リーキーガット症候群とは

リーキーガット症候群は病院で検査できる?料金はどの位かかる?

更新日:

こんにちは。
♡3エレメンツ・アトピーケア♡管理人のマミーノです。

このサイトではいくつか【リーキーガット症候群】の気になる症状や、対処方法、改善できるサプリについてご紹介していますが、

アトピさん
アトピーがずっと酷いから、私もリーキーガットなのかも・・・
でも、どこかの病院でちゃんと検査はできないのかな?

とギモンに持った方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は、病院でリーキーガット検査を受けてみたい人に向けて、以下の【3つのポイント】をメインにまとめてみたいと思います。

  • リーキーガットを検査できる病院
  • 病院で行われている検査内容
  • リーキーガットの検査に必要な費用

まずは、情報を整理するために、そもそも【リーキーガット症候群】とは何か?のご説明から始めます。
不要な方は、目次から知りたい項目へ進んでくださいね。(^^)

30秒で分かる!リーキーガット症候群(LGS)とは?

リーキーガット症候群(LGS)とは、

  • Leaky=漏れている
  • Gut=腸の
  • Syndrome=症候群

という意味で、体の不調につながるメカニズムは、下記の通り。

  1. 抗生物質やホルモン剤の服用、生活習慣の悪化、ストレスによって悪玉菌が増え、腸壁を攻撃。
  2. 腸壁に穴が空き、悪玉菌や異物(アレルゲン物質や未消化のタンパク質)が血中に誤って取り込まれてしまう。
  3. 血中に取り込まれたアレルゲン物質や悪玉菌が体内で炎症を起こす。

リーキーガット症候群とはこういうことを指します。

参考までにリーキーガット症候群の代表的な症状と原因は各ボックスをご覧くださいね。
→の所をクリックして頂くと、詳細を見る事ができます。(^^)

[su_buttonspoiler title="リーキーガット症候群の代表的な症状7つ" icon="arrow-circle-1"]
  1. 食物過敏症
  2. 腸過敏性症候群(IBS)
  3. 自己免疫疾患(アレルギー症状)
  4. 皮膚の湿疹
  5. うつ病
  6. 気分の落ち込み
  7. 栄養失調
[/su_buttonspoiler] [su_buttonspoiler title="リーキーガット症候群の主な原因" icon="arrow-circle-1"]
  1. ストレス
    …内蔵機能が弱くなる
  2. 現代の偏った食生活
    …小麦・糖質の摂り過ぎ、ビタミンミネラルの不足
  3. 抗生物質や抗菌剤
    …善玉菌が死滅し、カンジダなどの悪玉菌が増殖
  4. ピル、ステロイドなどのホルモン剤の使用
    …腸とタッグを組んで解毒してくれる肝臓がオーバーロードし、無毒化しきれない毒素がどんどん増える
[/su_buttonspoiler]

▶もっときちんと「リーキーガット症候群(LGS)」のことを知りたい!というアナタはコチラからどうぞ。
慢性化したアトピーは「リーキーガット症候群」のサイン?7つの症状と原因は?

リーキーガット症候群のキホンをご理解いただいたところで、早速リーキーガット検査の【3つのポイント】を順番にご紹介します。

  • リーキーガットを検査できる病院
  • 病院で行われている検査内容
  • リーキーガットの検査に必要な費用

リーキーガットを検査できる病院

Google検索で出てくる病院をリサーチしてみたところ、特に「リーキーガット症候群」について治療実績のある病院をピックアップします。
検索してすぐに出てくるのは、やはり東京にある病院がほとんどで、関東圏の方なら通いやすいのではないかということで、東京都内に絞りました。
コチラで全国のリーキーガット検査ができる病院のリストが載っています。
▶参考:分子栄養学の検査、治療を受けられるクリニック 臨床分子栄養医学研究会

公式サイトをじっくり見て、以下の観点から判断し、順にご紹介していきます。

  • 「アトピー性皮膚炎」として症状が出ているリーキーガットを治すプランがあるか?
  • 患者の気持ちや悩みに則した情報開示をしているか?

※ 私は、個人的に一通りの内科やアレルギー科、皮膚科、漢方内科に3年間通院した経験があります。
そのため病院選びにはそこそこ慣れているので、今回は私の主観で選んでいます。

宮澤医院

【病院の情報】
公式ホームページこちら
葛飾院:東京都葛飾区堀切2-13-9
表参道院:東京都渋谷区神宮前4-11-6 表参道千代田ビルB2
原宿院:東京都渋谷区神宮前6-29-3 原宿KYビル10階

【Good ポイント】
検索では上に出て来ないのですが、この病院は情報開示をきちんと行っています。
また、「アトピー性皮膚炎」の治療実績が数件あり、実際に行った治療のモデルケースとして公開されています。

他にも、リーキーガットについて詳しい情報が公開されており、とても参考になります。
実際に、私もこのサイトで参照させていただくことも多いです。

【NG ポイント】
病院があるのが葛飾、表参道、原宿の都内3箇所で、医師が5名いるというちょっと特殊な病院です。
そして医師5人のうち、アトピーに詳しい医師は2名。
他の3名が詳しくないと言う訳ではなさそうですが、うつやADHD、自閉症の方に精通されています。

アトピーに詳しい2名の医師は「表参道院のみ」で診療されており、
1名は火曜日、もう1名は水曜日しか診療していないため、通院スケジュールに制限が出て来そうです。

【総合点】
スケジュールが限られますが、アトピー治療の経験も他院より多そうに見えます。
やはりアトピーに詳しい医師がいるのは高ポイントです。

新宿・溝口クリニック

【病院の情報】
東京都新宿区新宿2-3-11 御苑前311ビル5F
公式ページはこちら

【Good ポイント】
検索で1番上に出て来ます。
立地も新宿と良いです。

【NG ポイント】
診療内容が「精神疾患」寄りです。
「アトピー性皮膚炎」については軽く触れられているだけです。
そのため、検査データは出せても、検査結果をどう捉え、治療していくのか?というプランや、治療の経験が不十分の可能性があります。

【総合点】
治療プランには疑問が残りますが、診察費用や料金について具体的な情報がサイトに公開されているため、
他院と比較しやすく、納得の上で治療に臨めるでしょう。

一部内科は保険診療も行なっているようですので、費用が気になる方はコチラを検討されても良いかもしれません。

ナチュラルアートクリニック

【病院の情報】
東京都千代田区六番町6-5 アンドロイドビル2F
公式ページはこちら

【Good ポイント】
補完代替医療と呼ばれるものを複数駆使して、患者に合った治療法を提案します。
採用している補完代替医療には栄養療法(オーソモレキュラー、サプリメント療法)、機能性医学、点滴療法、食事指導、天然ホルモン治療、水素療法、天然ハーブ治療、キレーション療法(デトックス)、アーユルヴェーダなど。
院長ご自身が軽いアトピーで悩まれたことがある、という点も、ご経験からの判断ができる良い点だといえます。

【NG ポイント】
ここも「精神疾患」寄りです。
また、セミナーの開催などもありますが、登録した人のみの「ちょっと閉ざされた世界」。
デトックス療法やアーユルヴェーダなど、ちょっとマニアックな療法を取り扱っています。
ちょっと民間療法のような印象を受けます。

【総合点】
治療プランにはこちらも疑問が残ります。
また、ナチュラル療法に傾倒しているのと、料金表が少し分かり辛いです。
また「診察料が分単位でチャージ」されており、これは精神疾患を扱う心療内科で行われているチャージ方法。
なので、明らかに「アトピー向けではない」感じ。
ただ、ナチュラルな療法にどうしてもこだわりたい方、自分のアトピーはストレスによるものが大きいと感じているような方、スピリチュアルな治療方法を探している方、または資金が豊富にある方は詳細を見てみてもよいかもしれません。

さて。

ここでは上位に入っている病院をリストアップしましたが、
現段階で「アトピーの人に一番良さそうなプランを提案してくれそう」なのは、宮澤医院一択のように印象を受けました。

こうして各病院の詳細を見てみると、検査内容はほとんど似たようなものですが・・・

もっと重要なことが見えて来ました。

病院選びのカギは、

  • 検査結果のデータを正しく読み解けるか?
  • そして、それを治療プランにどう活かしていくか?

になってくるかと思います。

データは素晴らしくても、使う側によって良くも悪くもなるものなので、やはり医師選びは重要でしょうね。

 

その他の病院

この他にも「リーキーガット症候群の検査」が行える病院は数多くあります。

コチラに全国のリーキーガット検査ができる病院のリストが載っていますので、興味のある方は見てみて下さいね。
▶参考:分子栄養学の検査、治療を受けられるクリニック 臨床分子栄養医学研究会

ただし、病院で行われる検査内容や治療プランは、病院によりけり。

というわけで、次は、検査内容と費用についてご紹介していきます。

 

病院で行われているリーキーガット検査の内容と費用の例

リーキーガット検査の費用は自費診療となるため、調べてみると病院により様々ですが、

ここでは一番アトピーに対応していて、情報開示もきちんとされている
「宮澤医院」の公式ページに掲載されている内容を元に、

  • 実際にはどんな問診・検査があって、
  • 結果的にどのくらいの費用がかかるのか?

をざっくりと計算してみます。

 

■問診と診察内容:

食事内容、便の性状、既往歴、胃腸の運動状態を診察。

■検査内容:

食物アレルギーIgG検査、総合便検査、ゾヌリン検査

▶参考:http://rootcause.jp/category/immune/atopicdermatitis

■費用:

初診にかかる費用
・初診代:32,400円(通院する医院を変える場合は都度かかる)
・検査代:17,000円〜(血液、尿検査、毛髪検査等)
その他検査内容により2〜3万円ずつ追加
・検査データ解析:21,600円
初診合計:71,000円〜

4週間後の再診ごとにかかる費用
・再診代:5,400円
・サプリ治療費:1ヶ月あたり 20,000円〜50,000円
再診1回ごとに:25,400円〜55,400円
※効果が十分に出るまで1〜3ヶ月ごとに通院

▶参考:http://rootcause.jp/naiyou/flow

さすが自由診療。
高いですね・・(;;)

初診では71,000円、その他必要な検査があると1万円単位で高くなります。
そして、サプリ代は1ヶ月あたり2万〜5万円なので、相当な覚悟が必要です。

また、リーキーガット検査は、検査するだけで終わりではなく、それを専門医が分析し、その結果に即したサプリ治療を行うのがメインですので、

【検査してみて分かったから、ハイ終わり!】とはいかないという事が分かりますね。

本当に治るまで通うとすると、一体総額はどれくらいになるのでしょうか?

人により経過が異なるので結果的にどのくらい通院すればよいかは未知数ですが、
ご参考までに抜粋させていただきますね。

 

リーキーガットの検査と治療に必要な費用の例

■治療モデルケース:
36歳女性、独学でサプリを利用したリーキーガット治療から受診、検査、治療した場合

・幼少期からアトピーで、ステロイド内服のためカンジダ症発症
・乳酸菌サプリで大分よくなってからの受診

■治療経過

治療内容
・血液検査、便検査、コルチゾール検査を実施
・歯に金属の詰め物が沢山あり、歯科にて除去
・皮膚科にて脱ステロイド、抗真菌薬を処方

治療経過
・1年6ヶ月で軽快し、復職した。

▶参考:症例41 36才女性 低血糖、アトピー性皮膚炎 - 宮澤医院

この36歳女性の方のケースは「1年6ヶ月で軽快」とあります。

初診から6ヶ月の間に7回通院されているようですので、サプリが最低限だったと仮定して概算してみると、少なくとも

初診71,000+再診5,400*6+サプリ20,000*6=223,400円

という費用がかかったと言えます。

最初の半年で22万円です。た、高い・・!

さらに1年間通院しているので、この間もサプリ治療は行われたと思われます。

実際にかかった費用は倍以上になる可能性がありますね。

また、症状も「軽快して復職」とだけあるので、軽快した後も何度か通院する事があるかもしれません。

この1年にかかるのは、

最低額でもサプリは1ヶ月20,000*12+3ヶ月毎に再診5,400*4+=261,600円。

このように総額となると50万となり、かなり高額!!

もしサプリ代が毎月5万だったなら、差額は30,000*18=540,000となり、

リーキーガット治療の総額は100万円オーバーに!!

まだまだ自由診療の分野なので、この位するのが当たり前なのでしょうか?

うーん。久しぶりに、シビレました。

 

リーキーガットの検査・まとめ

いかがでしたでしょうか?高額すぎてびっくりしてしまいましたでしょうか。

記事内でも度々触れましたが、現在の日本ではまだリーキーガット症候群は「あくまで症候群」。

なので、病気として認定されていない、という背景がありますので、まだ日本では保険診療が適用されないものが多いですね。
これらの病院は医療機関ではありますが、どちらかというと民間療法に近いような・・・
(保険適用がない時点で民間療法色は強いですが^^)

というわけで、ご参考までに今回リサーチした内容をざっと振り返ると、

  • まだまだ「リーキーガット」を検査できる病院は少ない
  • その中でも更に、アトピーに詳しい医師を探す必要がある(普通は心療内科としての色が強い)
  • 自由診療のため、治療代が高額になる(50万、100万)
  • とにかくすべての検査費用が2万、3万といちいち高額
  • 実際に検査をしたとしても、それを正しく読み解くためには医師による分析が必要

こんなところでしょうか。

ちなみに、さらっと書いていますが、歯の金属の詰め物を直すのも自費診療で、1本あたり数万円することがザラです。

ただこれは、病院でリーキーガット検査をしなくても、そもそも必要な事だと言われていますけれどね。

私の場合は独学でなるべくお金をかけない方法でリーキーガットを治しましたが、もっと広い視野で見つめてみると、

すごい世界もあるものだ、と感じました。

ブロガーさんの記事を見て、歯の詰め物を取る工程に100万円かかった。と知り、、

何もここまでやらなくても・・・と思ったのは私だけなのでしょうか?(^^;

でも、宮澤医院の治療記事に掲載された方については幼少期からの難治化したアトピーが軽快されて復職まで果たしているので、結果的には彼女にとっては最短・最良の投資だったと言えますよね。

30年以上悩んだアトピーをたった1年半で軽快させて、さらに復職できたなら、50万円なんて正直言ってかなり安いと思います。100万だって安いです。

だって、復職して数ヶ月働けたら、100万円なんて簡単に取り戻せますよね?

逆にこの50万の治療を行わずにずっと休職したら・・・
そのうち会社を辞めるしかなくなり、50万の損失なんて騒ぎではないはずです。

私、本当にそう思います。

そう思いますが・・・

結論。リーキーガット症候群の治療を目的に病院に頼るのは、まだ早いかもしれません。

リーキーガットの検査や治療は、病院に頼るのはまだ早いかもしれません。

というのも、自費診療なのと最新の治療方法なので、まだ病院でも症例が少ないからです。

実際、これから検査や治療のできる病院がもっと増えてくると、治る人、治らない人、病院側が提示する治療プランの良し悪しも、色々出てきそうです。

今回、リーキーガット検査を扱っている病院のリストも、パっと見は良さそうですが…

料金表や治療経過を見てみると、若干、カオスですよね。(´-`)

ま、宮澤医院での治療を1年半も信じて続ける事が出来て凄いですが、この方の他には、効果の出ないサプリを飲んで途中でくじけたり、資金が尽きて治療を中断された患者さんもいたかもしれません。
病院はわざわざ「治せなかったケースは発表してくれない」ですからね。

 

病院に頼る前に、あなたに出来る事は山ほどあります。

どうしてこんな事を私が言うのかというと・・

私は、私なりの方法でアトピーを治したことがあるからです。

「病院ではなく、自力でリーキーガットをコントロール」するための生活改善方法についての情報開示も、アメリカではもっと進んでいます。
実際に日本の病院が実施するリーキーガット検査キットは、ほとんどアメリカのものですしね(^^;

日本においても、宮澤医院のホームページだけでなく、ネットには色々な情報が公開されています。
私はそんなサイトを参考に、自分自身と子供のアトピーを治しました。

私のアトピーは4年、子供は1年半の間続きましたが、試行錯誤の末に治しました。

そして、この体験をアトピーで悩んでいる人に役立てて頂きたいという思いで
「アトピーを良くするためのヒント」をこのサイトで更新しています。

あなたがやるべき事は、病院に高額なお金を払うリスクを取るよりも、意外と身近なところにありますよ。(^^)

このサイトでご紹介しているサプリも、1つずつでもいいので是非試してみてください。

アトピーに効くかどうか?を根掘り葉掘り考えて動けなくなる前に、
【まずは体に良いことをとにかく続けてみる】ことがポイント。

このシンプルで最高な方法は、あなたのすぐ手の届くところにあることに、早く気付いてください。

そうして【体に良いこと】であなたの毎日を埋め尽くしてください。結果は自ずと後から付いてきますよ☆

あなたの細胞は、こうしている間も常に、あなたの体が良くなるように働いてくれています。

【体に良いこと】は、このサイトで更新しています。

参考になりましたら幸いです。

今日はこんなところで。

- PR -

* [アトピー相談室] OPEN ! *


Twitterにて、
プライベート相談を
受付中です。

素朴なギモン、オタクなギモン、何でもOK。
本気でお答えしてます。

詳しい情報は↓をクリック。



-リーキーガット症候群とは
-, , , ,

Copyright© 3 Elements Atopy Care , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.