プチ断食&デトックス

【スムージー】アトピーのために継続してみて分かった4つのデメリット

投稿日:2019年1月24日 更新日:

こんにちは♪マミーです。

私なりに色々やってみてたどり着いた結論なのですが・・・。

スムージーは面倒すぎました。

アトピママ

本当に面倒すぎでした。

我が家は共働きで時間に余裕がないので、アトピー体質改善のためとはいえ、本当に面倒でした・・・(TT)

他にも続けていくうちにデメリットを発見しましたので、ここにまとめておきます。

スムージーよりもっと簡単な方法があるので、もし、アトピーを良くしたくて、デトックスとして「スムージーをやりたい」と思っている方がいらっしゃるなら・・・この記事を読んでみてください。

 

スムージーのデメリット① メンテナンスが面倒!

まず1つ目は「メンテナンスが面倒」な点です。

私は、じつはスムージー生活をしていた頃は、まだ結婚したばかりで朝の時間に余裕がありました。当時はヘルシー嗜好で、特にアトピーは出ていなかったのでただ単に気まぐれで飲んでいました。

・・・ですが、今は小さい子供がいて、大人のお弁当作り〜パパ送り出し〜子供を保育園へ送り出し〜出勤!!と朝からかなりバタバタしています。

そんな中で、いちいち機械を分解してパッキンを洗って刃のお掃除をして・・・共働きの身にはムリがありました(TT)

スロージューサーなんかは、そこにさらに「濾し」が加わるので、尚の事お掃除が大変そうです。

 

そもそも、スムージーって続けないと意味がないじゃないですか。もちろん週末の楽しみにはなるので、今でもたまーにスムージーは作りますけど、そんな頻度では体質改善なんて望めませんので楽しみ程度です。。。

 

スムージーのデメリット② 食材の調達が難しい!

スムージーには新鮮なフルーツとお野菜が欠かせないです。

特に新鮮な小松菜やケールは、ヘルシーなスムージー作りに必須!

ですが、共働きの家庭にとって、食材調達できるタイミングは週末のみ。週末のスーパーにちょうど良いタイミングで新鮮な食材が手に入ればいいのですが、結構難しいこともありました。

しかも、週の半ばを過ぎると、食材が傷んできてしまうんです。

食材はフレッシュなものでないと、逆にアトピーには悪いようなので、不安な気持ちでスムージーを作ることもありました。

アトピママ

今思うと精神的によくなさそう?

また、朝から生ゴミが大量に出るので、処理も面倒でした。

ちなみに、新鮮なお野菜が手に入らないときは、フルーツだけでスムージーを作り、青汁パウダーを混ぜて飲んでました。それで、だんだん「それなら青汁だけでよくない?」と思うようになっていきました・・・。笑

 

スムージーのデメリット③ メニューを分けるが面倒!

メニューを分けるのも面倒でした。

とくにバナナやリンゴの入ったスムージーは子供達が飲みたがる!^^;

始めは「美味しいし、カラダにいいからね♪」と子供達にもリンゴやバナナのスムージーを飲ませることに。(小松菜入りは不評だったので子供達はフルーツスムージー)

そしたら、毎朝家族みんなでフルーツスムージーを食べていたからか、我が家の食費のエンゲル係数がとんでもないことに!!(汗)

 

スムージーのデメリット④ 牛乳はアトピーに良くない?

フルーツスムージーを作るときは、冷たい牛乳か冷たい水を使いますが、それがアトピーには良くないことが途中で分かりました。

日本人には「乳糖不耐性(にゅうとうふたいしょう)」という症状が出やすい体質の人がいて、加齢とともに起きることもあるそうです。

「乳糖不耐性」についての解説をご紹介しますと、

乳糖不耐症とは、牛乳に含まれている乳糖を分解する酵素がないか、酵素の働きが弱いために牛乳を飲んだときに下痢やお腹の張りを訴える症状のことです。ある報告によれば、日本人の10-20%もの人が牛乳を飲むとこのような症状を呈し、牛乳を飲んでいないとのことです。

不耐症とはいかにも病気のような名前ですが、一般には「病気」と呼ぶほど深刻なものではなく「体質」と呼ぶべきものなのです。

乳糖分解酵素の働きの強弱は人種により特徴があり、日本人などのアジア系の人達は弱く、ヨーロッパ系の白色人種は強い傾向にあります。

引用元:牛乳を飲めない人のために-乳糖不耐症について- 著者:農林水産省畜産試験場 加工第一研究室長 

コレ、私もその1人です。^^;

リーキーガット症候群になっている人は乳糖不耐症にもなりやすいという情報もあります。

詳細は別の記事でお伝えしているのですが、リーキーガット症候群になっている時は、普段よりも食物アレルギーを起こしやすいようです。

慢性化したアトピーは「リーキーガット症候群」のサイン?7つの症状と原因は?>>

私も、食物アレルギー検査では乳アレルギーは「クラス0」なのに飲むとおなかがゆるくなるので、乳糖不耐症なのかなぁと感じています。

似たような状況に心当たりのある方は、しばらく牛乳を飲まないようにして様子を見ると良いと思います。

牛乳が好きでどうしても飲みたい!という場合は、アトピーやリーキーガットの症状が良くなって、消化機能が回復してきたらまた再開すればいいと思いますよー。^^

 

おわりに

おわりにフォローしておきます(^^;

スムージーは面倒な調理法ですが、生の食材を使うので、ヘルシーなことには間違いありません。

なので時間に余裕がある日に活用してみるのは、全然アリ!^^

小松菜やケール、旬のリンゴをミックスして、できるだけ牛乳を使わないメニューにしましょうね♪

 

ちなみに、我が家で一番続いたプチ断食法は、ジュースを使った方法です。
>>簡単プチ断食!アトピーにいい食材を使ったデトックスジュース3選

ただ、ジュースだと冷え症の方は症状が悪化してしまう方もいらっしゃると思いますので、その場合は野菜を使ったスープや「温サラダ」がおすすめですよ♡
>>「温サラダ」オシャレレシピはコチラ♪

また、忙しくて自炊できないけど、手軽に酵素を摂りたい!という方には生酵素のサプリが手軽でおすすめです。

アトピーに嬉しい栄養成分がギュッと詰まって乳酸菌入り。私も続けていて快調です♪^^
>>ジュースより簡単!内側からアトピーケア「生酵素サプリ」

 

アトピーって、何ヶ月も何年も不摂生やストレスな日々が続いてしまって、ついに爆発して発症。っていうケースが多いんですって。

アトピママ

私も、慢性疲労がたたってアトピー大爆発したケースです…

ステロイドを塗っても悪化が続く場合は、底なし沼のようですよね。。そんなの1、2週間じゃ治せるワケがないですよ。

なので、焦らず少しずつ、気楽になってくださいね。

食事も無理にやっても続かないし、あなたの一番ラクで楽しい方法が良いと思います。

 

あなたにとって良い方法が見つかりますように・・・。

アトピー体質を改善するために気をつけたいこと

乾燥肌、じゅくじゅく体質…体質は人それぞれです。季節によって変わるし、花粉や空気の乾燥、ストレスも。

心も体も敏感、外から揺さぶられやすい。それがアトピーだから、私たち親子は、アトピー体質改善のためにトータルケアに取り組んでいます。

  1. スキンケアの徹底
    …低刺激の洗浄料は必須!! ボディーソープ
    …できれば保湿剤も見直す。
  2. 睡眠不足の改善
    …睡眠時間はゼッタイ確保!理想は7時間。痒みで眠れないのは不眠の始まり(;;) 安眠サプリで対処を(10歳以上)。
  3. 腸内環境の改善
    食生活サプリで効率よく栄養を補う。

「まんべんなく7〜8割満たせるようにする」のが長続きのコツ。

アトピーにストレスは禁物!なるべくストレスにならないように続けてくださいね♪

あなたのアトピー改善に少しでもお役に立てたら嬉しいです。^^

 

【おすすめ基礎知識】
自宅でアトピーをケアする上で大事な基本知識はここから学びました。
内容はちょっとシブいですが、正統派の内容です。^^
アトピーを90日で改善する方法~7つの秘訣~

-プチ断食&デトックス
-, , ,

Copyright© 3つの要素のアトピーケア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.