ヘルシーレシピ

【乳酸菌を含む食べ物】アトピーには何がオススメ?ランキングをご紹介!

更新日:

腸内環境を長期的に健康であり続けるために、一番大事なのは、毎日の食生活ですよね!

では毎日の食生活で「乳酸菌」を沢山摂るなら、どういう食材が良いのでしょうか?

私も沢山の「乳酸菌関連」の食材を調べたり、自分で食べたりしてきましたけど、手に入れやすいものや食べて嬉しいと感じるものだと、すごく続けやすかったです!

というわけで、【続けやすい&アトピーに届く乳酸菌を含む食物】、早速見てみましょう。

 

海外で人気のある乳酸菌食品はコレ!

乳酸菌を含む食品は、やはり発酵食品が多いです。

海外では、特に「野菜」に注目が集まっているようです。

■発酵食品の野菜で注目されているのは・・

  1. キムチ(白菜)
  2. ザワークラウト(キャベツ)
  3. ぬか漬け(胡瓜、人参、かぶ)

なのですが、

実際に月単位で実践したり色々なメーカーのものを食べていると、やっぱり続けにくいな〜って思うものもありました。

また、この中で、実はキムチはアトピーにはオススメできないんです。(理由は後述しますね^^)

 

というわけで、このランキングを「実際の食べやすさ&アトピーへのメリット順」にアレンジすると、こうなります!

 

アトピー向け・乳酸菌フードランキングはコレ!

  1. ぬか漬け
  2. 納豆
  3. ザワークラウト

やっぱりこうなりますよね〜!!(笑)

日本人の食卓には、ザワークラウトはそうそう毎日は並ばない感じでしょうからね。^^;

それでは、次に各項目のポイントを解説していきます。

 

1位)ぬか漬けのオススメポイント

ぬか漬けに含まれる乳酸菌の種類

野菜発酵の乳酸菌は「植物性乳酸菌=アトピーに良い方の乳酸菌!」。

ぬか漬けも意外とアメリカでコアなファンが居るらしいですよ。あの独特の臭いがクセになりますよね〜!!

ぬかは酵母菌から作られていて、酵母菌が腸に良い働きをしてくれますので、アトピーさんは是非積極的に摂りましょう。

 

スーパーで売られているぬか漬けには注意!

発酵食品について調べていた時に見つけた記事なのですが、↓これにはちょっと驚きましたが、

中には発酵調味液だけしか入っておらず、きちんと野菜が発酵しているわけではない「ぬか漬け風味の浅漬」もあるようです。

市販の漬物は、調味料で味を付けた“発酵した漬物風”のものが多い。
また、発酵させたものであっても、乳酸菌が生きたままだと味が変化してしまうため、乳酸菌を死滅させて発酵をとめてあるものも多い。
もちろん、これらには生きた植物性乳酸菌は含まれない。

︎引用元: 乳酸菌は生きて腸に届く?ビフィズス菌との違いは? - 日経スタイル

 

そんなわけで、買うときは原材料名をチェックしてくださいね!

ちなみに私の近所のスーパーは全滅で、添加物のオンパレード。唖然とした覚えがあります。

商品を手に取って・・・裏を見て・・・売り場に戻し・・・

暗〜〜い顔で、結局何もカゴに入れずに、売り場を立ち去る・・・

そんな悲しい経験を繰り返してました。(^^;

結局いいのがないから、自家製です。

結局、私は通販でお手軽インナービューティー天然酵母入りぬか床セットを買って自家製ぬか漬けを作ってますね。^^

このぬかは天然酵母が250種類も入っていて、翌朝には出来上がるぬか漬け界の革命。

本当に手軽にぬか漬けができます。オリジナルバリエーションがめちゃくちゃ豊富だし。

子供も大好きなアッサリ味で、素材の味も酵母の風味も楽しるところもポイント。

子供の野菜ギライが治ると言う一石二鳥なアイデアです♪

アトピママ
添加物は出来るだけ避けるのがキホン!うちの子供たちは胡瓜と人参のぬか漬けがお気に入りです♡お試しあれ〜(^^)



次は2位、納豆&味噌についてです。^^

 

2位)納豆。日本人の体に合うものを!

納豆に含まれる乳酸菌の種類

納豆・味噌にも植物性乳酸菌が含まれています。

※納豆に含まれる菌は、実は「納豆菌」といって厳密には乳酸菌ではないのですが、「腸内に生息する&悪玉菌を死滅させる微生物」という点で乳酸菌と似たような働きを持っているし、腸内環境を改善してくれる効果が高いためご紹介しますね。^^

納豆菌の特徴としては、100度で30分間加熱しても死滅せず、酸やアルカリにも強く、生きたまま腸に届きます。

超速力で増殖するため、悪玉菌や腐敗菌(食中毒になるような菌)が活動する居場所を失わせ、悪玉菌を増殖する働きがあると考えられています。

納豆菌は、乳酸菌と一緒に摂ると良い効果も

動物を使った実験の結果、納豆菌には乳酸菌(ビフィズス菌)を増やし、安定化させる効果もあることが明らかになっています。

実験では、乳酸菌を「単独」で培養したときには10倍程度の増加に留まりましたが、乳酸菌と納豆菌を「混合」で培養したところ、100倍程度にまで増殖したというデータが報告されています。

つまり、納豆と乳酸菌を共存させた結果、乳酸菌が約10倍に増えたということになります。

大豆発酵食品のさらなるメリット!

大豆製品は特に日本人に「遺伝学的にも医学的にも適している」と考えられています。

日本の食文化の中で長く食べられてきたものは、日本人の体が吸収しやすいようになっています。

これはNHKスペシャルでも紹介されていたのですが、

普段私たちがよく食べるものに含まれる乳酸菌が増えやすいということも解明されています。

 

アトピさん
たしかによく考えてみると、日常的に同じ種類の乳酸菌を摂っているのだから、増えやすい感じ!
そうなんです!納豆は日本食との相性が良いので続けやすいですよ♪子供達も大好きだから、ご飯も進みますね!
アトピママ

 

朝食を味噌粥にしたら、私と子供のアトピーが軽減しました

朝のパン食をごはん+味噌汁のお粥に変えたら、日中の痒みが減ったという経験があります。

ごはんは消化に時間がかかるので腸に負担がかかりやすいのですが、お粥にすることで消化がしやすくなるので、朝の胃腸の負担もぐっと減らすことができますよ♪

このサイトでは朝のジュース・プチ断食や野菜レシピなどもレポートしていますが、

  • ジュースだけだとお腹が空いてしまう
  • 冬にジュースは体が冷えてしまう
  • ジュースに含まれる糖分が気になる
  • アトピーなのが子供だからジュースは与えたくない

こんな方は、ごはん+お味噌汁のお粥レシピに変えてみてはいかがでしょうか。(^^)

日本人なら味噌!積極的に摂りましょう♪

 

大豆に食物アレルギーがある方へ

ちなみにですが、私も娘も、大豆に対して「クラス1」の食物アレルギーを持っていますが、問題なく食べています。

納豆・味噌は発酵・加熱により抗原が弱くなるため、アレルゲンとなりにくいとされていためです。

(その代わりに豆乳やお豆腐は抗原が強いです。私は喉が痒くなるため、避けています。)

大豆に対する食物アレルギー値が高い方は、納豆・味噌を食べても良いかを必ずお医者さんとご相談してくださいね。(^^)

 

3位)ザワークラウトがアトピーにオススメなポイント

 

ザワークラウトに含まれる乳酸菌

ザワークラウトとは、「酸っぱいキャベツ」という意味のドイツのお漬け物です。

名前の通り、ザワークワウトはとーっても酸っぱいのですが、これは「お酢」を使っているわけではありません。

なんと・・・この酸味はすべて「乳酸菌が出した成分!!」なんです〜^^;

 

ザワークラウトはキャベツを千切りにしたものをぎゅぎゅっとビンに詰めて、塩やローリエなどで風味付けして、発酵させて作ります。

「日本人には消化しにくいヨーグルトよりもはるかに生きた乳酸菌が沢山摂れる!」というので、ママ世代の間ではちょっとしたブームになりました。

■キャベツの乳酸菌のことをご存じない方のために・・

キャベツには植物性乳酸菌(ラクトバチルス系=アトピーに良い方の乳酸菌)が多く含まれています。(^^)♪
発酵したキャベツである「ザワークラウト」に含まれる植物性乳酸菌は、特に消化力・免疫力を高め、腸内環境を整え、近年では抗ガン作用もあることが分かってきています。
また抗酸化作用のあるクエン酸やビタミンCもたっぷり詰まっています。

そんな訳で、もともと乳酸菌が多く住み着いているキャベツですが、

「それを発酵させるともっと乳酸菌が多くなるんだよね!」

ってことで、ちょと前には発酵キャベツのレシピがブームになりましたね。

レシピにはことごとく「簡単!」と書いてあるのですが、やってみると大変…

ビンの滅菌とか、コツと工夫がかなり要りますが、雑誌ではけっこうサラっと紹介されていて、、

ワーキングマザーには辛いかな・・・どうでしょうか。(^^;

一応、私が実践してみた作り方を載せておきますね。^^

自家製ザワークラウトの作り方

  1. よく洗って拭いたキャベツ1玉分を丸ごと千切り。
  2. 熱湯煮沸した保存用のビン容器に詰める。
  3. 常温で1週間発酵させる。

手順にするとシンプルですね。^^

・・・なのですが、保存食の初心者がやると、簡単にカビが生えてしまうのが難点。

カビたら1玉まるまる即アウトなので、成功させるのはかなり難しいんですよ。
(↑経験者 (=▽= w

アトピさん
えーっ?!消毒が必要なうえに、1週間発酵?面倒すぎじゃないですか?!

というわけで、自宅で作るのは大変なので、私はビン詰めで、しかも美味しいものを買っています。

輸入品スーパーなどにありますが、私の個人的な味覚では、色々試した中で一番この「キューネ」のものがクセがなく日本人の私にも食べやすいです♪

「ザワークラウト 無添加」の検索結果をAmazonで見てみる!

さすがにお肉料理大国のドイツのお漬け物だけあって、ホットドック、ミートボール、ソーセージ、ハンバーグのサイドにも最高〜に合いますよ♪

ただこのままでは酸っぱすぎる!!!なのでこれに「マスタード」と「はちみつ」をかけるのがオススメの食べ方♡

あとは、野菜たっぷりのミネストローネに入れてもグッと風味が増して美味♡ですよ。(^^)

※缶入りのザワークラウトもありますが、酸による腐敗が懸念されるので絶対にビンで!

 

番外編)キムチがアトピーにNGなポイント

乳酸菌の数自体は豊富なのですが、調味料がダメポイント。

キムチの調味料は、メインが「唐辛子」や「ニンニク」などの香辛料。

これらを食べてしまうと一気に胃腸に刺激となってしまい、大きな負担がかかります。

また、生のネギなども薬味として刺身と一緒に食べるのは良い事ですが、食べ過ぎると胃腸には刺激になります。

健康体の方なら良いんでしょうけど、アトピーはリーキーガットという腸が弱く過敏な状態なので、

リーキーガット&アトピー治療中は、こうした香辛料を避けるのが賢明です。

 

アトピさん
がーん!「発酵食品」として雑誌やテレビでもよく取り上げてられたから、私も結構食べてました!
そうなんですよね〜!知らずに善かれと思って食べてたものって、まだまだありそうですよね!。
アトピママ

 

というわけで、キムチはアトピーにはあんまり良くないので、今日からはガマンしましょうね。^^

 

体が喜ぶ食べ物をきちんと選んで、どんどん食べよう!

サプリは便利です。非常に。狙った栄養素だけを摂れるからホントに合理的。

でも、乳酸菌サプリだけではやっぱり補いきれないんですよ。

栄養バランスが大事なように、乳酸菌にもバランスが大事。

ということをしっかり覚えておくと良いですね。^^

 

おわりに

今回は乳酸菌を含む食べ物についてご紹介しました!

最後にもう1度、アトピーにオススメな乳酸菌の食べ物をおさらいしておきましょう。

■アトピーにオススメな食べ物

  1. ぬか漬け
  2. 納豆
  3. ザワークラウト

■アトピーが避けるべき食べ物

  • キムチ

でしたね♪

これなら続けられそうかも!と思えるような食材はありましたでしょうか?

 

もし「毎日のように食べ物から取るのが大変!」だったり、「どの食べ物もあんまり食べないかも…」とか、

「食べ物はできそうだから、アトピーに良い種類だけサプリで摂りたい!」ということであれば、この記事も見てみてくださいね♪

【乳酸菌にもデメリットが?!】アトピーなら絶対避けたい種類とシンプル対処法2つ

【乳酸菌サプリ・ランキング】アトピーを克服した私が選ぶ、本当に良かったサプリ【BEST 3】

最後に追伸として、メッセージです。

 

「あなたの体は、食べる物から出来ています」

アトピーを改善したいと願うなら、この、ちょっとした「マインドセット」を持ち続けると良いと思います。

とは言っても、あんまりストイックにやりすぎるのは、私が改善したメソッドに反するのでオススメしません。

いきなり自分を変えることは、気付かないうちにどんどんストレスが溜まるからです。

 

アトピーにストレスは大敵です。

だから、今、ステロイドを使っているけれど減薬したい、薬はなるべく使いたくない、という方は、

基本として毎日の食事を少しずつ良い方へシフトしていけばいいと思います。

ストレスのないやり方で、ね。(^^)

 

基本は毎日の食生活に、気を配る。

ただし、頑張りすぎず、バランスよく。

その上で、アトピーに特に不足している栄養素や乳酸菌をサプリで補うようにすれば、

あなたの体は自ずと動いていくはずです。

 

こういう肩のチカラを抜いたスタンスなら、ちょっと「やってみようかな?」という気が出て来ませんか?

炎症は1日では解決できないからこそ、ストレスなく続けたいもの。

毎日ちょっとずつ「それは体が喜ぶ事かな?」をふと考えてみる癖をつけていくと良いかもしれません。

そうしているうちに、どんどん体の内側からキレイになって、体がもっともっと喜ぶことをしたい!って思えるようになってきますよ!

参考になりましたら幸いです♪ (^^*)

おすすめ記事

1

アトピーでお肌がガサガサに乾燥していると、ボディーソープを選ぶのもひと苦労ですよね。 市販のボディーソープで「敏感肌用」とか「保湿タイプ」と書かれていても、アトピー肌の乾燥を潤すまでの保湿力は無いのが ...

2

腸内環境を良くするために乳酸菌を飲んでいるけど、実感できない 便秘とアトピー、どちらも何とかしたい 他の栄養素のサプリも飲んでいるけど、効果があまりない サプリを飲むとお腹の調子は良くなるのに、肝心の ...

3

私は4年間、ボロボロアトピーと闘って、悪化〜改善を繰り返して、やっとアトピーがあまり出ないようになりました。 身体中にあった炎症は今はほとんどなく、無理したときに手が「ムズムズっ」とする程度で、保湿を ...

-ヘルシーレシピ
-, ,

Copyright© 3 Elements Atopy Care 〜3つの要素のアトピーケア〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.