子供用サプリ

【アトピーの子供のサプリ】基本情報と、種類・用量の計算方法【ビオチン療法】

更新日:

小児アトピーは成長するにつれて改善すると言われていますが、

それでも炎症の状態が酷い時って、スキンケアとステロイドだけじゃアトピーがスッキリ治らないというか、イマイチ不十分なケースがあると思います。

我が家のアトピっ子な娘(生後半年〜2歳手前までアトピーでした)も外側ケアのみではダメでした。

 

娘はガサガサ・ボロボロ・睡眠不足が酷かったです。

  • 小児科で「抗ヒスタミン剤」
  • 皮膚科で「ステロイド剤」
  • 漢方内科で「漢方薬」

を処方してもらい、対処療法&体質改善を平行して治療をしましたが、やっぱりそれだけでは減薬は難しくて、漢方は次第に飲んでくれなくなったので、

「子供でも美味しく飲めて、アトピーの体質改善になるような薬はないの?」と探しまわり、ようやくサプリ療法に出会いました。

その甲斐あってか、娘はお薬を徐々に減らすことができて、アトピーを克服できました。

アトピママ
現在は、アトピー再発予防のために「サプリ療法」と「スキンケア」を継続しています。^^

 

さて、今回は、以前頂いたリクエストを元にまとめてみます。

ご相談者さんは2歳のお子さんがアトピーで、こんな趣旨のご相談を受けました。

アトピさん
しみずの無添加ボディーソープ」を使って体のアトピーが改善されたので、今度は「ビオチン療法」を試してみたいです。
アトピママ
確かに「ビオチン」を外から加えて改善したなら、内側からも加えればもっと効果が出るのでは?という推測はできますね。

 

というわけで、今回は【子供のビオチン療法】についてまとめてみたいと思います。

 

【CHECK!】この記事はこんな人向けです

  • ビオチン療法、どんなアトピーに効果がありそう?
  • 一番スタンダードな治療法はどんな方法がある?
  • 実際には何を飲めばいいの?
  • 低年齢の子供に最適な用量は?
  • うちの子はお薬が苦手!飲みやすいものはある?

実際におすすめのアイテムもご紹介しますので、少し長くなります。
そのためこの記事は、シリーズに分けてお伝えしていきます。

今回は「子供用のビオチン編」です。

※はじめにご理解ください※
この記事は私たち親子がサプリを飲んでみた感想の記事です。効果には個人差があります。
サプリメントは健康食品であり、病気の治癒や健康増進を目的としたものではありません。また体調に変化が現れることもあるかと思いますので、様子を見ながら各自の責任で行ってくださいね。^^

 

それでは早速ご解説!

ビオチン療法とは?

ビオチン療法のことをご存知ない方のために、簡単にご説明しておきますね。

■「ビオチン療法」とは?

一部の皮膚科において「ビオチン療法」を推奨・実践しています。(保険適用あり)
ビオチンと併せて他のサプリを継続的に服用することで、小児アトピー、乳児湿疹の治療例が多く報告されています。

処方薬「ビオチン剤」の詳細情報

例)ビオチン散 0.2%
効果・効能:急性湿疹、小児湿疹、脂漏性湿疹、接触皮膚炎、慢性湿疹、尋常性ざ瘡。
用法・用量:1日0.5~2mg(本剤0.25~1g)を1~3回に分割経口投与(成人の場合)
参考元: ビオチン散0.2%「フソー」基本情報 | 日経メディカル

ビオチンとは?

=正式には「ビタミンB7」。「ビタミンH」とも呼ばれます。

通常は、普段の食物から吸収したり、腸内で乳酸菌が作り出すもので、ビタミンB群の一部としてお肌の健康を守ってくれていますが、生活環境の悪化によって不足するとアトピーが悪化してしまう事が知られています。

  • ビオチンの働き
    -お肌のスムーズな代謝を改善
    -アトピーの痒み物質を抑制
  • ビオチンが不足する原因
    -ストレス、睡眠不足、食生活などが原因で腸内環境が悪化して不足
    -悪玉菌によってビオチンが破壊
    -喫煙によって消費
    -ヨーグルトなど「ビフィズス菌」を含む食べ物で消費
    -食べ物では、特に生卵の常食で消費
  • ビオチンが不足すると・・
    -栄養吸収率が低下
    -乳酸菌が減少
    -お肌の再生力・バリア機能が低下
アトピさん
ヨーグルトは体にいいはずでしょ?アトピーにも良いんじゃないの?
どうしてヨーグルトを食べるとビオチンが不足するの?
アトピママ
普通の人にはビックリ事実ですよね!
でも残念ながら、ビフィズス菌がビオチンを食べてしまうので、ダメなんです。
アトピさん
ヨーグルト好きなのに、食べちゃダメなんですか…
アトピママ
ヨーグルト好きなら、ケフィアヨーグルトやラブレ菌などの植物性乳酸菌が入ったものならOKだと思いますよ!
ただし、体調を見ながら実践してくださいね。

 



 

それでは、次は具体的な「ビオチン療法」の進め方です。^^

 

子供のアトピーにおすすめ「ビオチン療法」の進め方

私たち親子が実際にチャレンジした方法について解説しますね。

方法はとっても簡単で、ただ必要なサプリメントを子供に飲ませるだけ。

飲むサプリはこちらの3種類です。

ビオチン療法に必要なサプリの種類

  1. ビオチン
  2. ビタミンC
  3. ミヤリサン(宮入菌)などの乳酸菌
    乳酸菌の種類は医師の考え方によって左右するものと思われます

ビオチン、ビタミンC、乳酸菌ですね。

この3種類はそれぞれ働きが異なりますが、全部一緒に摂ると、お互いの吸収効率を上げるなどの相乗効果を発揮してくれるメリットがあります。

これを皮膚科で処方してもらうか、自分で市販品を揃えることになりますが、結論から言うと自分で揃えた方が早いです。

ちょっと蛇足になりますが、「え?!なんで?」と思われた方のために簡単にご説明しておきます。^^;

皮膚科で処方してもらう方法の注意点

実は、私も「子供のアトピーにはビオチン療法」ということを知った時・・・

アトピママ
同じ治療なら、お医者さんに診て頂きたいな。

と思いました。やっぱり自己流はなるべく避けたいですものね。^^

 

でも、「ビオチン療法実施」とHPに書いてある皮膚科に行ってみても、ステロイドを塗っていないという理由から、ビオチンの処方はしていただけず・・・ステロイドだらけの処方箋が出ました。

なので、現在脱ステロイドを行なっている方は、全部自分で揃えることしかできません。

私も当時は娘にステロイドを使っていなかったので、結局、すべてネットで買い揃えることになりました。

(これについては、いつか別の記事で詳細をご説明したいと思います。)

 

 処方が難しいなら、ビオチンサプリはどこで買えるの?

「ビオチン療法」と検索を進めていくと、自力で揃える民間療法のサイトも混じってきますね。

やっぱり皆さん独学でやらないといけないんだよね・・・と変に納得。(^^;

というわけで、子供にビオチン療法を試してみる際も、やっぱり市販のものが第一選択肢になってきます。

ただ日本のものはあまり良いものがない(これは大人と一緒の現象です)ので、モノによっては、海外製のサプリを手に入れる必要があります。

おすすめは「楽天」「iHerb」の2択

子供にも飲めるサプリが豊富に揃っているのは、今の所「楽天」と「iHerb」です。

この2社なら品揃えも豊富だし、5,000円前後買えば送料無料になるので比較的費用も抑えることができてお得です。^^

なおアマゾンは、送料が膨らむケースがあり、子供のサプリに関しては品揃えが悪いので除外しています。(2018年6月しらべ)

 

どんなサプリを選べばいい?

ビオチン療法は3つもサプリを揃えるので大変なのですが、これらのポイントに注意して揃えていくと良いです。

  1. 子供の年齢に適しているか
    (キッズサプリの場合)
  2. 高品質か
    (遺伝子組み換え原料の有無など)
  3. アレルギー項目がないか
    (乳、大豆、ゼラチンなど)
  4. 「美味しい」と評判があるか
    (レビューをチェック)

・・・と書きましたが、正直色々ありすぎるし英文だし、途中でわからなくなってきます^^;

 

アトピママ
私も自分自身のものを揃えるのですら結構時間がかかりました。
iherbでの子供用のキッズサプリは種類が結構あって、年齢制限もあるので迷いまくりました。

 

でも、子供にあげるものは特に高品質なものを用意してあげたいので、口コミを見つつ(iHerbは口コミがとても多いです。インターナショナルなサイトなので日本語レビューは少ないですが^^;)判断して揃えていくと良いと思いますよ!

 

さらに「子供向け」としては美味しいものじゃないと絶対に続かない!!

なので、「味が美味しいかどうか?」うちの子の味覚にはどうかな?という点も重視しつつ、選んでいきましょう。^^

 

子供のアトピーに最適な用量の計算方法

前の項目でご説明した通り、ビオチン療法では3種類のサプリ(ビオチン、ビタミンC、乳酸菌)を同時に飲みます

でも、3種類すべてが赤ちゃんや小さな子供にも飲めるようには設計されているわけではありません。

つまり、一部のサプリは大人用に作られたものなので、子供の用量は、実際の体重にあわせて減らす必要があるんです。

 

アメリカのサプリは、キッズサプリであればラベル表示をチェックすれば大丈夫。

「6ヶ月〜1歳は○粒、1歳〜3歳は○粒」
「○歳未満には与えないこと」

などと表示がされています。

キッズサプリがない栄養素については、大人のものを体重換算して飲ませるようにします。

大人のものは「成人の平均体重60kg」を目安に配合されていますので、お子さんの体重に合わせて減らします。

(個別の栄養素のページでも詳しく説明しようと思います。)

 

小児科でも、飲み薬を処方する時は現在の体重を確認しますよね。これはお薬の適正量を算出するためで、同じ原理です。

ただ、大人用のサプリは子供に飲ませることを前提にしていないため、できるだけ子供用の表示が確認できるものを選んでいくことをオススメします。

 

基本情報は以上になります。

アトピママ
まずはお疲れ様でした!^^

 

次の記事から、私が娘に飲ませている/飲ませていたサプリをご紹介していきます。

 

サプリが初めての方の中にはいきなり「低月齢のお子さんに3種類同時に与える」ということに抵抗を感じる方も多いと思いますので、

一気に3種類をご紹介するのではなく、

必要な順(ビオチン、乳酸菌、ビタミンC)でご紹介していきますね。^^

(※重要度には諸説ありますが、あくまで私自身や子供に飲ませていて、効果があるかな〜と考えている順にしています。ご了承くださいm(_ _)m)

 



-子供用サプリ
-, , , , ,

Copyright© 3 Elements Atopy Care 〜3つの要素のアトピーケア〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.