サプリメント

【サプリの選び方】気になる栄養素、アトピーの悩みから探す

投稿日:2018年5月8日 更新日:

サプリを用いて慢性疾患を治療する「分子栄養学」、最近TVでも話題ですね。^^

「分子栄養学」はTVの健康番組で引っ張りだこの「新宿溝口クリニック」の溝口院長が提唱している治療法で、耳にした事がある方も多いのではないかと思います。ただ、病院での治療はまだ健康保険適用外なため高額になりがちです。

なので私は自力でサプリを試していて、その結果をここにまとめています。

高額な医療費が不安な方や、自分で様子をみながら進めていきたい方はチェックしてみてください。

 

栄養素別サプリ表

まずは栄養素別です。

サプリの栄養素 期待できること まとめページ
ビオチン療法
に必要なもの
乳酸菌 ・腸内環境改善
・アレルギー抑制
乳酸菌サプリランキング
ビオチン
(ビタミンH)
・肌の栄養不足の改善
・アレルギー抑制
アトピーにビオチンが必要な理由
最安値で買う方法(大人用)
子供用ビオチンサプリ
ビタミンC ・抗菌作用(カンジダ含む)
・ビタミン類の吸収率アップ
その他
気になる体調にあわせて


ケルセチン ・抗炎症作用
・ヒスタミン分泌を減らす
ケルセチンのアトピーへの効果
L-グルタミン ・傷ついた腸壁修復
・腸過敏症の改善
・アレルギー抑制
アトピーに腸壁修復が必要な理由
最安値で買う方法

 

アトピーの悩み表

悩みは複合的に現れていると思いますが、最優先したい悩みがある方はコチラを参照してみてください。

→右方向にスクロールできます。(モバイルなど)

悩み・症状  悩み・症状  悩み・症状
●夜痒くて全然眠れない
・日中よりも夕方や夜の方が痒みが強い
・ベッドに入るとムズムズ
・痒みが強くかきむしってしまう
●お腹の調子がよくない
・サプリの効きがよくない
・慢性的に下痢、便秘である
●肌が弱い(もろい)
・すぐに肌が破れてしまう
・皮膚が薄い
・落屑、粉を吹いている
最優先事項  最優先事項  最優先事項
睡眠不足の解消
→睡眠ケア
腸内環境の改善
→リーキーガット(LGS)ケア
肌の栄養不足の改善
ビオチン療法
必須サプリ  必須サプリ  必須サプリ
睡眠ケア
安眠ハーブ
LGSケア
乳酸菌
L-グルタミン
ビオチン療法
乳酸菌
ビオチン
・ビタミンC

なお、小さなお子さんの場合は、安眠ハーブとL-グルタミンが服用できませんのでビオチン療法から試してみてください。

小さいお子さんのビオチン療法のサプリの記事はこちら>

 

そもそも、どうしてサプリなのか?

分子栄養学専門医の医師らによると、サプリが効きにくいのは腸の状態が悪かったり、その他の栄養状態によって、栄養素の吸収率が低くなるからだそうです。

食べ物で腸内環境を立て直して→足りない栄養素を食物から摂るというアプローチでは遅いため、治療法のメインとしてサプリを用いることで治療経過のスピードアップが測れるとされています。

一方で、病院を受診するなら、総合検査(血液検査、便検査、毛髪ミネラル検査など)をして、現在の体内の状態をある程度推測しサプリを見繕っていきます。そして、経過を見ながらトライ&エラーを繰り返していくことになります。

ただ、病院でここまでやるだけで数十万の費用がかかります。サプリは薬と違って効き始めるのに数ヶ月〜かかる場合があるため、効き目の判定に時間がかかるのもデメリットです。(詳しくは病院で治療した場合に関するページをどうぞ)

私の場合は、近隣にサプリ療法のできる病院がなかったのと、そこまでするお金も時間もなかったので、自力でサプリをどんどん試していった。というワケです。

 

サプリとの付き合い方

サプリにも色々な種類があります。

ビタミンCひとつ取っても、本当に色々あります。

もし、あるサプリが体に合わなくても、「飲むタイミングを変えたら副作用がなくなった」とか「メーカーを変えたら効き目を感じた」というケースもあるようです。

これはサプリの添加物や各栄養素の配合量によって変わるためのようです。

例えば、私は胃が強いのでサプリや薬で胃痛を起こした経験がないのですが、胃の弱い読者さんにご相談をいただき他のサプリをおすすめしたところ、大丈夫だったということがありました。

なので体質に合わなければすぐに中断することを念頭には置きつつ、諦めずにチャレンジしていくと良いと思います。

がんばりましょう!!!

■サプリを飲む前に確認すること

サプリは健康食品です。サプリを飲むことによって疾病が治癒したり、健康になるものではありません。また、現在、服用している医薬品がある、または通院している持病などがある場合は、飲み合わせの不具合や体調不良が起きないように、必ず事前に医療機関にご確認ください。

 

アトピー体質を改善するために気をつけたいこと

乾燥肌の体質、じゅくじゅく体質、消化機能が弱い体質・・・体質は人それぞれです。
季節によって変わるし、花粉や空気の乾燥、ストレスも。

心も体も敏感で、外から揺さぶられやすい。それがアトピーですから、ぜったい完治!というよりも「なるべく出ないようにする」と考えた方がずっとラクなはず。

私たち親子は、アトピー体質改善のためにこんな事に取り組んでいます。

  1. スキンケアの徹底
    …低刺激の洗浄料は必須!! ボディーソープランキング
    …塗った後痒いなら、保湿剤も見直す。
  2. 睡眠不足の改善
    …睡眠時間はゼッタイ確保!理想は7時間。痒みで眠れないのは不眠の始まりです(;;) 安眠サプリなどで対処を(10歳以上)。
  3. 腸内環境の改善
    腸にやさしい食生活サプリで効率よく栄養を補う。

すべてを頑張るより「まんべんなく7〜8割満たせるようにする」のが私のオススメです。

アトピーにストレスは禁物!なるべくストレスにならないように続けてくださいね♪

あなたのアトピー改善に少しでもお役に立てたら嬉しいです。^^

 

【おすすめ基礎知識】
自宅でアトピーをケアする上で大事な基本知識はここから学びました。
内容はちょっとシブいですが、正統派の内容です。^^
アトピーを90日で改善する方法~7つの秘訣~

-サプリメント
-, , ,

Copyright© アトピママ.info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.