アレルナイトプラス(安眠サプリ)

【抗ヒスタミン vs アレルナイト】どっちがよく眠れた?安眠効果を比較します

更新日:

アトピーの痒みやムズムズが酷いと、下記のようなトラブル経験はありませんか?

  • ベッドに入るまではものすごく眠いのに、いざ横になると痒くなって全然眠れず目が冴えてしまう
  • 始めは眠れるのに、深夜に痒くなって起きてしまう
  • 明け方にふとかゆくなってポリポリしているうちに、どんどん痒くなってかきむしってしまい、そのまま朝を迎えてしまう
  • ちゃんと寝てるはずなのに、日中も眠気があり、ついボーっとしてしまう
  • せっかく「かさぶた」になった掻き壊し、寝てる間に掻きむしって、朝には「血だらけ」に・・

アトピーの痒みは24時間襲ってくるものなので眠っている間に痒くなるのは仕方ないですが、

寝ている間くらいは「アトピーの痒み」から解放されたいものですよね。

 

寝ている間のアトピーの痒みを抑えるには、大きく分けて3つの対処法がありますが、

  1. 抗ヒスタミン剤を使う
    効果:アレルギー症状を抑える
    …市販薬:クラリチン、アレグラなど

    …処方薬:ザイザル、ロラタジンなど
  2. 安眠ハーブ(サプリ)を使う
    効果:眠気を促す、脳のリラックス効果
    …通販:アレルナイトプラス、Dr'sラフマ葉ギャバ、グリシンなど
  3. 睡眠薬(睡眠導入剤)を使う
    効果:脳の機能を低下させたり、眠気を促す
    …市販薬:ドリエルなど

    …処方薬:ハルシオンなど

※睡眠導入剤も内科で勧められましたが、依存性が高いと言われているため、試していません。

 

私は、アトピーがとても酷かった時に①抗ヒスタミン剤②安眠ハーブサプリを半年ずつ試した経験があります。

結局はサプリの方がアトピー自体には効果を感じたので継続したので、その時の体験談も交えて振り返ってみたいと思います。

「夜中のアトピーの痒み対策をしたいけど、自分にベストな方法は何だろう?」

 

とお悩みの方は、ぜひご参考にしてみてください。(^^)

 

夜中のアトピーの痒み対処法①「抗ヒスタミン剤」

まだお薬を使った事のない方には「抗ヒスタミン薬」と言う言葉は初めてかと思いますので、まずはお薬について。

抗ヒスタミン薬とは・・・

アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。
抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなる傾向にあります。

アレロックは第2世代の中では効果がもっとも強いお薬ですが、やはり眠気も強いお薬となっています。しかしその副作用をきちんと理解して適切に使えば、効果は強いのでとても頼れるお薬です。
アレロックが最も活躍するのは花粉症などのアレルギー性鼻炎ですが、蕁麻疹・湿疹・皮膚炎などの皮膚疾患にも適応があります。

参考元:アレロック錠の効果と特徴 - 医者と学ぶ心と体のサプリ

抗ヒスタミン剤のアトピーへの効果

抗ヒスタミン薬を飲めば、アトピーの痒み・アレルギー症状を起こすヒスタミンを抑える事ができます。

ちなみに、上記では「アレロック」が例として紹介されていますが、「アレグラ」や「ザジテン」「ザイザル」「ロラタジン」「クラリチン」は、処方薬・医薬品に関わらず全て「抗ヒスタミン剤(抗アレルギー薬)」の種類です。
※薬の詳細ページにジャンプします。効果や副作用を確認したい人はどうぞ^^

市販で有名なのは「アレジオン」ですね。ドラッグストアや楽天・アマゾンなどネット通販でも手に入れる事ができます。

年明け〜初夏ごろまで、まるでパーティーのように、お薬の箱がドラッグストアで山積みにされていたりしますが、
大量に買うならネットの方が2割〜3割オフになり、たとえば、↓のアレジオン20のように強めのものでも1月3,000円くらいと、かなり安くなります。

 

花粉症の症状で夜に眠れない人は、スポット的に1〜2ヶ月だけ飲むケースが多いですよね。

アレルギーの原因は花粉なので、花粉の飛散がなくなれば自然とアレルギー症状もなくなっていきます。

でも、アトピーの症状で夜に眠れない人は・・・どうなるのでしょうか?

 

アトピーの原因はいつ無くなる?

アトピーの原因は複雑すぎて、「○○を変えたから治る」というような簡単な話ではないですよね。

だから、アトピーの原因が除去しきれない場合、ずーっと抗アレルギー薬を飲み続ける必要が出てきます。

これが、一時しのぎのステロイドや抗ヒスタミン薬ではアトピーの根本改善にならない理由です。

次は、私がアトピーが酷かった頃、実際に飲んでみて体験した「抗アレルギー薬」のメリット・デメリットをまとめてみます。

 

「抗アレルギー薬」のメリット・デメリット一覧比較

コストの差や、通院の手間の違いはあれど、「市販薬」と「処方薬」については薬効も使い方も同じです。

メリット デメリット
①「お薬の強さ=眠気」が比例する。
→強い薬を飲めばその分眠れる②お薬が合えば、飲んですぐ痒みが和らぐのを感じることができる③依存性は低いとされており、薬自体の危険性は低い(体に残りにくい)④授乳中でも飲める種類がある
→妊娠中は必ず医師に相談
①眠くなるので日中は飲めないため、
日中は痒みをガマン②花粉症の人と違い、アトピーは年単位で飲む必要がある③保険適用の為に2〜3ヶ月毎に通院が必要④飲み続けると効果を感じづらくなる。
→量が増えるためコストが増加⑤薬のタイプが合わないケースがある。自分に合うタイプに巡り会うまではコストがかかる場合や、自分に効かないと勿体ないというリスクがある
服用開始時は1週間に1度などの通院が必要な場合も 

 ※メリット①〜④は当時の内科医師談、⑤は2016〜2017年当時の個人的な体験によるものです。
 ※デメリット①〜③は当時の内科医師談、④は個人的な体験によるもの、⑤は一般的な情報です。

メリット・デメリットはこのようになります。

自分の体質に合うお薬が見つかれば、それを飲み続ける事も出来るし、特に症状が酷いときの頓服としても活用できます。

私も初めは眠れるようになって嬉しかったです。

でも・・・・アトピーが「抗アレルギー薬」を飲むには、覚悟しておかなければいけない点があります。

 

「抗アレルギー薬」はアトピーにとってベストな選択?

結論から言いますが、

アトピーにとっては「抗ヒスタミン剤を飲む事」は【ただの一時しのぎ対策】でしかありません。

毎月頑張って通院して、お金を払っても、根本解決にはならないんですよ!

 

「抗アレルギー薬」を飲むことは「ただの一時しのぎ」。
アトピーはアレルギーの原因が不明なため、
アレルギー症状自体を解決するまで飲み続ける必要があります。

 

アトピーのアレルゲンって何なの?

これは個人差が激しいので一概には言えませんが、アトピーだと反応しやすいアレルゲンの種類はありますよね。

例えば、口に入る物だと、食べ物、食品添加物、動物性脂肪、植物油脂。

生活環境で言えば、ダニ、ハウスダスト、ほこり、公害、洗剤、洋服の繊維、自分の汗。

何にだって、アレルギーを起こす可能性があります。

花粉症のような「来月には花粉が飛ばなくなるから、ガマン!」という簡単な問題ではないんですよね。

「抗ヒスタミン剤」には終わりがない

抗ヒスタミン剤の怖い所は何でしたか?

「この薬を○ヶ月飲めば治ります」という終わりが無いこと。ですよね。

アトピーの人は【アトピーがある限り、ずっと抗ヒスタミン剤を飲み続ける必要】があります。

そして長く飲んでいくと次第に効かなくなることがあり、薬が増えてしまう可能性があります。

依存していった私の体験談

私は、半年間、抗アレルギー薬を飲んでみたことがあります。

始めはよく眠れるようになり、アトピーの湿疹もそこそこ良くなってきて「やっぱり睡眠って大事なんだ!」と実感&納得。

ザイザルを毎晩寝る前に飲んでいました。

けれど、飲んでいくうちにザイザルは効かなくなっていき、ロラタジンを追加。その次はザイザルを2錠に・・とお薬は増えるばかりで、「これって無意味じゃ?」と疑問に思うようになりました。

そして「その場しのぎ」よりも、「きちんと根本治療がしたい!」と思うようになったんです。

だから他の方法を探して、根本的に体質を変えてくれそうな「安眠ハーブサプリ」を試してみようと思いました。



 

夜中のアトピーの痒み対処法②「安眠サプリ(アレルナイトプラス)」

■「アレルナイトプラス」とは・・

アトピーや主婦湿疹など、「つらい皮膚の痒み症状」と「痒みで夜眠れない状況」に悩んでいる人に、特におすすめの乳酸菌サプリです。

私もアレルナイトプラスによって、飲み始めてからアトピーの痒みが軽くなり、肌見せできるようになった一人です。

まずはご参考までに、私が体験した抗ヒスタミン薬の効果と、アレルナイトプラスでアトピーが良くなるまでの経緯をお話しします。

>アレルナイトプラスの詳細はコチラでまとめています

「ザイザル」→「アレルナイト」で改善した経緯を振り返ります

私も実際に、市販薬の「アレジオン」、処方薬では「アレグラ」「ザイザル」「ロラタジン(クラリチン)」を飲んだことがあります。

私が内科を受診した頃は夜は全く眠れず、昼も仕事と子育てで眠れず、いつも倦怠感。全身ボロボロ。

漢方内科に半年ほど通っていたのに全然良くならず、今度は「食物アレルギー」を疑うように。

そして内科でアレルギー検査を受けたら、

アレルギー検査の結果はIgE値(非特異的IgE)が2,570と異常に高く、体内でのアレルギー反応が認められました。

そこで、「せめて夜はきちんと眠りましょう。」との指示で「ロラタジン」を処方されました。

当時はまだ授乳中だったため、弱めのお薬が選ばれました。

 

①「ロラタジン」開始

ロラタジンは始めからあまり効いてくれませんでした。
夜の寝ている間の痒みは…普通に、痒くて起きてました(^^;

そこで、2週間後に少し強めの「ザイザル」に切り替えたら、3日目ぐらいからよく眠れるようになりました。

②「ザイザル」追加

ザイザルも1ヶ月後には効かなくなり、結果的に「ザイザルもロラタジンも両方飲まないと痒くて眠れない、飲んでも痒い」という事態に。

毎月の再診代と、ザイザルとロラタジンの併用により、眠れなくて痒かったにも関わらず医療費は毎月6,000円弱でした。

夜はそれなりに眠れても、肝心のアトピーは全く良くならなかったのも気になりました。
このままじゃ薬漬けになってしまう・・と危機感も感じていました。

③「乳酸菌サプリ」開始

実は私、ザイザルが効かなくなりはじめた頃から、すでに乳酸菌サプリを使い始めました。

3ヶ月位の間かな?ビオフェルミン、ミヤリサン、マルチドフィルス、カルピスアレルケア、乳酸菌革命を試しました。どれも、痒みは収まりませんでした。

強いて言うなら、マルチドフィルスではお通じが良くなりましたが、痒みには効果実感できず。
まだザイザルは手放せませんでした。結局どれもあんまり私のアトピーの痒みを緩和しませんでしたが「サプリは時間がかかるからなー」と諦めていました。
(でもやっぱり効果は欲しかったですけど。)

④「アレルナイトプラス」切替え

乳酸菌サプリに安眠効果がプラスされた「アレルナイトプラス」を見て、始めは驚きました。サプリにしては6,000円は高い!!
・・・けれど、これって医療費と一緒じゃない?と気付き、試しに飲んでみました。
そうしたらすぐにぐっすり眠れたのでとても嬉しくて、薬はすぐに止め、そのままサプリに完全に切り替えました。

アレルナイトプラスは安眠効果が薄れないので飲むといつも寝入りが良かったです。

⑤ぐっすり眠れるようになり、痒みも改善

始めの1ヶ月くらいは、さすがにアトピーはまだ酷かったので深夜に起きていましたが、
1箱を飲み終える頃には、日中のアトピーの痒みもかなり楽になりました。

特に、飲み続けても安眠効果は衰えなかったのが、とても有り難かった。依存性も感じませんでした。

飲用開始から5ヶ月して、私のアトピーはすっかりきれいになり、無事に服用を終えていますが、サプリなしでもぐっすり眠っています。

※「効果や実感には個人差がある」と言われていますので、私の体験談は、あなたのサプリ選びのご参考までにしてくださいね。(^^)

アレルナイトプラス 公式ページはコチラからどうぞ♪

 



「アレルナイトプラス」のメリット・デメリット

さて、そんなアレルナイトプラスとの付き合い方ですが、私は現在5ヶ月飲んだ所で定期購入を休止しています。
(今後のためにいつでもすぐ再開できるようにしています)

ただし、そんな頼りになるアレルナイトプラスには、

飲み始めた頃、そして飲んでみた後に振り返ると、いくつかメリット・デメリットがある事に気付きました。

ここでは、私が体験したアレルナイトプラスのメリット・デメリットをご紹介します。

モバイルで表が収まりきらない場合、表は→へスクロールできます。

メリット デメリット
①アレルナイトを飲んだ夜はぐっすり眠れる

②医薬品(毎月6,000円のコスト)をすぐに止めても眠れた。
→全く飲まなくて良くなった(移行期間も必要無し)

③安眠効果の他にも乳酸菌、美容成分機能もある
→アトピー体質を根本的な改善を目指せる

①ベッドに入る時間が遅いと、朝起きるのが辛い

②良くなるまでは毎日飲むのが必須。
毎月6,000円のコスト

→医療費がそっくりサプリ費に切り替わる計算

③成分が高濃度のため、10歳以上でないと飲めない

④授乳中だったので、医師に確認する必要があり面倒だった(医師からはOKを貰い服用しました)

※メリット①②は個人的な体験によるもの、③は販売会社での情報より
※デメリット①②は個人的な体験によるもの、③は販売会社での情報より

 

メリット②・デメリット②について補足ですが、

ひと月6,000円という同じ金額を払うのでも、

  • 抗ヒスタミン薬
    デメリット要素が強い:体の負担・コストが増えるのにアトピーのまま
  • サプリ
    メリット要素が強い:体質改善につれて頻度が減り、体も根本的に改善

この違いはかなり大きかったです。

私はこのようにアトピーに効果のあったグッズのレビュー記事を書いているので過去を振り返る事が多いせいか、たまに思うのですが、

あのとき、もしアレルナイトプラスを試さなかったら、今頃医療費は毎月一体いくらになっていて、

自分のアトピーはどうなっていたのかな・・?

 

今振り返ると結構怖いのですが、個人的には6箱飲んでみてやっぱり違いを感じているので、感謝しています。

あなたももし薬が増えていくことに不安を感じているなら、今からでも切り替えてみると良いと思いますよ。^^

 

おわりに:お医者さんに相談しつつ、あなたのペースでチャレンジしていこう!

今回は【抗ヒスタミン薬(市販薬・処方薬)】と【安眠サプリ】のメリット・デメリットの体験をまとめてみました。

最後にざっと振り返ると、

■抗ヒスタミン薬のメリット・デメリット

  • メリット:
    - コスパがよい、気軽に試せる
    - 薬自体の危険度は低い
    - 種類によっては授乳中でも飲める(主治医と要確認)
  • デメリット:
    - 強さ=眠気、日中は強い薬は飲めない
    - 効かなくなり薬が増える可能性→コスト増が心配
    - 自分に合う薬探しにコストがかかる事も

■アレルナイトプラスのメリット・デメリット

  • メリット:
    - くせにならず、ハーブの力で眠れる
    - 乳酸菌と美容成分で内側からアトピーケアができる
    - 授乳中でも飲める(主治医と要確認)
  • デメリット:
    - コスパが悪い(月6,000円)
    - 成分が高濃度のため、10歳以上の子供が対象

このようになります。これはあくまで私が体験したことなので、あなたは、ご自身の体の反応を確認しながら進めていってくださいね。

 

ちなみに、「安眠サプリ」だけなら最近話題のダイソーのものなど、お安いものもありますが、安眠成分のみを配合したサプリは「睡眠障害の方のためのもの」。

なので、アトピーの体質そのものをケアしてくれるものではありません。

寝ている間のアトピーの痒みをケアしたいなら、きちんとアトピー用に開発された成分を配合しているものが必要です。

 

私の体感では、乳酸菌サプリとは違い、安眠効果はかなり早く出てきました。

「アトピーや主婦湿疹の痒みがつらくて夜も眠れない!!」という方は、是非試してみて下さい。

あなたのアトピーがスッキリ良くなりますように(^^)

 


こんな記事も読まれています

アレルナイトプラス総まとめ
安眠ハーブ「ラフマ」と「GABA」
1ヶ月飲んだ結果
長期間飲んだ体験談
アトピーが治った!全記録
睡眠と免疫バランス
睡眠負債の危険性と解消法
アトピーに最適な睡眠時間
夜のリラックス法

アトピー改善・体質改善のために行っていること

私たち家族が体質改善のために実践しているのは、

  1. スキンケア
    …お風呂、保湿グッズを選んでお肌をいたわる♪
  2. 睡眠不足の改善
    …痒みで眠れないなら良質な睡眠をぜったい確保!
  3. 腸内環境の改善
    …腸にやさしい食生活、体質改善サプリを摂る!

 

この全てを絶対頑張るというよりかは、まんべんなく7〜8割満たせるようにしています。

イライラすると痒くなるので(笑)、なるべくストレスにならないように続けています。

 

no name

母親の私がイライラすると、娘も痒くなるみたいなので、なるべく笑顔でいたいな〜って思っています。^^

 

-アレルナイトプラス(安眠サプリ)
-, ,

Copyright© 自宅でできるアトピーケア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.