3つの成分はすべて腸内の善玉菌を応援したり、悪玉菌をやっつけるような機能を持っているというようなイメージです。

 

もっと詳しく話すと・・・

ビオチンは腸内の善玉菌のエサになったり、また乳酸菌によって生み出されたりと、「善玉菌や乳酸菌と良い相関関係」にあります。

ビタミンCも善玉菌のエサになったり、悪玉菌を弱らせたり、時には殺菌してくれることも。

乳酸菌は、菌の種類にもよりますがビタミンCやビオチンを食べて元気になったり、悪玉菌を抑制したりしてくれて、さらに悪玉菌によってアンバランスになってしまった免疫機能を改善してくれます。

 

こんな感じで、お互いに協力関係にあって、わたしたちの体に良い変化をもたらしてくれるようになる。ということなんですね。^^

 

アトピママ

それぞれの機能については、各ページでなるべく詳しくご説明していく予定ですので、都度確認してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は【① ビオチン療法の進め方・使うサプリの種類とは】についてまとめてみました。

アトピママ

ちょっと細かくなってしまいましたが、参考になったら嬉しいです。^^

 

最後に今回のおさらいです。

  1. ビオチン療法とは
    →食事やサプリで体内のビオチンを増やし、体の健康を取り戻すサプリ療法!
  2. ビオチン療法の進め方
    ・食事とサプリを平行して行う
    →子供が小さいうちは食事療法が難しいため、手軽なサプリをメインにしていく!
  3. ビオチン療法に必要なサプリとは
    ・ビオチン
    ・ビタミンC
    ・乳酸菌
    →3つの成分が相乗効果となって体質を変えていく!

こんな感じですね。

 

ビオチン療法について基本情報がわかったところで、次は【②年齢別の用量・用法】について確認していきましょう。

  1. ビオチン療法の進め方・使うサプリの種類とは←今ここ!
  2. 年齢/体重別・ビオチン療法の用量・用法←次の記事
  3. ビオチン療法サプリを揃える方法
  4. 子供でも飲みやすいおすすめサプリのピックアップ
    ・ビオチン、ビタミンC、乳酸菌サプリ

 

※現在準備中です。お急ぎのところ申し訳ございませんが、頑張って調査しているので少しお待ちくださいm(_ _)m

 



アトピー改善・体質改善のために行っていること

私たち家族が体質改善のために実践しているのは、

  1. スキンケア
    …お風呂、保湿グッズを選んでお肌をいたわる♪
  2. 睡眠不足の改善
    …痒みで眠れないなら良質な睡眠をぜったい確保!
  3. 腸内環境の改善
    …腸にやさしい食生活、体質改善サプリを摂る!

 

この全てを絶対頑張るというよりかは、まんべんなく7〜8割満たせるようにしています。

イライラすると痒くなるので(笑)、なるべくストレスにならないように続けています。

 

no name

母親の私がイライラすると、娘も痒くなるみたいなので、なるべく笑顔でいたいな〜って思っています。^^

 

-子供用サプリ
-, , , , ,

Copyright© 3 Elements Atopy Care 〜3つの要素のアトピーケア〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.