リーキーガット(腸漏れ)症候群

【カンジダ対策】30代アレルギー夫婦の私たちが実践した方法【サプリ編】

更新日:

  • 「いきなりアトピーになってしまった…」
  • 「ケアの方法を変えても湿疹がよくならない…」

原因もわからないまま、何ヶ月も何年もアトピーがこじれているなら疑うべきなのが、腸内でカンジダ菌(=カビの一種)が増殖する「腸カンジダ症」によって、体内に炎症が起きてしまうという現象です。…ということを前回まとめました。

今回は、腸内で増殖してしまったカンジダを抑制できた方法(サプリを使った方法)について、私たち夫婦の体験談をご紹介したいと思います。

体の不調が続いている方や、前回まとめた「カンジダセルフチェック」のページで当てはまる項目があった方は、ぜひ実践してみてくださいね♪^^

 

【CHECKI!】この記事はこんな人向けです。

ここでは「サプリメント」を使ったカンジダ対策をまとめていきます。

ネットを調べる限り、カンジダ菌を抑制するためのサプリ療法は何通りかあるようですが、ここでは一般論ではなく

【実際に、私たち夫婦に効果のあった方法】をお伝えできればと思います。

やっぱり、こういう対策って「実践してナンボ」だし、どんなに良い方法でも続ける事が難しければダメだと思うので。

 

なお、私たち夫婦は医師ではないのですが、皮膚科、耳鼻科、内科へは適切に通院してきたのに西洋的な治療では全く治らなかったので、自分達で調べて実践しました。(医師監修の情報はある程度参考にしましたが。)

なので健康に不安のある方や持病のある方、セルフケアを行うのに不安な方は実践をご遠慮いただき、カンジダ(リーキーガット)治療に詳しい病院を受診してくださいね。>リーキーガット症候群は病院で検査できる?料金はどの位かかる?

 

アトピさん
セルフケアをしてみたいのですが、そもそもカンジダ症なのかが分からないのですが?

という方は↓コチラの記事をまずはご覧くださいね。

アトピーがこじれているなら『腸カンジダ症』が原因かも?すぐできるセルフチェック法!

それでは、カンジダセルフケア【サプリ編】行ってみましょう!

 

どのくらいの期間で、どんな変化が起こった?30代の私の場合

念のため添えておきますが、サプリを使ってのセルフケアでは、病院でもらうようなお薬のようには効果が出ない事がよくあります。

特に長い期間に腸内でカンジダが優位になっていると、善玉菌自体の働きがとても弱いのだそうで、その状態から立て直すには数ヶ月〜年単位のサプリ服用が必要になるケースもあるそうです。

ちなみに私たち夫婦は根っからのアレルギー体質なのですが、「自分たちがカンジダに感染しているのでは?!」ということに気づいたのはつい1年前でした。

そして、調べに調べて、サプリをあれこれと飲み始めてみて、合うものも合わないものもありましたが、結局、体調が安定するようになるまでに、半年くらいはかかったかな?と思います。

 

カンジダ対策後、私たちがどんな生活を手に入れたか?

私たちは半年間ほど色々試していきましたが、結果としては、こんな生活を手に入れることができました。^^

私の場合:全身のアトピーと花粉症の症状があった

  • アトピー
    実践前)ほぼ全身(顔から足まで)ガサガサの炎症だらけだった
    実践後)ほとんど気にならなくなった。炎症が出なくなった。
  • 花粉症
    実践前)毎年、春と秋には鼻水が出て、くしゃみを連発していた
    実践後)ほとんど出なくなった。

夫:ハウスダストアレルギーと花粉症、慢性的な「副鼻腔炎」

  • アレルギーと花粉症
    実践前)抗ヒスタミン薬を飲まないと生活できないレベル。
    実践後)たまに目薬が必要になる程度にまで軽減。
  • 副鼻腔炎
    実践前)あまりに酷く、手術を受けるも2年後に再発。抗生物質を2年間欠かさずに飲んでいた。
    実践後)大幅に改善。抗生物質をやめて半年以上が経過している。

 

カンジダを抑制するサプリは種類は多すぎる!

少し繰り返しになりますが、じつは、カンジダを抑制する効果があると考えられているサプリや栄養素はかなり多いです!

当たり前の事ですが、サイトごとに主張が違っており、オススメサプリもそれなりに違うためかなり迷いました。

たとえば、某サイトでは「乳酸菌、ケフィア、ビタミンC、 ココナッツオイル、オレガノオイル、クランベリーエキス、チアシード、ラベンダーオイル、リンゴ酢」などが紹介されています。

正直、私はサプリに関しては初心者レベルだったため、聞きなれないサプリもかなりあり、精油も飲用できる品質の精油はサプリのような形式じゃないと手に入らないし、、、飲みづらそうだな〜って思いました。

そこで、それなりに健康効果のありそうな(かつ オススメ意見の多い)ものを月単位で飲んでみたら、お腹の調子がよくなって、さらにアレルギー&アトピーが緩和された、という経緯です。^^

 

さらに私の場合は、どうせサプリを飲むなら「カンジダ対策目的だけ」ではなくて、「アトピーの炎症&ボロボロお肌」も一緒にケアしたいじゃないですか?なので両方一気に対策できる方がいいかなって思って。

 

なので、絶対コレがいいです!というわけではないのですが、

「初心者でも始めやすく、アトピー対策にもなって、なおかつ手に入りやすいサプリ」はこれになるんじゃないかなぁ〜と思んですよね。^^

なので、この種類になってます。

そのサプリが↓コレです。

 

飲んで良かった♪オススメサプリはコレ!

私たちが飲んでみて、おすすめなサプリはこちら。

サプリの種類 目的 1日量(目安)
①乳酸菌 善玉菌を優位にしてカンジダの増殖を抑える 1,000億個以上
②ビタミンC 免疫力向上、抗菌作用によりカンジダを殺菌 2,000〜3,000mg
③ビオチン(ビタミン H) 弱った粘膜(お肌の細胞など)を健康にする働き、乳酸菌のエサとなる 15,000mcg
④ L-グルタミン酸  弱った粘膜(腸の細胞や筋肉など)を健康にする働き  1〜2,000mcg

これはあまりどのサイトでも厳密には決められていないのですが、実際に飲む方は迷っちゃいますよね。^^;

たぶん、同時期に始める方もいらっしゃるのでしょうけど、サプリは医薬品よりは弱いのですが、種類や配合成分、添加物などによって体に合わないことがあるかと思います。

というわけで、体調に合うかどうかを判断するためにも、1つのサプリを飲み始めるときは2週間ずつお試し期間を設けた方が良いと言えます。

サプリを飲み始めて胃が荒れたり、下痢になりやすくなったりしても、同時期にいくつものサプリを始めていると何が原因かわからないですもんね。^^;

ですので、私のオススメとしては、【①→④を2週間〜1ヶ月くらいずつ増やしていく方法】が良いと思います。^^

「なぜこの順番が良いのか?」の理由をこれからご説明しますね。

 

サプリを飲み始める順番と、その理由とは?

①乳酸菌から飲み始める理由は?

乳酸菌サプリから飲み始める理由は、まずは腸内のカンジダの数を減らさないといけないからです。

「カンジダが多い状態=善玉菌が少ない」という事の証でもあるため、まずは善玉菌を増やすという意味でもこれは重要。

諸説ありますが、カンジダ菌が多い状態なのにも関わらず先にビタミンCなどを摂ってしまうと、「カンジダ菌のダイオフ(Die-Off)」という現象が起きて、一時的にアレルギー反応が酷くなることがあるからと言われています。

MEMO●カンジダ菌のダイオフ(Die-Off)とは?

カンジダが「ビタミンC」などの抗酸化物質によって殺菌されることにより、カンジダ菌細胞内に閉じ込められていた毒素が溢れ出てしまうこと。

…「イタチの最後っ屁」って言うとわかる方いますか?(ちょっと古いでしょうか?笑)そんな感じの副産物で、サプリの副作用みたいなものと考えておけばOKです。^^;

つまり、体内にカンジダが多ければ多いだけ、殺菌される数もそれなりに増えるため、それだけ放出される毒素も多くなると考えられています。

 

また、ビオチンやL-グルタミンなどのサプリを悪玉菌が多い状態で摂取しても、弱った腸の機能ではせっかくの栄養が吸収されにくいため無意味になることも・・・。

なので、まずは腸の機能を回復できる「乳酸菌サプリ」で、健康な腸内に向けて土台を整える事が先決。

②ビタミンCを次に飲む理由は?

乳酸菌サプリを飲んで、2週間もすれば何かしら変化が現れてくるかと思います。

現在便秘の方なら、例えばガスっぽくなるとか、お腹が張ってくるとか。そしたらビタミンCを追加します。

ビタミンCは成分の性質上、胃が荒れやすいので、必ず食後すぐに飲んでください。乳酸菌も食後がベストなので、どちらも食後です!

それでもダメな場合は、1粒のカプセルを半分にして朝・昼・晩に分けるとか工夫が必要かも。(荒れにくい種類は別の記事でご紹介しますね。^^)

ビタミンCサプリが大丈夫そうなら、ビオチンを追加します。

③ビオチン併用で吸収率UP!

ビオチンはビタミンCと併用すると、お互いの吸収率を向上させるという嬉しい効果があります。

なので、ビオチンとビタミンCは一緒のタイミングで飲むことが理想的だと思います。あくまで理想ですけど^^

ちなみに、私はビオチン以外のサプリを朝・晩の1日2回に分けて飲んでいました。(アトピーで肌がボロボロだったので、ビオチンはさらに夜寝る前にも追加していました。)

ビタミンCもビオチンも水溶性のビタミンなので、体内濃度が低くなりすぎないように、12時間置き(朝7時、夜7時)を目安に飲んでいました。

④L-グルタミン酸を追加投入で治癒力&倦怠感改善

別の記事でも「L-グルタミン酸」に関する情報をまとめていますが、カンジダ菌をある程度抑制できるようになってから、L-グルタミン酸を追加すると良いです。

これは完全に私の体感なのですが、カンジダが多い時って多分吸収率が良くないです。腸内が荒れていて、それどころじゃないって感じでした。正直、タイミングが早すぎると効果を感じにくかったです。

ちなみに、カンジダ関連ではないのですが、血液サラサラにしてくれるDHA&EPAなども、このタイミングじゃないと結構効きにくいかと思います。

L-グルタミン酸は「朝、疲れが取れているか?」で効果を判定しやすいので、あまり効いてないようなら時期尚早だったということで、いったん中断して、あとでまた再開すればいいのかな?と思います。^^;

 

ただ、これもサプリを処方できる内科医院などでは人によって様々のようですけどね。^^

 

カンジダ対策サプリのまとめ

サプリの説明は以上になります♪

軽くおさらいしておくと、カンジダ対策としてオススメなサプリは・・・

  1. 乳酸菌:1,000億個以上
  2. ビタミンC:2,000〜3,000mg
  3. ビオチン:1,5000mcg
  4. L-グルタミン酸:2,000mg

(1日あたりの目安量)

こんな感じになります♪^^

別の記事の方では、私が飲んでいた(or 飲んでいる)サプリの具体的なメーカーをご紹介していますので、どんな種類があるのか興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね♪

サプリ一覧はコチラです。

おすすめ記事

1

アトピーでお肌がガサガサに乾燥していると、ボディーソープを選ぶのもひと苦労ですよね。 市販のボディーソープで「敏感肌用」とか「保湿タイプ」と書かれていても、アトピー肌の乾燥を潤すまでの保湿力は無いのが ...

2

腸内環境を良くするために乳酸菌を飲んでいるけど、実感できない 便秘とアトピー、どちらも何とかしたい 他の栄養素のサプリも飲んでいるけど、効果があまりない サプリを飲むとお腹の調子は良くなるのに、肝心の ...

3

私は4年間、ボロボロアトピーと闘って、悪化〜改善を繰り返して、やっとアトピーがあまり出ないようになりました。 身体中にあった炎症は今はほとんどなく、無理したときに手が「ムズムズっ」とする程度で、保湿を ...

-リーキーガット(腸漏れ)症候群
-,

Copyright© 3 Elements Atopy Care 〜3つの要素のアトピーケア〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.